星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.03.29 Wednesday

片倉城址公園を散策

0

    天気が良かったので、八王子の片倉城址公園を散策してきました。

    お目当ては「カタクリ」です。
    散策している人がたくさんいました。









    いろいろな野草も咲いていました。

    ニリンソウ



    リュウキンカ



    アズマイチゲ




    桜は蕾がだいぶ膨らんでいるものの、まだ一輪も咲いていませんでした。
    見頃は来週でしょうかね?




     








    2017.03.25 Saturday

    カタクリが咲きました

    0

      今日は朝から天気が良かったので、カタクリの花が咲きました。

      庭仕事をしながら、ときどき撮影したものです。



      9:38


      今日はまだ咲かないと思っていたのですが、蕾が膨らんできましたね。



      10:07


      でも花が開きませんねえ。
      何だか変な格好です。



      10:28


      どうも花びらの先端がくっついてしまっているようです。
      ​ちょっと突いたら、ぱっと開きました。



      11:15


      花びらがだいぶそっくり返ってきました。


      日が陰ると花びらは閉じてしまいます。
      曇りや雨の日は花びらは閉じたままです。
      あと何日ぐらい楽しめますかね。


       








      2017.03.24 Friday

      カタクリ

      0

        今年もカタクリが芽を出しました。





        大きな葉が1枚です。
        残念ながら、このように葉が1枚の場合は蕾が無くて花が咲きません。
        まだ花を咲かせるまでに株が育っていないのでしょう。





        こちらは葉が2枚でその間から蕾が顔を出しています。


        カタクリは生育期間がとても短くて、芽を出してから2ヶ月ほどで葉が枯れてしまいます。
        あとは球根の状態で休眠します。
        だから球根がなかなか育たないのですよね。


         








        2017.03.22 Wednesday

        高度を下げていくしし

        0

          3/4の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。


          高度を下げていくしし


           2017/03/05 03:01  EF16-35 f2.8 (21mm)
           地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
           星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          ”しし” が西の空で高度を下げていきます。
          先導役の ”かに” も一緒に撮りたかったのですが、半分ぐらい山に隠れてしまいました。
          その代わりと言っては何ですが、前景に「女神像」と「牡鹿像」の両方に入ってもらいました。

          地上風景用と星空用とで、撮影時にカメラが少し動いてしまったようです。
          三脚はもう20年も使っているものなので、しっかり固定できないところがあるのですよね。
          ボツにするのも勿体無いので、画像を左右上下にシフトさせたり少し回転させたりして、何とか目立たないようにしました(汗)。


           








          2017.03.20 Monday

          女神像と大小の柄杓(ひしゃく)

          0

            3/4の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。


            女神像と大小の柄杓(ひしゃく)


             2017/03/05 02:49  EF16-35 f2.8 (21mm)
             地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
             星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(30秒)、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            ”北斗七星” が正中(せいちゅう)を通り越して、”こぐま” の西側にやってきました。
            三脚を最も短くして、「女神像」を見上げるように構図をとってみました。
            ファインダーを覗くときに腰を痛めないように注意したのはもちろんです(苦笑)。

            ディフュージョンフィルターをいつもより少し強めのものを使いましたが、一等星が無い場合はこれくらいのほうが良いですね。

            この日は肉眼では分かりませんでしたが、夜空がとっても暗くて、、、。
            いつもの露光条件では露光不足なので、後処理でかなり明るくしたら、ざらついてしまいました。
            また地上風景が赤っぽいので、星空は意識的に青みを強くしています。




            この日に撮影したものがまだ数枚あるのですが、花粉症が酷くて捗りません。
            眼がしょぼしょぼして、画像の明るさや色合いがよく分からないのですよねえ(涙)。


            最近は天気予報では晴れマークでも、空が白っぽいですね。
            それに晴れの時間帯が短くて、半日も持ちません。
            次の新月期が間もなく始まりますが、「さあ出かけるぞ!」という気にさせてくれるような天気に巡り合えるでしょうか?


             








            ▲top