星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.06.14 Friday

昇ってきたカシオペアからはくちょうまで

0

    5/29の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



    昇ってきたカシオペアからはくちょうまでの天の川


     2019/05/30 EOS 6D(RAW) EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : 01:56 ISO1250、F3.2、固定撮影(180秒)、4枚
     星空部分 : 01:55 ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     山梨県・みずがき山自然公園にて


    ”カシオペア” が昇ってきたので、”はくちょう” 付近までの天の川を撮りました。
    でも ”カシオペア” の一番左の星が木立に隠れてしまったようです(涙)。
    前景にはシャクナゲだけでなくつつじも良い感じで入れることができたのになあ。

    マスクを使った合成では、木立の枝の部分が不自然になってしまうことがよくあります。
    今回もそうでした。
    マスクは地上風景用の画像から作っています。
    フォトショップのマスクの属性でいろいろいじくっていたら、少し良い感じになりました。
    でも何をどういじくったのかが分からなくなってしまいました(苦笑)。


    この日は2時過ぎに月が昇ってくるので、これがラストショットになりました。


     








    2019.06.10 Monday

    シャクナゲと昇ってきた夏の大三角

    0

      5/29の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



      シャクナゲと昇ってきた夏の大三角


       2019/05/29 EOS 6D(RAW) EF16-35 f2.8 (21mm)
       地上風景部分 : 23:02 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
       星空部分 : 23:18 ISO5000、F3.2、固定撮影(20秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       山梨県・みずがき山自然公園にて


      シャクナゲを前景にして、昇ってきた ”夏の大三角” を撮りました。
      地上風景の右下辺りが赤っぽいのはツツジが咲いているのだと思います。
      瑞牆山も写野には入っているのですが、木立がちょっと邪魔してしまいましたね。
      地上風景を撮影しているときはまだ雲が多かったのですが、急速に晴れてきました。
      地上風景が少し赤っぽいので、星空はいつもより青みを強く仕上げています。



      シャクナゲと昇ってきた夏の大三角


       2019/05/30 EOS 6D(RAW) EF16-35 f2.8 (22mm)
       地上風景部分 : 00:22 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
       星空部分 : 00:20 ISO5000、F3.2、固定撮影(20秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       山梨県・みずがき山自然公園にて


      ”夏の大三角” の高度が少し高くなってきたので、縦構図で撮りました。
      後で見ると、この日はシャクナゲを入れた星景写真ばかりですね。
      でもまあ、滅多に無いチャンスですから仕方がない気がします。

      地上風景の植物の緑色がどうもうまく調整できません。
      暗くて、RもBも情報量が無いのが原因だと思うのですが、でもどうしたら良いのか分かりません。

      またときどき風が吹いていたので、木立の枝がぶれてしまったようです。


       








      2019.06.06 Thursday

      さそりと木星、そして天の川

      0

        5/29の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。
        つつじを前景に入れて ”さそりと木星” を撮ったのですが、なかなか思ったように撮れませんでした。



        木星が見えるとアンタレスが隠れてしまう、、、


         2019/05/29、EOS 6D(RAW)、EF16-35 f2.8 (24mm)
         地上風景部分 : 21:57 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
         星空部分 : 21:56 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         山梨県・みずがき山自然公園にて


        つつじが咲いていたので、それを前景にして ”さそり” を撮りたかったのですが、、、。
        ”木星” が雲間に見えると、”アンタレス” が隠れてしまいます。
        どうして両方が雲間に見えてくれないのだろう。

        SCWの予報では、もうそろそろ星空が広がっても良い頃なのですがねえ。



        さそりと木星、そして天の川


         2019/05/29、EOS 6D(RAW)、EF16-35 f2.8 (28mm)
         地上風景部分 : 23:51 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
         星空部分 : 23:40 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         山梨県・みずがき山自然公園にて


        南側は最後まで雲が残っていましたが、もう一息です。
        空の透明度はイマイチだと感じたのですが、天の川が意外にもよく写りました。

        一方で地上風景の写りが良くないです。
        つつじが咲いているのですがねえ。
        明かりが欲しいです。



        さそりと木星、そして天の川


         2019/05/30、EOS 6D(RAW)、EF16-35 f2.8 (28mm)
         地上風景部分 : 00:07 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
         星空部分 : 00:06 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         山梨県・みずがき山自然公園にて


        場所を少し移動しました。
        先ほどよりは地上風景が少しは明るく写るようになりました。
        今まではそういうことは全く意識していませんでしたが、場所によっては気を配らないといけませんね。

        でも雲が湧いてきてしまいました。
        星景写真にはこういう雲も小道具として使えるのですが、撮影している時は気持ちがよいものではありません。
        あっという間に全天が雲で覆われてしまうことがありますからね。


         








        2019.05.31 Friday

        撮影風景と北天ぐる

        0

          5/7の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



          撮影風景と北天ぐる


           2019/05/08 02:22  EOS 6D(RAW) EF16-35 f2.8 (20mm)
           ISO1000、F5.6、固定撮影(300秒)、6枚を比較明合成
           山梨県・みずがき山自然公園にて


          ”北斗七星” の高度がだいぶ下がってきました。
          通常の星景写真を撮るには適当な地上風景がないので、私の星野写真の撮影風景を前景にして比較明合成で30分露光しました。
          「ぐるぐる」というには時間が短いので「ぐる」ぐらいですかね。

          比較明合成で仕上げると、星空の色合いが結構良い感じになることが多いです。
          これはISO感度を低くして撮影しているためでしょうか。

          焦点距離の短いレンズで撮影すると、日周運動がきれいな円形になりません。
          私は違和感を感じるので、できるだけ円形になるように画像を変形させています。



           








          2019.05.29 Wednesday

          昇ってきたカシオペアからはくちょうまで

          0

            5/7の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



            昇ってきたカシオペアからはくちょうまでの天の川


             2019/05/08  EOS 6D(RAW) F16-35 f2.8 (22mm)
             地上風景部分 : 01:36 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
             星空部分 : 01:36 ISO6400、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             山梨県・みずがき山自然公園にて


            ”カシオペア” が昇ってきました。
            ”カシオペア” から ”はくちょう” までの秋から夏の銀河(天の川)を主題にした星空写真です。
            でもまだ高度が低いので、天の川がはっきりしませんね。
            左端に見えている少し明るい星は ”北極星” です。



            昇ってきたカシオペアからはくちょうまでの天の川


             2019/05/08  EOS 6D(RAW) EF16-35 f2.8 (24mm)
             地上風景部分 : 03:06 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
             星空部分 : 03:05 ISO6400、F3.5、固定撮影(20秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             山梨県・みずがき山自然公園にて


            駐車場からも ”カシオペア” が見えるようになったので、ラストショットとして撮影しました。
            この付近の銀河(天の川)は意外と良く写り、色合いも青白っぽいのでとても好きです。

            合成が厄介な地上風景ではありますが、星空部分用の2枚の画像をコンポジットしてみました。
            画像は少しでもきれいなほうが良いですよね。


             








            2019.05.23 Thursday

            さそりと木星、そして天の川

            0

              5/7の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



              さそりと木星、そして天の川


               2019/05/08  EOS 6D(RAW) EF16-35 f2.8 (22mm)
               地上風景部分 : 01:12 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : 01:11 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               山梨県・みずがき山自然公園にて


              ”さそり” が立ち上がって、ちょうど良い姿形になりました。
              ”天の川” はまだ立ち上がってきていませんが、さそりはこのぐらいが一番好きです。

              横構図にして ”わし座のアルタイル” まで入れてみました。
              ”土星” も昇ってきましたが、”木星” の明るさに圧倒されて目立ちませんね。



              さそりと木星、そして天の川


               2019/05/08  EOS 6D(RAW) EF16-35 f2.8 (24mm)
               地上風景部分 : 01:48 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : 01:47 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置、2枚
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               山梨県・みずがき山自然公園にて


              ちょっと思いついて、星空部分用の2枚の画像をコンポジットしてみました。
              いつも使うのは1枚ですが、何かのときのために撮影は2枚しているのです。
              固定撮影なので星像はずれていますが、DSSで問題無くコンポジットできました。
              小さな画像ではよく分からないですが、画質は確実に良くなっています。

              でも合成が問題でした。
              コンポジットすると、星空用の画像の地上風景がブレるのですよね。
              まあ、当たりまえのことですが、、、。
              今回のような地上風景では、木々の細かい枝がどうしても不自然になってしまいます。
              でもまあ、今後のステップに関するヒントにはなったかと思っています。



              さそりと木星、そして天の川


               2019/05/08  EOS 6D(RAW) EF16-35 f2.8 (24mm)
               地上風景部分 : 02:11 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : 02:10 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               山梨県・みずがき山自然公園にて


              地上風景と星空の境界がもう少し単純な場合で、星空部分用の2枚の画像をコンポジットしてみました。
              このような地上風景なら何とかなりそうですね。
              なお、星空部分の画像は横方向に少しシフトさせています。
              管理棟のアンテナがわずかにずれてだぶってしまうからです。
              この部分が無ければそのような処理をしなくても目立たないでしょう。


               








              2019.05.21 Tuesday

              昇ってきた夏の大三角

              0

                5/7の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



                昇ってきた夏の大三角


                 2019/05/08  EOS 6D(RAW)、EF16-35 f2.8 (24mm)
                 地上風景部分 : 00:23 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
                 星空部分 : 00:22 ISO6400、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 山梨県・みずがき山自然公園にて


                ”わし座のアルタイル” がなかなか昇ってきません。
                少し待って、しっかり見えるようになってから撮影しました。

                星空が暗いのでISO感度を6400にして撮影しましたが、その選択はちゃっと失敗だったようです。
                5000と比べると、かなりノイジーになってしまいました。
                また周りには街灯などが無いので、地上風景はかなり暗いです。
                黒潰れは嫌いなので、こんな感じに仕上げましたが、ちょっと明るすぎた気もします。
                この場所での星景写真はなかなか奥が深くて難しいです。



                昇ってきた夏の大三角


                 2019/05/08  EOS 6D(RAW)、EF16-35 f2.8 (22mm)
                 地上風景部分 : 01:24 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
                 星空部分 : 01:22 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 山梨県・みずがき山自然公園にて


                ”夏の大三角” の高度も高くなってきて、夏の銀河(天の川)もよく見えるようになってきました。
                瑞牆山との位置関係も良い感じになってきて、この場所での定番の構図です。
                可愛い ”いるか座” も参加してくれています。

                人間の眼がもっと感度が高くて、暗くても色合いがよく分かるなら、こんなふうに見えるのでしょうかね?

                ときどきガサガサと音がするのですが、鹿でもいるのかもしれません。


                 








                2019.05.17 Friday

                対角魚眼レンズによる昇ってきた夏の銀河(天の川)

                0

                  5/7の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



                  昇ってきた夏の銀河(天の川)


                   2019/05/08  EOS 6D(RAW)  SIGMA  15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
                   地上風景部分 : 0:40 ISO1000、F2.8、固定撮影(240秒)、2枚
                   星空部分 : 0:40 ISO4000、F2.8、固定撮影(30秒)
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   山梨県・みずがき山自然公園にて


                  対角魚眼レンズを使って、”さそり” から ”夏の大三角” までの夏の銀河(天の川)を撮影しました。
                  地上風景を入れて星景写真として撮るには、夏の銀河(天の川)がまだ低いときに撮らなければなりません。
                  そうしないと ”こと座のベガ” が写野から出てしまうのですよね。

                  この場所は、さそり座やいて座の見える南側はそれほど暗くはありません。
                  甲府盆地の街明りだと思います。
                  それでもこの日は ”夏の銀河(天の川)” がよく見えました。

                  今回は星空部分にもディフュージョンフィルターを使わないで撮影しました。
                  時間的な余裕があまり無くて、あまり込み入った作業はしたくなかったからです。
                  できれば両方撮影してブレンドすると面白いのですが、、、。

                  対角魚眼レンズでは地上風景の湾曲が大きくなるので、CameraRawでのRaw現像時に歪みを少し抑えています。
                  また隅の星像が酷いので、少しトリミングしています。



                  昇ってきた夏の銀河(天の川)


                   2019/05/08  EOS 6D(RAW)  SIGMA  15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
                   地上風景部分 : 0:40 ISO1000、F2.8、固定撮影(240秒)、2枚
                   星空部分 : 0:56 ISO2000、F2.8、追尾撮影(120秒)、4枚
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   山梨県・みずがき山自然公園にて


                  星空部分の画像をポタ赤で追尾撮影したバージョンです。
                  4枚撮影してコンポジットしました。
                  小さい画像だと差が分かりにくいですが、ISO感度を下げていることもあってきれいですよね。

                  でも星空部分を追尾撮影すると、合成が厄介になります。
                  特に右端の木がとても邪魔でした。
                  あの手この手で処理しましたが、やはり不自然さが残っていますね(涙)。
                  もっと山に近づいて撮影すれば良かったです。


                   








                  2019.05.16 Thursday

                  さそりが昇ってくるのが待ちきれません

                  0

                    5/7の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                    この季節は、さそりが昇ってくるまでは星景写真として撮りたい対象があまり無いのですよねえ。
                    この場所は特に西側の空が明るくて、沈みゆく星座をうまく撮影できないので尚更です。



                    昇ってきたうしかいとかんむり


                     2019/05/07  EOS 6D(RAW)、EF16-35 f2.8 (24mm)
                     地上風景部分 : 20:50 ISO1600、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
                     星空部分 : 20:48 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     山梨県・みずがき山自然公園にて


                    ”うしかい” と ”かんむり” が東の空に昇ってきました。
                    このセットでよく撮影するのですが、どうも思ったように撮れません。
                    ディフュージョン・フィルターをもう少し強めのものにした方が良いのかなあ?

                    地上風景が暗いので、ISO感度を1600で撮影しました。
                    いつもは1000なのですが、暗部の黒潰れが少しは抑えられたような気がします。

                    階段の手前部分にシャクナゲがあるのですが、まだ咲いていませんでした。



                    昇ってきたこと座


                     2019/05/07  EOS 6D(RAW)、EF16-35 f2.8 (35mm)
                     地上風景部分 : 22:05 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
                     星空部分 : 22:04 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     山梨県・みずがき山自然公園にて


                    星景写真として撮る題材が無いので、昇ってきたばかりの ”こと座” を撮ってみました。
                    ズームレンズの焦点距離を一番長くしても35mmなのですが、もっと狭い写野で切り取りたかったです。
                    そんなこんなで、ただ単に撮ってみましたという状態になってしまいました(苦笑)。


                     








                    2019.05.12 Sunday

                    昇ってきたさそりと木星、そして天の川 (再)

                    0

                          昨日の記事の写真がどうも気に入らなくて、再処理しました。
                          撮影時のイメージにかなり近い感じにはなったと思います。
                          でもノーマルカメラなのに、天の川がどうしてこんなに赤いのでしょうね?
                          色合い調整はいつもと同じようにやっているのですが、、、。



                      5/7の晩に、山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                      暗くなるとすぐに星野写真の撮影を始めましたが、
                      この時期は星景写真を撮りたくなる対象があまりないのですよね。
                      ずっと待ち続けていて、さそりがやっと昇ってきました。



                      昇ってきたさそりと木星、そして天の川


                       2019/05/07  EF16-35 f2.8 (35mm)
                       地上風景部分 : 23:36 ISO1000、F3.5、固定撮影(240秒)、2枚
                       星空部分 : 23:35 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      やっと ”さそり” が昇ってきました。
                      まだしっぽの先は見えてきませんが、”木星” もだいぶ高くなったので、待ちきれずに撮影しました。

                      天の川のもくもくした様子が思った以上によく写ったので、ちょっとびっくりです。
                      さらにその色合いは赤みがとても強いです。
                      そんなわけで、いつも以上に星空の色合い調整に悩みました。
                      天の川はある程度赤っぽくしたいし、天の川でない領域は赤っぽくしたくないし、、、。
                      で、こんな感じに調整しましたが、まだ納得したわけではありません。

                      この日はトイレの照明が消えていたので、地上風景が寂しいです。
                      カラフルな小道具が欲しかったなあ。



                      昇ってきたさそりと木星、そして天の川


                       2019/05/07  EF16-35 f2.8 (26mm)
                       地上風景部分 : 23:50 ISO1000、F3.5、固定撮影(120秒)、2枚
                       星空部分 : 23:50 ISO5000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      駐車場より一段低いところにある公園の管理棟の横まで行って撮影してみました。
                      建物の灯りが少しあって、いつもの星景写真に近い感じになったかなあと思っています。

                      それにしても ”木星” の存在感に圧倒されますね。
                      ディフュージョン・フィルターをレンズの前に配置しているので、
                      星像が歪まないように構図の中心からあまり外さないようにしています。


                       








                      ▲top