星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2018.02.18 Sunday

星野写真(60Da、100mm) オリオン座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「オリオン座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・IC2118 : 反射星雲(魔女の横顔星雲、NGC1909) 星座はエリダヌス座

      ・NGC1788 : 反射星雲

      以下はオリオン座領域(1)
        ・M42 : 散光星雲(オリオン大星雲、NGC1976)
        ・M43 : 散光星雲(NGC1982)
        ・NGC1973 : 散光星雲 (Running Man Nebula) 星雲の中にある散開星団はNGC1977
        ・NGC1999 : 反射星雲
        ・NGC2024 : 散光星雲 (燃える木星雲)
        ・NGC2023 : 反射星雲
        ・IC434 : 散光星雲
        ・B33 : 暗黒星雲 (馬頭星雲)






      撮影日時 : 2014/10/25 01:13〜 480sec×11枚
      撮影場所 : 長野県・蓼科にて 気温は約-2℃

      撮影日時 : 2017/12/20 21:54〜 300sec×24枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-4℃

      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw9.12 : Raw現像
        ・DSS : コンポジット
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・Nik Collection (Silver Efex Pro2、Dfine 2)

      空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(B) 5段階評価 2014/10/25
      空の暗さ(C)、透明度(B)、フォーカス(B) 5段階評価 2017/12/20



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    オリオン座領域1でM42や燃える木星雲,馬頭星雲などを撮っているので、この領域での主役は「魔女の横顔星雲」です。
    でも欲張って両方を入れた構図にしてみました。
    写野がもう少し広いと良かったですね。

    撮影が夜半前だったこともあって、空が少し明かるくて1枚当たりの露光時間はあまり伸ばせませんでした。
    そのためか、仕上がりは前回とあまり変わり映えがしません。
    そこで方針を変更して、前回(2014年)の撮影のものを含めて仕上げることにしました。
      → 前回はこちら
    明るい星雲などはあまり変わりませんが、淡い部分はだいぶ滑らかになったように思えます。
    そして前回の処理はやり過ぎたように思えるので、今回は少しだけ控え目にしたつもりです。

    この領域は人工衛星と思われる航跡がたくさん写り込むのですが、DSSでコンポジットしたので消すことができました。
    なお構図が少しずれていたために、横方向を2%ほど、縦方向を5%ほど、トリミングしています。



    IC2118 (ピクセル33%表示で切り抜き) ※ 上下を反転させています。

        リゲルの西側にある大きな反射星雲です。
        星座としてははエリダヌス座に位置します。
        その形が魔女の顔に似ていることから「魔女の横顔星雲」という愛称 が付けられています。
        分かりやすいように、切り出し画像は上下を反転させました。

        もう少ししっかり写したいのですが、どうもうまくいきません。
        色合いはもっと青白いイメージなのですが、、、。
     



    NGC1788 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        淡い分子雲?がもくもくしているなかで、比較的明るい部分がNGC1788です。
        この切り出し画像では左上に位置しています。
        反射星雲とは、近くにある星の光を反射して分子雲が輝いて見える星雲です。
        この反射星雲には暗黒帯も見られ、結構複雑な様子のようです。
     



    オリオン座のハイライト領域 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        オリオン座のハイライト領域を切り出してみました。
        淡い分子雲を介して全てが繋がっているように見えます。
        ついついカラフルで派手に仕上げてしまいますね。
     


     








    2018.01.21 Sunday

    子猫がやってきて4週間が経ちました

    0

      預かりの子猫がやってきて4週間ほどが経ちました。
      最初は環境やフードが変わったためかウンチが少し緩かったですが、1週間ほど薬を飲ませてよくなりました。
      よく食べて、よく遊んで、体重は2倍以上になりました。

      先住猫の空(くう)は環境の変化を受け入れてくれたのか、だいぶ落ち着いてきました。
      私たちも生活のペースに慣れてきましたが、ちょっと疲れが溜まってきました。


      子猫たちは日に数回ケージから出して自由に遊ばせていますが、その様子を初めて写真に撮りました。
      空(くう)は隣りの部屋にいるのですが、一緒に遊びたいのかいつも大声で騒ぐのです。
      だから子猫は奥さんが見ていて、私はいつも空(くう)をかまってやっていたのです。

      子猫の活動量は本当に凄いですね。
      飛んだり跳ねたり取っ組み合ったりをずっとしています。
      とても捕まえられないので、電池が切れるのを待ちます。
      海(かい)や空(くう)も同じだったのですが、もう8年も前なので、私たちの動きが鈍くなったのを痛感しています(苦笑)。

       
       
       
       
       


      この子は子猫ではなくて子猿のようです。
      内側のレースのカーテンはもうぼろぼろにされました。


      子猫たちと空(くう)との接触は、獣医さんからまだOKが出ていません。
      あと2〜3週間はかかりそうです。

      今月は夜遊びができませんでした。
      子猫たちの感染症のウィルス検査の結果によっては、来月もどうなることやら、、、。


       








      2018.01.04 Thursday

      星野写真(60Da、100mm) ぎょしゃ座領域3

      0

        60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
        メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


        この「ぎょしゃ座領域3」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
          ・Sh2-216 : 惑星状星雲?  ※ 星座としてはぎょしゃ座とペルセウス座にまたがっています
          ・Sh2-221 : 超新星残骸  ※ 星座としてはペルセウス座

          ・Sh2-217 : 散光星雲






          撮影日時 : 2017/12/21 00:35〜  300sec×22枚
          撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-6℃
          カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
          フィルター : 無し
          レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
          追尾 : EM11(ノータッチ)
          処理
            ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
            ・CameraRaw9.12 : Raw現像
            ・StellaImage6.5 : デジタル現像
            ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
            ・FlatAidePro
            ・Nik Collection (Dfine 2)

          空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(B)  5段階評価



        StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




        この領域はぎょしゃ座とペルセウス座の境界付近です。
        明るい星はぎょしゃ座の「カペラ」なので、場所は分かり易いと思います。

        この領域を追加したのは少し前のことなのですが、撮影時には主役が何なのかすっかり忘れていました。
        試写画像を見ても特に面白そうな天体は見られず、暗黒帯かなあと思っていました。

        実は主役にしようと思っていたのは2つの大きな星雲です。
        でも撮影してみたら、驚くほど淡くて、私の機材と腕では無謀以外の何ものでもありませんでした。
        この領域は無かったことにしようとも思ったのですが、ファインディングチャートとして残すことにします。


        「Sh2-216」は視直径が3度ほどもある古い惑星状星雲のようです。
        ほぼ円形をしているそうですが、私の写真では東側のリム部分が微かに写っているだけです。

        「Sh2-221」は超新星残骸のようで、約4度ほどの大きさがあるようです。
        しかし同じぎょしゃ座にある超新星残骸「Sh2-240」よりさらに淡いです。
        フィラメント状の構造は全く分かりません。


        その大きさだけから撮影してみたのですが、これらはナローでしかも露光時間を一桁長くしないと駄目なようですね。


         








        2018.01.01 Monday

        あけましておめでとうございます

        0

          新年あけまして、おめでとうございます。

          今年もよろしくお願いします。




          今年の写真は昨年のふたご座流星群です。
          でも流星の数が寂しいので、2014年のものを加えてみました。


          今年の目標は毎年同じようなことを言っているので、特に書きません。

          今年も星空写真をたくさん撮っていきたいと思っていますが、
          猫ブログになってしまう可能性もあるのですよねえ。

          それも含めて、また一年間お付き合い頂けたら嬉しいです。


           








          2017.12.31 Sunday

          それはクリスマスイブの日にやってきました

          0

            2匹の子猫がクリスマスイブの日に突然やってきました。
            真っ白い子と、白とグレーの子です。
            10月初旬に生まれたそうです。

            ちょっと訳ありで預かることになりました。

              真っ白い子

              白とグレーの子
             
            まずは動物病院で健康診断をしてもらいました。
            特に病気等はなく、感染症のウィルス反応も陰性でした。
            ただし、ウィルス反応は1ヶ月半後に再検査が必要だそうです。
            その結果が分かるまでは、空(くう)とは接触しないようにしなければなりません。
            でも完全に隔離してしまってはお互いに慣れないので、両立に苦労しています。


             

            最初の日、子猫を見た空(くう)はびっくりして2階へ走っていって、しばらく降りてきませんでした。
            数日はこんな顔で遠くから見ていましたが、最近はときどき子猫のゲージの前まで行っています。
            どうも子猫用のフードが気になるようです(笑)。


            部屋を閉め切って子猫を自由にしてやると、凄い勢いで追いかけっこをしたり取っ組み合いを始めます。
            海(かい)と空(くう)もそうでしたが、子猫の時は兄弟で暮らすのが良いですね。
            楽しそうに感じるのか、ドアの向こうでは空(くう)が不満げに鳴きます。
            暫くは我慢してもらって、後で遊んでやります。


            子猫の名前はまだありません。
            病院ではとりあえず「しろ」と「ぶち」になりました(笑)。


            この1週間は怒涛のように過ぎました。
            子猫は体調が急変することがありますし、様子を常に把握しておかなければならないので、気が休まりません。
            おまけに空(くう)はまだ真っ暗な時間に起こしにくるし、、、。
            来月の夜遊びはちょっと無理かもしれませんね。

            ではそろそろ、大掃除のラストスパートにとりかかります。


             








            ▲top