星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.12.09 Monday

星野写真(60Da、100mm) うみへび座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。

        今年の3月に撮影したものですが、何故か埋もれていました。


    この「うみへび座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M68 : 球状星団
      ・NGC4361 : 惑星状星雲 (からす座)





     
      撮影日時 : 2015/03/15 00:11〜  180sec×20コマ
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-5℃

      撮影日時 : 2019/03/08 01:04〜  240sec×28コマ
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖 気温は約−4℃

      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      赤道儀 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw11.1 : Raw現像
        ・DSS : コンポジット
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
        ・FlatAidePro : シェーディング補正
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々<
        ・Nik Collection (Dfine 2)

      空の暗さ(DE)、透明度(D)、フォーカス(B) 5段階評価  2015/03/15
      空の暗さ(D)、透明度(C)、フォーカス(C) 5段階評価  2019/03/08


    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    この領域の主役は球状星団M68です。
    うみへび座に位置していますが、からす座の下と言ったほうが分かりやすいです。
    だからこのような構図にしてみました。

    南側の低空なのでどうしても空が明るいです。
    4分露光で、ヒストグラムのピークは真ん中付近まで行ってしまうので、枚数を稼ぎました。
    対象が球状星団なので、1分露光のものも撮影しましたが、合成がどうもうまくいかなくてやめました。


    2015年に撮影した画像も使って処理しました。
      → 前回の撮影はこちら
    それぞれをコンポジットしてグラデーションマスクを使ったかぶり補正を施してから、明るさを合わせてコンポジットしています。
    それからは通常の処理で仕上げています。
    それぞれの構図がずれていたので、長辺方向が約98%、短辺方向が約942%のトリミングになっています。
    からす座の四角形の左上の星(アルゴラブ)がぎりぎりになってしまったのが失敗でした。

    小さい球状星団は苦手で、つぶつぶ感がどうしても表現できません。
    まあ100mmレンズでは無理ですかね。
    さらに惑星状星雲は小さくて、場所が確認できただけに終わってしまいました。



    M68 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        系外銀河が多いこの領域で球状星団は珍しいです。
        小さくてあまり明るくないので、試写画像をモニターで見ても球状星団とは分かりませんでした。
        この焦点距離では、小さい球状星団は無理ですね。
     



    NGC4361 (ピクセル100%表示で切り抜き)

        ピクセル等倍で切り出してもこの大きさですから、とても小さいですねえ。
        でも惑星状星雲独特の色をしているので、恒星とは違うことだけは分かりますね。
     


     








    2019.12.05 Thursday

    星野写真(60Da、100mm) おおいぬ座領域1

    0

      60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
      メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。

          2014年と2016年に撮影した画像を使って再処理してみました。
            ・2014/12/23に撮影 → こちら
            ・2016/12/07に撮影 → こちら

      この「おおいぬ座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
        ・M46 : 散開星団(NGC2437、とも座)
        ・M47 : 散開星団(NGC2422、とも座)
        ・M50 : 散開星団(NGC2323、いっかくじゅう座)
        ・IC.2177 : 散光星雲(わし星雲、かもめ星雲(Seagull Nebula))
        ・NGC2359 : 散光星雲(トールのかぶと星雲(Thor's Helmet))





       
        撮影日時 : 2014/12/23 02:03〜  240sec×20枚
        撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-3℃

        撮影日時 : 2016/12/07 00:53〜  300sec×25枚
        撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-3℃

        カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
        フィルター : 無し
        レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
        追尾 : EM11(ノータッチ)
        処理
          ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
          ・CameraRaw11.1 : Raw現像
          ・DSS : コンポジット
          ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
          ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
          ・StarNet++
          ・Nik Collection (Dfine 2)

        空の暗さ(CD)、透明度(BC)、フォーカス(B) 5段階評価  2014/12/23
        空の暗さ(BC)、透明度(BC)、フォーカス(B) 5段階評価  2016/12/07


      StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



      メシエ番号の付いている散開星団が3つもあります。
      でも所属はとも座といっかくじゅう座で、おおいぬ座ではありません。
      この領域の主役は ”わし星雲(かもめ星雲)” でしょうね。
      ”トールのかぶと星雲” も小さいですが面白い天体です。
      このように、ここはいろんな天体が集まっていて、なかなか楽しい領域です。


      2016年の撮影では、2014年の撮影と比べると空の状態も良くて、たっぷり露光しています。
      でも残念ながら、結果はあまり差がないように思えます。
      おおいぬ座付近は、何度撮影しても処理が難航します。
      色合いとしてはシアン系が強いように思われ、どうも苦手です。

      そこで、この2回分の画像を使って再処理してみました。
      それぞれをコンポジットしてグラデーションマスクを使ったかぶり補正を施してから、明るさを合わせてコンポジットしています。
      それぞれの構図がずれていたので、長辺方向も短辺方向も約97%のトリミングになっています。

      この領域は天の川の中なので、微光星で溢れかえっています。
      私の処理では星ばかりが強調されてしまうので、「StarNet++」を使っています。
      処理の途中で「星を消した画像」と「星だけの画像」に分けて、強調処理は主に「星を消した画像」に対してだけ行います。
      その後で「星だけの画像」を「覆い焼き(リニア)・加算」で重ねています。
      その結果、全体に柔らかく仕上がったと感じています。


      わし星雲(かもめ星雲)は全体的にのっぺりしていて、どのように仕上げていいのか悩みますね。
      散開星団との両立も悩ましいです。
      今回も星雲を主体に仕上げたので、散開星団にとってはやり過ぎになっていますね。



      M46、M47 (ピクセル33%表示で切り抜き)

          比較的大きな散開星団が仲良く並んでいます。
          それぞれにオレンジ色の星を従えているのも面白いです。
          星座としてはとも座に位置しています。
          左側の「M46」の中には小さな「惑星状星雲(NGC2438)」があるのですが、、、。
          ピクセル等倍で切り出してみましたが、ほとんど分かりませんね(涙)。
       





      M50 (ピクセル33%表示で切り抜き)

          星座としてはいっかくじゅう座に位置しています。
          構図の問題で隅のほうに追いやられてしまいました。
          申し訳ないです。
       



      IC2177 (ピクセル33%表示で切り抜き)

          とても大きな散光星雲で、淡い部分が周囲に大きく広がっていますね。
          日本では「わし星雲」と呼ばれていますが、
          英語では「Seagul nebula (かもめ星雲)」の愛称があります。
          夏の天の川の中心部にあるM16も「わし星雲」と呼ばれているので紛らわしいです。
       



      NGC2359 (ピクセル50%表示で切り抜き)

          形も色もとても面白い星雲ですが、私の画像では形が分かりますでしょうか。
          「トールの兜」というのは西洋の兜で、マイティハーキュリーというアメリカ?のTVアニメを
          思い出します。
          時計と反対方向に90度回転させると兜の姿になるようです。
          色がとてもきれいな星雲ですね。
       


       








      2019.12.03 Tuesday

      女神像と大小の柄杓(ひしゃく)

      0

        前回の新月期に撮影した星空写真がまだ残っていました。



        女神像と大小の柄杓(ひしゃく)


         2019/11/05  EOS 6D(HKIR) (RAW)  EF16-35 f2.8 (24mm)
         地上風景部分 : 04:04 ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、3枚
         星空部分 : 04:01 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、7枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


        ”北斗七星” が昇ってきました。
        明け方にはもう春の星座が昇ってくるのですね。

        あと30分ほどで薄明が始まります。
        黄道光が見えたら撮影しようと思っていたのですが、残念ながら見えませんでした。


         








        2019.12.01 Sunday

        星野写真(60Da、100mm) ぎょしゃ座領域2

        0

          60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
          メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


          この「ぎょしゃ座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
            ・M36 : 散開星団
            ・M38 : 散開星団
            ・IC405 : 散光星雲(まがたま星雲、Caldwell Object C31)
            ・IC410 : 散光星雲
            ・IC417 : 散光星雲

            ・Mel.31: 散開星団
            ・Sh2-235 : 散光星雲





           
            撮影日時 : 2016/11/04 02:49〜  480sec×12枚
            撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約+2℃

            撮影日時 : 2019/11/05 02:51〜  360sec×16枚
            撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約+0℃

            カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
            フィルター : 無し
            レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
            赤道儀 : EM11(ノータッチ)
            処理
              ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
              ・CameraRaw11.4 : Raw現像
              ・DSS : コンポジット
              ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
              ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
              ・StarNet++
              ・Nik Collection (Dfine 2)

            空の暗さ(B)、透明度(B)、フォーカス(AB) 5段階評価  2016/11/04
            空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(B) 5段階評価  2019/11/05


          StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



          この領域の主役は「Sh2-240」という超新星残骸です。
          ”おうし座” と ”ぎょしゃ座” の境界付近にあり、一般的には所属は ”おうし座” とするようです。

          ぎょしゃ座の散開星団や散光星雲と一緒に撮りたいところですが入りきりません。
          そこで「M37(散開星団)」には申し訳ないですが、外れてもらっています。


          今回の総露光時間は96分ですが、淡い対象にはこれでも不足でしょうね。
          いつものように前回の撮影画像も使って処理しました。
            → 前回はこちら
          それぞれをコンポジットしてグラデーションマスクを使ったかぶり補正を施してから、明るさを合わせてコンポジットしています。
          それからは通常の処理で仕上げています。
          今回は構図のずれが少なかったので、トリミングは長辺方向が約99%、短辺方向が約97%で済みました。

          私の通常の処理では「Sh2-240(超新星残骸)はほとんど浮かび上がってきません。
          そこでR成分に関してだけ、背景より少し輝度の高い領域を持ち上げてみました。
          これでやっと薄っすらと見えてきましたが、これ以上やると「まがたま星雲」などがとんでもないことになります。
          というわけで、これで精一杯です。

          構図内に複数の性格の異なる天体があると面白いですが、共存するように仕上げるのは(私には)不可能ですね。
          また光害カットフィルターを使うとか、撮影の段階でもっとコントラストを高める工夫をしないと厳しいです。
          これらは単にたっぷり露光することだけでは解決しない問題だと思っています。

          「Sh2-240」の右側に同じような色合いをしたものが広がっていますが、分子雲でしょうかねえ?
          何か「Sh2-240」よりも目立っている気がします。

            [追記(2019.12.02)]
              別構図で撮影したものでは、このようなものが見られないことに気が付きました。
              実在するものではなく、カブリ補正等で生じたものかもしれません。
                → 別構図のもの



          Sh2-240 (ピクセル25%表示で切り抜き)

              およそ10万年前に出現したと言われている超新星の残骸です。
              大きさは4度ほどもありますが、とても淡いです。
              試写画像を裏面モニターで見ても何も分かりませんでした。

              諧調を反転させてみましたが、レムナントの形だけは辛うじて分かりますかね。
           





          IC410 付近 (ピクセル33%表示で切り抜き)

              「IC410」付近を切り出してみました。
              この辺りの星雲は比較的明るいので、「Sh2-240」と両立させるのは無理そうです。
           


           








          2019.11.29 Friday

          ようやく晴れました

          0

            東京では雨の降る日が一週間も続いていました。
            今年の天候は本当に異例尽くしですね。

            今日は朝からきれいな青空が広がっています。
            庭の満天星(どうだん)の葉が真っ赤に色付いています。









            カマキリの卵をよく見かけるのですが、今年は無いようです。


             








            ▲top