星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2020.03.19 Thursday

冬の星座の後は、春、そして夏

0

    2月の下旬に、山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。


    女神像とスピカとからす


     2020/02/24  EOS 6D(HKIR) (RAW)、EF16-35 f2.8 (25mm)
     地上風景部分 : 01:49 ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、4枚
     星空部分 : 01:46 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、10枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


    冬の星座が沈んでしまうと、夏の星座が昇ってくるまで、星景写真はちょっと手持ち無沙汰になってしまいます。
    そんなときに、つい撮影してしまうのが ”おとめ座のスピカとからす” です。
    ”からす” の四角形は意外と目立つのですよね。
    その一方で、”おとめ座” は未だに星座の形がよく分かりません(苦笑)。

    みずがき湖では、このように「女神像」と一緒に撮影することが多いです。


    昇ってきたこと座


     2020/02/24  EOS 6D(HKIR) (RAW)、EF16-35 f2.8 (35mm)
     地上風景部分 : 02:11 ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、5枚
     星空部分 : 02:36 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、11枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


    夏の星座の一番手として ”こと座” が昇ってきました。
    湖の東側にあるこの橋は「増富大橋」です。
    大橋と呼ぶにはかなり小さな橋ですが、、、。

    この方向の低空は、関東平野の街明かりによるかぶりが目立ちます。
    「Sequator」でコンポジットできたおかげで画質がきれいになったので、
    色合いの補正も頑張りました(苦笑)。

    この季節は木々の葉が落ちているので、山の稜線の木々の隙間に星空が透けて見えます。
    これが合成を非常に難しくするのです。
    マスクの作り直しも含めて何度もやり直しました。
    まだ不自然さが残っていますが、これで精一杯です。

    この日はこれで終了にしましたが、明け方まで撮影すれば良かったかなあ?


     








    2020.03.16 Monday

    西の空に傾いた冬の大三角、やはり無謀だった構図

    0

      2月の下旬に、山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。


      西の空に傾いた冬の大三角、やはり無謀だった構図


       2020/02/18  EOS 6D(HKIR) (RAW)、EF16-35 f2.8 (24mm)
       地上風景部分 : 23:31 ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、4枚
       星空部分 : 23:27 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、14枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


      ”オリオン座” の下側の2つの明るい星を木立の枝の中に入れるという無謀な構図に挑戦したのですが、大苦戦の連続でした。

      星空用の画像は「Sequator」でコンポジットしました。
      うまく処理してくれましたが、(当たり前のことですが)枝の中の星が暗くなってしまいます。
      そこで「DSS」のMaximumでコンポジットした画像を一部に使いました。
      なお、「DSS」では画像の上部の星がうまく位置合わせできなかったです。

      続いて、合成用のマスク作りがこれまた厄介でした。
      あれこれやってもうまく合成ができません。
      結局、真ん中の木立の山影より上の部分は、地上風景ではなく星空として仕上げることにしました。
      マスクを含めて、あちこちに手作業が入っています。

      一見うまく出来たように見えますが、これでは合格点に達しません。
      またまた、宿題事項ができてしまいました。


      西の空に傾いた冬の大三角


       2020/02/23  EOS 6D(HKIR) (RAW)、EF16-35 f2.8 (24mm)
       地上風景部分 : 23:11 ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、4枚
       星空部分 : 23:08 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、9枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


      これは別の日に、無難な構図で撮ったものです。

      ”リゲル” がだいぶ山影に近づいてしまいましたね。
      もう少し早く撮影すれば良かったのに、何をしていたんだろう?

      ダムに通じるトンネル手前の明かりが、オレンジ色の照明からLED照明に変わったのです。
      そのために、少し雰囲気が変わりました。
      どちらが良かったかは微妙ですね。


       








      2020.03.12 Thursday

      西の空に傾いたオリオンと大犬、そして牡牛

      0

        2月の下旬に、山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。


        西の空に傾いたオリオンと大犬、そして牡牛


         2020/02/18  EOS 6D(HKIR) (RAW)、EF16-35 f2.8 (20mm)
         地上風景部分 : 22:42 ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、3枚
         星空部分 : 22:38 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、11枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


        ”オリオン” と ”大犬” と ”牡牛(おうし)” が同じような高さになって、横に並びました。
        焦点距離をもっと短くすれば ”子犬” も入るのですが、全体のバランスが悪くなってしまいます。

        ビジターセンターからだいぶ東側に移動して撮影しています。
        防寒具のフードを被ると周りの音が聞きずらくなるので、被らないでいます。

        雪景色での星景写真を撮りたいのですが、昨年に続いて今年もチャンスが無かったです。





        ご紹介した星景写真は以下のようなフローで仕上げています。

        星空写真を始めた頃は1枚撮りで、処理と言えるほどのことはほとんど行っていませんでした。
        それがあれこれ改善しているうちに、こんな複雑なことになってしまいました。
        もちろん、このフローでうまくいかない場合もあり、それらは自分の宿題事項にしています。

        でも、仕上げていく過程そのものが楽しいので、面倒だなんて思ったことはありません。
        これが一発で出来る仕掛けができたら、星景写真はもう卒業してしまうでしょうね。





        これは、天文愛好会の勉強会用に作成した資料の一部です。

        先月末に勉強会を行う予定だったのですが、コロナウイルスの騒ぎで延期になってしまいました。
        一日も早く収束してほしいですね。


         








        2020.03.10 Tuesday

        西の空に傾いた冬の大三角、枝振りの良い木立を添えて

        0

          2月の下旬に、山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。

          撮影してからだいぶ時間が経ってしまいました。
          いろいろと他の事をやっていたのですが、そちらの目途が立ってきたので、星空写真に向き合う時間がとれるようになりました。


          西の空に傾いた冬の大三角、枝振りの良い木立を添えて


           2020/02/18  EOS 6D(HKIR) (RAW)  EF16-35 f2.8 (23mm)
           地上風景部分 : 22:19 ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、4枚
           星空部分 : 22:15 ISO6400、F3.2、固定撮影(15秒)、13枚、Lee Soft-2 Filter をレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成  山梨県・みずがき湖にて


          まだ22時過ぎだというのに、”冬の大三角” が南中を過ぎてかなり西寄りに位置しています。
          ”こいぬ座のプロキオン” の高度が高くて、ちょっとバランスが悪いです。
          そろそろ撮り納めの時期ですね。

          テストの意味合いも込めて、枝振りの良い木を真ん中に配置してみました。
          Sequatorでは、枝の間に写っている星を選択できなかったのですが、しっかりと処理してくれました。
          改めて、このツールの凄さを実感したところです。
          これで構図の選択の幅をかなり広げることができますね。
          また星空部分の画像は13枚をコンポジットしたのですが、全く問題なかったです。


          写真の題目は、おりおんさん風にちょっと洒落てみました。


           








          2020.02.19 Wednesday

          鹿鳴峡大橋の照明が、、、

          0

            昨晩は、山梨県のみずがき湖へ夜遊びに出かけました。

            星仲間の「viewru3103さん」の数日前のブログに書かれているように、鹿鳴峡大橋の照明が様変わりしていました。
              → 記事はこちら

            第一印象は、「何、これ?」です。


            鹿鳴峡大橋の照明が、、、


             2020/01/21 21:40
             EOS 6D(HKIR) (RAW)、ISO1000、固定撮影(240秒)
             EF16-35 f2.8 (25mm、F4.0)
             山梨県・みずがき湖にて


            LEDの照明でしょうか?
            肉眼では白っぽく見えました。
            光量は小さくて、個々の照明はよく見えないほどです。
            湖面への映り込みは、写真には写っていますが、肉眼では橋の直下の明るい部分しか見えませんでした。

            全体の色合い調整が何故かうまくできません。
            実は橋へと続くトンネル入り口の照明が、オレンジ色から白色に変わっていました。
            下の写真と比べると、これの影響があったのかもしれませんね。

            なお構図の悪さは、この状況を見た私のやる気の無さのせいです(苦笑)。


            最もきれいだった頃


             2016/02/02 20:26
             EOS 6D (RAW)、ISO800、固定撮影(120秒)
             EF24mm F1.4→2.8
             山梨県・みずがき湖にて


            一番きれいだった頃の写真です。
            この色合いが何とも好きでした。
            真ん中の照明の色が少し違っていたのも良いですよね。


             








            2019.03.13 Wednesday

            飛行機雲は勘弁してほしいなあ

            0

              2月も中旬以降はすっかり春の天気になって、予報がころころ変わるし、快晴の時間がとても短くなりました。
              2/26は、予報ではみずがき湖の南東あたりがちょっと怪しいですが、月が昇る頃(1時少し前)までは晴れそうでした。
              薄明が終わる前に着くときれいに晴れていました。
              甲府盆地は雲が多くて、少しぼんやりした空だったのですが、、、。
              そしてこの時期としては空の透明度も悪くはありませんでした。



              飛行機雲が、、、


               2019/02/26  EF16-35 f2.8 (24mm)
               地上風景部分 : 22:49 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : 22:49 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              ところが22時過ぎころから、上空を飛ぶ飛行機が長い飛行機雲をたなびかせるようになりました。
              水蒸気が多くなってきたのでしょうか?
              冬の銀河(天の川)は薄っすらとですが写るので、空の状態はまだそれほど悪くなってきたようには感じません。
              でも南側の低空に見える雲(薄雲?)が気になりますねえ。
              月の出まで持ちこたえてくれるでしょうか?

              この飛行機雲は肉眼でも見えました。
              夜に飛行機雲を見たのはこれで2回目です。



              やはり薄雲が広がってきてしまいました


               2019/02/26  EF16-35 f2.8 (24mm)
               地上風景部分 : 23:02 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : 23:11 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              南側からせり上がるように、そして西側から流れるように、薄雲がやってきてしまいました。
              この瞬間だけなら、星景写真としては面白いのですが、、、。
              もう少し天気がもって欲しかったです。
              これでは星野写真はキツイので、予定より早く0時過ぎに撤収しました。

              この日は薄明終了後すぐに「岩本彗星」を撮影したのですが、正解でした。
                → 岩本彗星はこちら



              沈みゆくオリオンたち


               2019/02/26 22:36  EF16-35 f2.8 (22mm、F3.5) 固定撮影(240秒)、2枚
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW、ISO1000  山梨県・みずがき湖にて


              これは1枚目の写真の少し前に撮影したものです。
              西側の山に ”プレアデス星団” と ”ヒアデス星団” が沈んでいこうとしています。
              それに続くように ”オリオン” も高度を下げていきます。
              地上風景はビジターセンターの建物をメインに配置して構図をとりました。

              いつものセットで撮影したものを仕上げようとしたのですが、”シリウス” がかなり楕円形に歪んでいました。
              ディフュージョンレンズをレンズの前に配置していて、シリウスを写野の端に入れたためです。
              そこで地上風景用の画像で、地上風景部分と星空部分を別処理してマスクを使って合成してみました。

              この日は駐車場にも誰もいなくて、ひっそりとしていました。
              ときおり風が吹いて物音がすると、ちょっとびくっとしますね。


               








              2019.03.10 Sunday

              牡鹿像と大小柄杓のぐるぐる

              0

                2/26の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



                牡鹿像と大小柄杓のぐるぐる


                 2019/02/26 19:57  EF16-35 f2.8 (20mm、F4.0)
                 ISO320、固定撮影(600秒)、14枚
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                牡鹿像と大小の柄杓(ひしゃく)の構図です。
                ぐるぐる写真としては長めの焦点距離で撮影しています。

                星空部分は比較明で、地上風景部分は加算平均で、コンポジットしてみました。
                地上風景部分は少しでも画質がよくなるかなと期待したですが、あまり変わらないようですね。

                広角レンズでは日周運動の軌跡が円ではなく楕円になってしまうので、違和感を感じないように補正しました。

                ぐるぐる写真と言うにはもっと枚数を多くしないといけませんよね。
                でもこれを撮影していると、何もやることがなくなってしまって暇になってしまうのですよね。


                 








                2019.03.08 Friday

                昇ってきたアンタレスと木星、そして夏の銀河(天の川)

                0

                  2/11の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



                  昇ってきたアンタレスと木星


                   2019/02/12  EF16-35 f2.8 (24mm)
                   地上風景部分 : 04:59 ISO1000、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                   星空部分 : 05:05 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                  ”さそり座のアンタレス” と ”木星” がだいぶ昇ってきました。
                  木星の左側がもやもやしているのは夏の銀河(天の川)でしょうか?
                  肉眼ではほとんど見えませんでした。
                  心眼では見えましたけど、、、(笑)。

                  今年も明け方に夏の銀河(天の川)が見えてくる季節になったのですねえ。



                  昇ってきたアンタレスと木星、そして夏の銀河(天の川)


                   2019/02/12  EF16-35 f2.8 (24mm)
                   地上風景部分 : 05:08 ISO1000、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                   星空部分 : 05:16 ISO4000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                  昇ってきた夏の銀河(天の川)が写るようなので、横構図で撮ってみました。
                  星空部分の撮影は少し薄明にずれ込んでしまいましたが、今年最初の夏の銀河(天の川)です。
                  部分的に薄雲やちぎれ雲がありますが、星景写真ですからまあいいでしょう。
                  今年はとても明るい木星が腰を据えているので、豪華ですが、ちょっと邪魔な気もしますね。

                  撮影が終わって駐車場に戻ると、金星と土星が見えていました。


                   








                  2019.03.07 Thursday

                  昇ってきたのはアルタイルではなかった

                  0

                    2/11の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



                    ことが昇ってきました


                     2019/02/12 02:52  EF16-35 f2.8 (35mm)  ISO1600、F4.0、固定撮影(240秒)
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                    北東の空に ”こと” が昇ってきました。
                    こちら側には「増富大橋」があります。

                    地上風景用の画像に、流星のような人工衛星のようなものが写っていたので、その画像を使って仕上げてみました。
                    すぐ傍に平行して暗い航跡が写っています。

                    この方向の星空は、関東平野の街明りでとても濁った色合いに写ります。
                    この色合いはとても嫌なので、思いっきり補正しています。



                    昇ってきたのはアルタイルではなかった


                     2019/02/12  EF16-35 f2.8 (24mm)
                     地上風景部分 : 04:29 ISO1000、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                     星空部分 : 04:53 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                    ”夏の大三角” を撮ろうと、”わし座のアルタイル” が昇ってくるのをじっと待っています。
                    でもなかなか見えてきません。
                    山の稜線の角度と星が昇ってくる角度がほぼ同じようなのですよねえ。

                    少し明るい星が見えてきました。
                    でも ”はくちょう座のデネブ” と比べるとだいぶ暗いです。
                    薄雲でもあるのかなあ?

                    最後はさそり座付近を撮りたいので、ぎりぎりまで待って撮影しました。
                    でも、薄明が始まって少し経ってから明るい星が見えてきました。
                    やはり見えていたのは ”アルタイル” ではなかったのです(涙)。

                    この失敗は以前にもやらかしているのですよね。
                    アルタイルは両側にやや明るい星があって、3つの星の並びが特徴的です。
                    そのうちの2つが見えてきたと思ったので、右側がアルタイルだと判断したのです。
                    でも実際は、アルタイルの左側の星のさらに左側の星が見えていたようです。
                    私は目が悪いので、そんなものが見えるなんて思ってもみませんでした。


                     








                    2019.03.05 Tuesday

                    女神像とスピカとからす

                    0

                      2/11の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



                      女神像とスピカとからす


                       2019/02/12  EF16-35 f2.8 (28mm)
                       地上風景部分 : 01:45 ISO1000、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                       星空部分 : 01:44 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                      ”おとめ座のスピカ” と ”からす” が昇ってきました。
                      おとめ座は星の並びがよく分からないので、スピカとからす座の四角形をセットと撮影することが多いです。
                      この四角形は、闇夜のからすの割には結構目立ちます。

                      この構図で星景写真を撮ると、春が近いことを感じます。

                      星景写真といっても、これは地上風景が半分以上を占めています。
                      昔は地上風景の割り合いがかなり小さかったのですが、最近は大胆な構図が普通に感じるようになってしまいました。



                      女神像とスピカとからす


                       2019/02/12  EF16-35 f2.8 (32mm)
                       地上風景部分 : 03:24 ISO1000、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                       星空部分 : 03:23 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                      ”おとめ座のスピカ” と ”からす” です。
                      上の写真を撮影してから2時間近く経って、女神像との位置関係が変わってきました。

                      女神像を見上げるように構図をとり、ブームレンズの焦点距離をやや長めにして、”スピカ” と ”からす” を少しアップで狙ってみました。


                       








                      ▲top