星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.05.23 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) おおぐま座領域3

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「おおぐま座領域3」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M51 : 渦巻銀河 (子持ち銀河) 星座としてはりょうけん座に位置します。
      ・M101 : 渦巻銀河 (回転花火銀河)

      ・NGC5377 : 銀河
      ・NGC5474 : 銀河






      撮影日時 : 2017/04/29 20:48〜  360sec×21枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約+5℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw9.9 : Raw現像
        ・FlatAide : フラット補正
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(B)、透明度(BC)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    2つの明るい星は北斗七星の一部なので、場所が分かり易いですね。
    この領域には大きくて写真写りの良い系外銀河が2つもあります。
    それ以外にも12等級より明るい銀河が幾つかあり、等倍で表示してみると小さな銀河がたくさん見つかります。

    前回の撮影では明るい2つの星が滲んでしまったので、薄雲の影響でもあったのかなと思っていました。
      → 前回の撮影はこちら
    そこで撮り直してみたのですが、今回も同様でした。
    どうもこれはフィルムでのイラジエーションみたいなもののようです。

    銀河の写りは正直言って前回のほうが良いですね。
    前回は2月の夜半後に撮影したので、空の状態が良かったのでしょう。
    今回は早い時間帯にもかかわらず空が暗かったので期待したのですが、、、。
    それでも今回のほうが良い点もあるのでリストには両方を掲載しておきます。
    空の透明度,暗さ,そしてフォーカスの追い込みと、なかなか全てが揃いませんね。



    M51 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        子持ち銀河と呼ばれています。
        大きな銀河の渦巻きの1本の先に、NGC5195と名付けられた小型の銀河がくっ付いています。
        この様子は焦点距離の短いレンズでも結構よく分かります。
        右上の方向に淡い部分が伸びていますね。
        同じように仕上げたのですが、前回よりも赤っぽくなったのは何故でしょう?
     



    M101 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        回転花火銀河と呼ばれています。
        見かけの大きさは、M31やM33についで大きいものです。
        真上から見ているので渦の様子が見やすくて、この焦点距離でも分かりますね。
        腕の広がりが対象形でないのが面白いです。
     


     








    2017.05.22 Monday

    5/20の晩の41P彗星

    0

      5/20の晩に撮影したタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星です。


      タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星 (41P/Tuttle-Giacobini-Kresak)


      2017/05/20 22:37  EF100mm F2.8 Macro (F4.0) 追尾撮影(300秒)
      星核基準で8枚をコンポジット  EOS 60Da RAW、ISO1600  長野県・蓼科にて


      彗星は ”ヘルクレス座” にいます。
      でも星の並びがよく分からないので、”こと座” から辿っていきました。

      ジョンソン彗星に続いて撮影しましたが、試写画像を見ても彗星の存在が分かりません。
      拡大表示して、彗星の予報位置を丹念にチェックしましたが駄目です。
      でもとりあえず撮影はしておくことにしました。

      自宅に戻って画像を詳しく調べてみると、とても淡いですが大きく広がったものがありました。
      コントラスト強調を進めていくと、彗星特有の色も出てきました。
      3週間と比べると、かなり暗くなったのですね。
      長らく楽しませてもらいましたが、これが撮り納めだと思います。

      夏の銀河(天の川)に近いので、微光星が多いですね。


       








      2017.05.21 Sunday

      5/20の晩のジョンソン彗星

      0

        5/20の晩に撮影したジョンソン彗星です。


        ジョンソン彗星 (C/2015 V2 (Johnson))


         2017/05/20 21:45  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  追尾撮影(300秒)
         星核基準で9枚をコンポジット  EOS 60Da RAW、ISO1600  長野県・蓼科にて


        彗星は ”うしかい座” にいます。
        空の状態は思ったほど良くはありませんでしたが、天頂付近なので影響は小さかったようです。

        3週間前と比べると、だいぶ大きなってく明るくなりましたね。
        依然として「おたまじゃくし」のような姿形ですが、今にも手足が生えてきそうです(笑)。
        前回もそうでしたが、写野が広いのに、一緒に撮影したくなるような天体が無いのが残念です。



        下の写真はピクセル50%表示で切り抜いたものです。




         








        2017.05.19 Friday

        5/1の晩のみずがき山での星景写真 (3)

        0

          5/1の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



          昇ってきた夏の銀河(天の川)


           2017/05/02 01:37  SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
           地上風景部分 : ISO1600、F4.0、固定撮影(240秒)
           星空部分 : ISO3200、F4.0、追尾撮影(90秒)、2枚をコンポジット
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           トリミング : 93%×93%  EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


          夏の銀河(天の川)が昇ってきました。
          対角魚眼レンズで ”さそり” から ”夏の大三角” までの天の川を一網打尽に撮ったものです。

          ここ数年はここで同じような構図で撮影しています。
          追尾撮影の星空写真と固定撮影の地上風景を合成しましたが、まだまだ完成度が低いです。
          灯りのある建物の前の木のあたりがかなり不自然ですよねえ。

          この日の空の状態は、この場所としては上の下ぐらいでしょうか?
          カブリ等による明るさや色合いの偏りを補正するのに非常に多くのレイヤを使いました。
          星野写真の処理よりは数倍も面倒です。
          天の川の色合い調整は毎回悩みますが、今回は青みを少し抑えた仕上がりになりました。

          なお特に左側隅の星像が酷かったのでトリミングをしています。

          参考までに星空用の画像をRaw現像した段階での画像を下に示します。










          月が沈む前に、月明りの風景写真(星景写真?)を少し撮影しました。


          月光に照らされた瑞牆山


           2017/05/01 21:59  EF16-35 f2.8 (22mm)  ISO1600、F5.6、固定撮影(300秒)
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


          月齢5の月が沈まないうちに、月明りでの風景写真を撮影しました。
          駐車場の上の芝生広場から撮った瑞牆山です。
          山肌の独特な感じが黒潰れせずに写せたと思っています。
          左寄りの明るい星は、昇ってきたばかりの ”こと座のベガ” です。

          芝生広場に足を踏み入れた途端に、鹿に鳴かれました。
          姿は見えませんが、鳴き声の方向から山側にいるようです。
          「こっちに来るな!」と言っているのでしょうね。



          木星とスピカ、そしてカラス


           2017/05/01 22:11  EF16-35 f2.8 (24mm)
           ISO1600、F5.6、固定撮影(240秒)
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


          とても明るい ”木星” がちょうど南中した頃です。
          お供は ”おとめ座のスピカ” と ”カラス” です。
          でもカラスがお供なんて、ちょっと変ですかね(笑)。

          なお、空の色合いはイメージに合わせてかなり青みを強くしています。
          キヤノンのカメラはAWBで撮影すると、赤みがあって濁ったような感じになるのですよね。

          山影が凹んでいる所がちょうど真南になるので、目印に使っています。

          こういう写真では画像を縮小するときにジャギーが発生しやすいです。
          2,4,8などの比率で縮小すると良いようです。
          元画像は横方向が3648画素で、これを800画素に縮小する時は、まず3200画素に縮小するという2段階で行っています。



          駐車場の様子


           2017/05/01 22:19  EF16-35 f2.8 (20mm)  ISO1600、F5.6、固定撮影(240秒)
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


          駐車場の北側の様子で、正面は西の方向です。
          向こう側の2台が星屋さんで、赤い明りが見えていますね。
          車の北側に機材を設置しているのは、入ってくる車の明りを遮るためだと思います。
          私は中央手前に車を停めています。

          暗くてよく見えませんでしたが、向こう側のテントサイトにも車が数台いますね。
          でもこの日は平日だったので車は少なく、夜中に入ってくる車もほとんどありませんでした。


           








          2017.05.16 Tuesday

          5/1の晩のみずがき山での星景写真 (2)

          0

            5/1の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

            月が沈んでから薄明が始まるまで、ほとんどずっと芝生広場で星景写真を撮っていました。
            撮影した順にご紹介しています。



            さそりと天の川


             2017/05/02 00:19  EF16-35 f2.8 (28mm)
             地上風景部分 : ISO1600、F3.5、固定撮影(180秒)
             星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


            ”さそり” が昇ってきて、夏の銀河(天の川)もしっかり写るようになってきました。
            ”さそり” は昇ってくる時の立ち姿が良いですね。

            今年は天の川の中に ”土星” がいるのがポイントです。
            天の川をもっとカラフルに仕上げたいのですが、露光時間が20秒では無理ですかね。

            地面が土(芝生)なこともあって、この日は機材に露が付きます。
            でもレンズはヒーターを巻いていたので曇ることはなかったです。



            さそりと天の川


             2017/05/02 00:37  EF16-35 f2.8 (25mm)
             地上風景部分 : ISO1600、F3.5、固定撮影(180秒)
             星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


            少し移動して地上風景を少し変えてみました。
            ここなら ”さそり” の尾がほぼ全部見えますね。

            天の川が見えると撮影がとても楽しいです。
            だからパシャパシャと同じような写真ばかり撮ってしまいます。
            ポタ赤で少し追尾した写真なども撮ればよかったですね。

            この日の空の状態はどうだったのでしょう?
            なかなか客観的に評価するのは難しいですね。
            4/29とは比べようが無いほど良いのですが、とても良いというほどではないような気もします。
            南の低空はそれほど暗くないし、、、。
            でもそこまで求めるのは贅沢ですかね。



            瑞牆山と昇ってきた夏の大三角


             2017/05/02 00:44  EF16-35 f2.8 (25mm)
             地上風景部分 : ISO1600、F3.5、固定撮影(180秒)
             星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


            ”わし座のアルタイル” がやっと昇ってきました。
            待っていると、なかなか姿を見せないのですよねえ。
            やはりここで見る ”夏の大三角” はきれいですね。

            ここでの定番の構図ですが、瑞牆山がもう少し左にあると良いなあと思うのは私だけでしょうか?

            気温はすでに氷点下ですが、撮影が楽しくて寒さは全く感じませんでした。



            瑞牆山と昇ってきた夏の大三角


             2017/05/02 00:51  EF16-35 f2.8 (20mm)
             地上風景部分 : ISO1600、F3.5、固定撮影(180秒)
             星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


            構図でも撮ってみました。
            地上風景の下側が中途半端になりそうだったので、かなりの広角側で撮っています。
            ”夏の大三角” に対して、右側を広く入れるか左側を広くいれるか悩みました。
            星空的には左側が好きなのですが、地上風景を優先して右寄りにしました。

            天の川のもくもくした感じや色合いが、”夏の大三角” 付近と ”たて座” 付近とではかなり違うのが分かります。
            星空は追尾撮影すれば良かったですねえ。


             








            ▲top