星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.06.26 Wednesday

星野写真(60Da、100mm) へびつかい座領域5

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「へびつかい座領域5」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・IC4756 : 散開星団
      ・NGC6633 : 散開星団
      ・Mel 186(ポニアトフスキーのおうし座) : 散開星団





     
      撮影日時 : 2016/06/01 22:43〜  300sec×20枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき山自然公園にて 気温は約+6℃

      撮影日時 : 2019/06/05 23:00〜  300sec×18枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約+13℃

      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      赤道義 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw11.1 : Raw現像
        ・DSS : コンポジット
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・Nik Collection (Dfine 2)

      空の暗さ(C)、透明度(BC)、フォーカス(B) 5段階評価  2015/03/12
      空の暗さ(BC)、透明度(BC)、フォーカス(B) 5段階評価  2019/06/05


    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    ここは「へびつかい座」と「へび座」の境界付近です。
    天の川の端にあたり、左下は雲のようなもくもくと暗黒帯の世界ですが、右上は一面の微光星の世界です。
    そしてあまり目立ちませんが大きな散開星団が3つあります。
    そんなコントラストがちょっと面白いかなあと感じる領域です。
    でも正直に言うと、赤い散光星雲などが無いので、色合い的にちょっと地味ですね。

    午後は雷雨になり、夜になっても早い時間帯はあちことでピカピカと光っているような状態でした。
    でもこれを撮影した頃には、空の状態がやっと安定してきました。
    ファインダーではほとんど星が見えないので、構図決めに少し手間取ってしまいました。


    2016年に撮影した画像も使って処理しました。
      → 2016年の撮影はこちら
    それぞれをコンポジットしてグラデーションマスクを使ったかぶり補正を施してから、明るさを合わせてコンポジットしています。
    それからは通常の処理で仕上げています。
    どうしても構図がずれてしまうので、長辺方向が約99%、短辺方向が約96%のトリミングになっています。

    異なる世界が隣接しているので、処理は意外と厄介です。
    左下のモクモクした領域と右上の微光星の世界の明るさ(暗さ)の対比をどの程度にするかで悩みました。
    今回は前回ほどコントラストをつけないで仕上げてみましたが、どうでしょう?

    3つの散開星団がどれもカタログ名が違っているのが面白いですね。
    「Mel 186」はとても大きな散開星団で、同じような明るさの5つの星がV字型に並んでいます。
    「おうし座のヒアデス星団」の並びに似ていて、「ポニアトフスキーのおうし座」という名があります。


     








    2019.06.23 Sunday

    星野写真(60Da、100mm) おおぐま座領域2

    0

      60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
      メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


      この「おおぐま座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
        ・M97(NGC3587) : 惑星状星雲 (ふくろう星雲)
        ・M108(NGC3556) : 系外銀河 (渦巻銀河)
        ・M109(NGC3992) : 系外銀河 (棒渦巻銀河)

        ・M40 : 2重星




       
        撮影日時 : 2015/03/12 20:17〜  240sec×23枚
        撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-3℃

        撮影日時 : 2019/06/05 21:20〜  300sec×17枚
        撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約14℃

        カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
        フィルター : 無し
        レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
        赤道義 : EM11(ノータッチ)
        処理
          ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
          ・CameraRaw11.1 : Raw現像
          ・DSS : コンポジット
          ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
          ・FlatAidePro : シェーディング補正
          ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
          ・Nik Collection (Dfine 2)

        空の暗さ(C)、透明度(BC)、フォーカス(B) 5段階評価  2015/03/12
        空の暗さ(BC)、透明度(BC)、フォーカス(B) 5段階評価  2019/06/05


      StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



      この領域にはメシエ番号の付いている天体が3つもあります。
      系外銀河が2つと惑星状星雲が1つです。
      惑星状星雲はとても小さいですが、独特な色をしてるので写真では比較的簡単に見つけることができます。

      そしてさらに幻のメシエ天体「M40」もあります。
      メシエ天体としては欠番とされることが多いようですが、どうも「ウィンネッケ4」と呼ばれる2重星が候補のようです。


      6月の夜半前の撮影でしたが、本来は3月頃に撮影したい対象です。
      でも地平高度はあまり低くなかったので、空の透明度はまあまあでした。
      しかし薄雲の影響があったようで、明るい星が少し滲んでいます。


      2015年に撮影した画像も使って処理しました。
        → 2015年の撮影はこちら
      それぞれをコンポジットしてグラデーションマスクを使ったかぶり補正を施してから、明るさを合わせてコンポジットしています。
      それからは通常の処理で仕上げています。
      どうしても構図がずれてしまうので、長辺方向が約98%、短辺方向が約96%のトリミングになっています。

      銀河や星雲の写りはほとんど改善していませんね。
      単に露光時間を延ばせば良いというものではないようです。
      でも背景は少し滑らかになった気がします。



      撮影対象が小さいので、無理を承知でピクセル100%表示で切り抜きました。


      M97、M108 (ピクセル100%表示で切り抜き)

          「M97」は「ふくろう星雲」と呼ばれている惑星状星雲です。
          とても小さいので模様はよく分かりませんが、独特の色がきれいです。

          「M108」は小さいですがエッジオンタイプの銀河です。
          拡大撮影すると銀河の横を暗黒帯が走っているのが分かるらしいですが、
          私の写真でも何やら模様らしきものが見えるような気もします。
       



      M109 (ピクセル100%表示で切り抜き)

          「M109」は北斗七星のγ星のすぐ近くにあるので、分かりやすいですね。
          中心部に棒構造を持っている渦巻き銀河ですが、その片鱗が伺えるような気がします。
          巻き付いた腕がとてもきれいな銀河だそうです。

          下のほうに写っている銀河は「NGC3953」という番号が付いている渦巻銀河です。
          その他にも暗い銀河が写っているようないないような、、、。
       


       








      2019.06.19 Wednesday

      星野写真(60Da、100mm) みなみのかんむり座領域1

      0

        60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。

        撮影対象になる星雲星団や銀河はありませんが、
        星の並びが特徴的で大きさも手ごろなので、このシリーズに加えてみました。






          撮影日時 : 2019/05/30 01:11〜  90sec×42枚
          撮影場所 : 山梨県・みずがき山自然公園にて 気温は約+1℃
          カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
          フィルター : 無し
          レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
          赤道義 : EM11(ノータッチ)
          処理
            ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
            ・CameraRaw11.1 : Raw現像
            ・DSS : コンポジット
            ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
            ・FlatAidePro : シェーディング補正
            ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
            ・Nik Collection (Dfine 2)

          空の暗さ(×)、透明度(DE)、フォーカス(B) 5段階評価



        StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



        「みなみのかんむり座」は「いて座」のさらに下に位置します。
        南中高度は、さそり座のしっぽと同じぐらいの低空です。
        星の並びが特徴的で大きさも手ごろなので、このシリーズに加えてみました。


        低空は明るく霞んでいて、肉眼では「みなみのかんむり座」の星の並びは分かりませんでした。
        それでも対象は星だけなので、撮影を強行しました。

        処理のほとんどはカブリ補正に費やしています。
        明るさの偏りはまだしも、色合いの偏りは本当に厄介で嫌になってきます。
        作業を進めていくと、中央よりやや上あたりに何やら黒っぽい塊りが見えてきました。
        星図でチェックしてみると、暗黒星雲と小さな反射星雲(NGC6729)があるじゃないですか。
        暗黒星雲には「Be 157」と書かれていましたが、これは何のカタログでしょうね?

        少し調べてみると、ここは「みなみのかんむり座R星集合体」と呼ばれる領域で、
        若い星が多く星間分子雲が散在しており、太陽系から最も近い星生成領域のひとつとして知られているそうです。
        太陽系からの距離はおよそ500光年とのこと。

        それならもう少し炙り出してみようと思ったのですが、元画像が悪いのでとてもザラザラになってしまい駄目でした。
        ちょっと興味を惹かれる領域なので、追加撮影をしてみたい気もしますが、私の撮影地では無理だなあ。
        いつも思うのですが、南の低空って、どうしてこんなに面白い対象があるのでしょうね?


         








        2019.06.17 Monday

        動物愛護法の改正

        0

          先日、国会で「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)」の改正案が可決成立しました。
           


          動物愛護法は5年毎に見直されますが、今回も議員立法でした。
          議員立法は全会一致が必須なので、玉虫色で骨抜きの内容になってしまうことが多いように感じます。
          それでも今回は「愛護と管理」に向けて幾つかの部分で踏み込んだ内容になったようです。

          内容を適切にまとめたものが見つからなかったので、衆議院のWebサイトから資料をお借りしました。



          改正の大きなポイントは以下の3つでしょうか。
            ・出生後56日(8週)たっていない犬や猫の販売を原則禁止
            ・動物虐待の罰則強化
            ・犬・猫へのマイクロチップ装着義務化



          (1) 出生後56日(8週)たっていない犬や猫の販売を原則禁止 (8週齢規制)

          現行法にも同じ規定はありますが、ペット業者らの強い要望によって、経過措置として「49日(7週)」とされていました。
          今回はその附則がやっと外されました。
          ただし、伝統的な飼育方法が確立されている「天然記念物として指定された日本犬(6種)」は対象外となりました。
          聞くところによると、日本犬保存会と秋田犬保存会の会長さんはそれぞれ国会議員だそうです。


          (2) 動物虐待の罰則強化

          インターネットに犬や猫の虐待動画を投稿するなど、悪質なケースが後を絶ちません。
          動物虐待罪の厳罰化が抑止力になれば良いのですが、、、。
          でもそのためには、逮捕・起訴・処罰が速やかに行われることが必要ですよね。


          (3) 犬・猫へのマイクロチップ装着義務化
           
          チップ装着を義務付ける対象は、犬・猫の販売を目的とした繁殖業者(ブリーダー)などです。
          マイクロチップの装着と所有者情報の環境相への登録が義務付けられます。
          登録された犬猫を購入した飼い主には、情報変更の届け出が義務付けられます。
          なお、一般の飼い主から譲り受けたり、既に飼育していたりする場合は、努力義務となっています。





          更なる課題

          ブリーダーやペットショップなど、営利目的で動物を繁殖させたり展示販売したりするのが「第1種動物取扱業」です。
          今は「登録制」になっています。
          しかし、悪質な業者に対しても、行政には強制的な立ち入り権限がありません。
          そのためか、実際に業務停止命令や登録取り消しが行われることもほとんどないようです。
          これには、より行政に権限のある「許可制」導入が必要なのではないでしょうか?


          多頭飼育崩壊
          業者ではなく個人でも大きな問題を引き起こす場合があります。
          繁殖の繰り返しで徐々に数が増えて、それにつれて劣悪な環境になって、にっちもさっちもいかなくなってしまうケースです。
          現行法では「飼育禁止命令」ができず、多頭飼育など不適切な飼育を続けることができてしまいます。








           








          2019.06.16 Sunday

          星野写真(60Da、100mm) へびつかい座領域6

          0

            60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
            メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


            この「へびつかい座領域6」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
              ・暗黒星雲 (B : Barnard Catalogue)
                ・B44、B45、B51

              以下のものは他の領域で詳細に扱っています。
                ・M4(NGC6127) : 球状星団 → さそり座領域1
                ・M19(NGC6273) : 球状星団 → へびつかい座領域4
                ・IC4603 : 散光星雲 → さそり座領域1
                ・IC4604 : 反射星雲 → さそり座領域1
                ・IC4605 : 反射星雲 → さそり座領域1
                ・IC4607 : 反射星雲 → さそり座領域1






              撮影日時 : 2015/05/13 22:26〜  180sec×25枚
              撮影場所 : 山梨県・みずがき山自然公園にて 気温は約+10℃

              撮影日時 : 2019/05/29 23:33〜  180sec×30枚
              撮影場所 : 山梨県・みずがき山自然公園にて 気温は約-6℃

              カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
              フィルター : 無し
              レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
              赤道義 : EM11(ノータッチ)
              処理
                ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
                ・CameraRaw11.1 : Raw現像
                ・DSS : コンポジット
                ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩強調
                ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
                ・Nik Collection (Dfine 2)

              空の暗さ(D)、透明度(CD)、フォーカス(B) 5段階評価  2015/05/13
              空の暗さ(D)、透明度(CD)、フォーカス(B) 5段階評価  2019/05/29



            StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




            この領域は、アンタレス付近から左上に伸びる暗黒帯が主役です。
            アンタレス付近を右下に配置して、カラフルさも狙った構図にしています。

            南側の低空は明るくて、透明度もあまり良くなかったです。
            カブリ補正はとても厄介でしたが、あまり無理をしなくてもカラフルな画像になりました。
            カラフルな領域と暗黒帯の対比が何とも言えませんねえ。


            2015年に撮影した画像も使って処理しました。
              → 2015年の撮影はこちら
            それぞれをコンポジットしてグラデーションマスクを使ったかぶり補正を施してから、明るさを合わせてコンポジットしています。
            それからは通常の処理で仕上げています。
            それぞれの構図がずれていたので、長辺方向が約98%、短辺方向が約97%のトリミングになっています。

            総露光時間が2倍ほどになって、その効果が出ている部分とそうでない部分があります。
            空の状態があまり良くない状況で、単に総露光時間だけを伸ばしても期待したほどの効果はないということのようです。

            下の画像は全体の色合いだけを調整しただけのものです。
            光害カットフィルターを使わないで撮影するのはやはり無謀ですかね。




             








            ▲top