星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.03.08 Wednesday

星座写真 おおぐま座

0

    写真展示用に ”おおぐま座” の星座写真を撮りました。
    ディフュージョンフィルターをレンズの後ろに配置して撮っています。


    おおぐま座




     2017/03/04 23:00  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 追尾撮影(180秒)
     Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置  10枚をコンポジット  トリミング : 82%×82%
     EOS 6D RAW、ISO3200 山梨県・みずがき湖にて


    が沈むのを待ちきれなくて撮影したので、明るさや色合いの偏りが大きくて、、、。
    おまけにフラットフレームも無いので、苦労しました。
    やはりしっかり撮影してちゃんと処理しないと駄目ですね。

    星座の線を記入して、メシエ天体の場所を丸印で示してみました。
    熊にしては手足もしっぽも長いですね。
    左下に星が集まったところがあるなあと思ったら ”かみのけ座” でした。
    こんな位置関係にあったのですね。
    メシエ天体は10個ありますが、そのうちの4個は ”りょうけん座” に位置しています。
    また10個のうちの9個は系外銀河です。
    どれもシミのような写りですが、何とか存在だけは分かって良かったです。


     








    2013.04.15 Monday

    星座写真の試み

    0


      4/11は、翌朝のパンスターズ彗星を撮りに、山梨県・高根町に出かけていました。

      早めに出かけて、久し振りに60Daと100mmレンズによる星野写真も撮りました。
      星野写真はフォーカス合わせや構図決めに時間がかかるのですが、撮影を開始すれば1時間ほど時間が空きます。
      以前はこの時間に星景写真を撮っていたのですが、4/12の記事に書いたように、ここでの星景写真に前向きになれなくなっています。

      この夜はかなり冷え込んで、4月だというのに氷点下でした。
      何もしないでいると、余計に寒さが堪えます。

      そこでという訳ではないのですが、現地で急に思い付いて星座写真を撮ってみることにしました。
      準備も何もしていないので、詰めは甘いです。
        ・構図はいい加減です。
           ・星座の領域が全部入っていないかもしれません。
           ・赤経や赤緯に対して傾いていると思います。
        ・このレンズは、フルサイズで使うには周辺部の像が悪いです。
           ・ディフュージョンフィルターを使っても、ごまかしきれませんでした。
        ・ポタ赤で追尾したのですが、極軸調整が不十分で、星が少し流れています。

      星の色を強調するような方向で処理をしてみました。
      またいつもより背景を暗くしています。



      おおぐま座

       2013/04/12 02:18  EF16-35mmF2.8  35mm、F2.8→4.0  追尾撮影(240秒)
       Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  4枚をコンポジット
       EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


      ”おおぐま座” はとても大きな星座ですね。
      ”北斗七星” はその一部でしかありません。
      一つだけ星の色合いが違うのが分かりますね。



      うしかい座とかんむり座

       2013/04/11 22:49  EF16-35mmF2.8  35mm、F2.8→4.0  追尾撮影(240秒)
       Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  4枚をコンポジット
       EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


      ”うしかい座” は「熨斗(のし)」の形の並びしか良く分かりません。
      ”アルクトゥルス” は少し黄色っぽいですね。
      ”かんむり座” は小さい星座ですが、星の並びが可愛くて好きな星座です。


      続きを読む >>







      ▲top