星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.06.21 Thursday

昇ってきたカシオペア

0

    5/19の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



    昇ってきたカシオペア


     2018/05/20 02:18  EF16-35 f2.8 (20mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(30秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”カシオペア” がやっと昇ってきました。
    山があるのでなかなか全部の星が見えてこないのですよね。

    「女神像」をしっかり入れたかったので ”はくちょう座のデネブ” は諦めたのですが、中途半端に入ってしまいましたね(苦笑)。
    替わりと言っては何ですが、”ケフェウス” は五角形が切れていないか気をつけました。

    秋の銀河(天の川)がしっかり写っていて、空の状態はかなり良くなったようです。
    星空の色合い調整もあれこれ悩まずに出来ました。


     








    2018.06.18 Monday

    低くなった北斗七星

    0

      5/19の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



      大小の柄杓(ひしゃく)と女神像


       2018/05/19 23:44  EF16-35 f2.8 (18mm)
       地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
       星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(30秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      ”北斗七星” の高度がだいぶ低くなってきたので、「女神像」を真ん中にして大小の柄杓を撮りました。
      焦点距離をもう少し長くして切り出したほうが良かったですね。
      女神像の台座が中途半端に切れてしまうのが嫌だったので、そちらばかりに気がいってしまったようです。

      三脚を一番短くして見上げるような構図で撮っているので、ファインダーがとても覗きにくいです。
      この時に最も大事なことは、腰を痛めないように無理をしないことです。
      中腰は危険で、膝をついてさらに手で体を支えることを心掛けています。



      北斗七星と女神像と鹿鳴峡大橋


       2018/05/20 02:04  EF16-35 f2.8 (20mm)
       地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
       星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(30秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      ”北斗七星” がかなり低くなってきたので、「鹿鳴峡大橋」と一緒に撮ってみました。
      湖畔まで行くと橋の照明の映り込みが撮れるのですが、替わりに「女神像」を入れました。

      後で画像をよく見たら、”北極星” や ”子柄杓” のことを全く考えていませんでした。
      もう少し構図を何とかすれば入ったような気がしますね。
      薄明が始まるまで1時間を切って、あれも撮りたいこれも撮りたいと頭が一杯だったのだと思います。





      無題


       2018/05/20 02:55  EF16-35 f2.8 (20mm、F4.0)  固定撮影(240秒)
       EOS 6D RAW、ISO1250  山梨県・みずがき湖にて


      星景写真ではなく、撤収前に駐車場と星空の様子を撮影したものです。
      でもちょうど ”北斗七星” が写っていますね。

      駐車場の北側には車が並んでいて、小さなテントで寝ている人たちもいました。
      この日は車中泊の人ばかりで、星空写真の撮影は私ひとりでした。
      左側のうねうねした光は、(記憶に無いのですが)私が歩き回ったものでしょうかねえ?


       








      2018.06.12 Tuesday

      夏の銀河(天の川)

      0

        5/19の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



        夏の銀河(天の川)


         2018/05/20 23:57  EF16-35 f2.8 (18mm)
         地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
         星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        ”いて座” 付近から ”はくちょう座” 付近までの夏の銀河(天の川)です。
        右側に ”さそり座” の一部が見えていますが、左側は ”はくちょう座のデネブ” は入りませんでした。
        と言うか、最初から無理だと思っていたのですが、試してみれば良かったかなあ?

        私としては星景写真だと思っているのですが、この場所でこの構図は初めてでしょうか?
        地上風景は固定撮影したのですが、風が吹いていたので木々が揺れてしまってぼけぼけになってしまいました。



        傾いたさそりと夏の銀河(天の川)​


         2018/05/20 02:42  EF16-35 f2.8 (20mm)
         地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
         星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        ”夏の銀河(天の川)” がだいぶ立ってきました。
        ビジターセンターと一緒に撮ろうと思ったのですが、構図がなかなか決まりません。
        建物内にある常夜灯が直接見えないように撮影場所を選ばなくてはならないからです。
        後から思えば、湖畔まで出れば良い構図が見つかったかもしれませんね。
        これだけきれいな銀河(天の川)が見えていながら、勿体無いことをしてしまいました。


         








        2018.06.10 Sunday

        昇ってきたアンタレスと木星 他

        0

          5/19の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



          昇ってきたアンタレス、そして木星


           2018/05/19 22:49  EF16-35 f2.8 (28mm)
           地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
           星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          ”さそり座のアンタレス” が昇ってきたので、とても明るい ”木星” と一緒に撮りました。
          前景は「女神像」ですが、どちらが主役ですかね?

          星空部分を大きく入れると上のほうが散漫になってしまうので、思い切って地上風景を大きく入れています。
          この場所ではこのような構図がとれるのも面白いところです。



          昇ってきた夏の大三角と牡鹿像


           2018/05/19 23:29  EF16-35 f2.8 (23mm)
           地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
           星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          なかなか昇ってこない ”わし座のアルタイル” がやっと昇ってきました。
          両脇に星を従えているので、それらも見えるようになるまで我慢して待っていました。
          前景は「牡鹿像」です。

          この方向は低空が明るくていつも濁ったような発色になります。
          関東平野の街明りだと思うのですが、この日もそうでした。
          ”夏の銀河(天の川)” は肉眼でも微かに見えていました。


           








          2018.06.06 Wednesday

          沈みゆくしし

          0

            5/19の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



            沈みゆくししと女神像,牡鹿像


             2018/05/19 22:36  EF16-35 f2.8 (24mm)
             地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
             星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            この日の星景写真の1枚目です。
            ”しし” が沈みそうで、慌てて撮影しました。

            所々に薄雲が写っていることからも分かるように、この時間帯はまだ空の透明度があまり良くありませんでした。
            こういう空のときは、星空の色合い調整がどうもうまくできません(涙)。

            一方で地上風景は適度の明りがあるので絵作りが楽しくできます。
            このカラフルさが何とも言えません。
            地上風景がカラフルなので、星空の色合いの悪さがあまり気になりませんね。

            ただ時々強い風が吹くので、所々の木々がぶれてしまってぼけぼけになってしまいました。



            これで空が澄んでいたら、結構良い絵になったのですがねえ


             2018/05/14 23:33  EF16-35 f2.8 (28mm、F4.0)
             EOS 6D RAW ISO1250、固定撮影(240秒) 山梨県・みずがき山自然公園にて


            これは5/14の晩にみずがき山自然公園で撮影したものです。
            でも星景写真というよりも何となく撮ったものです(苦笑)。

            撮影中に下の道を車が走っていきました。
            ライトに照らされた様子がちょっと良い感じになったと思います。
            手前にあるつつじも何とか描写できています。
            これは誰かのライトに照らされたのかなあ?
            そうでないともっと暗くなるはずですが、覚えていないのですよねえ。
            これで空がもっと澄んでいたらなあ、とつい考えてしまいました。


             








            2018.05.29 Tuesday

            カシオペアが昇ってきました

            0

              5/14の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



              カシオペアが昇ってきました


               2018/05/15 02:39  EF16-35 f2.8 (20mm)
               地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


              ”カシオペア” が昇ってきました。
              夜半前には ”春の星座” が見えていたのに、明け方近くになると ”秋の星座” が見えてくるのですね。
              いつものように縦構図で ”はくちょう” 付近まで入れました。
              ”ケフェウス” も切れないように気を使いましたが、相変わらず目立たないですね。

              ”カシオペア” や ”ケフェウス” 付近の秋の銀河(天の川)はそれほど濃くはないのですが、写真には結構良く写ります。
              この日の空の状態でも何とか写ってくれました。

              地上風景は芝生広場への階段を入れてみました。
              ちょうど両側にシャクナゲやツツジが咲いているので、この季節ならではの星景写真になったようです。



              カシオペアが昇ってきました


               2018/05/15 02:53  EF16-35 f2.8 (24mm)
               地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


              ”カシオペア” がだいぶ昇ってきたので、構図を少し上向きに変えて再度撮影しました。

              ところどころに薄雲が湧くようになりました。
              空の状態のせいでしょうか?天の川の部分がいつになくシアン色が強いです。


               








              2018.05.26 Saturday

              昇ってきた夏の大三角

              0

                5/14の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



                夏の大三角が昇ってきました


                 2018/05/14 23:57  EF16-35 f2.8 (24mm)
                 地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                 星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                ”わし座のアルタイル” がやっと昇ってきました。
                今年最初の ”夏の大三角” です。
                ”冬の大三角” もそうですが、やはり昇ってくる時の姿のほうが良いですね。

                芝生広場の奥の一部がほんのり明るいのは肉眼でも何とか見えていました。
                でもその手前にツツジが咲いているのには気が付きませんでした。

                星空も地上風景もしゃきっとしませんねえ。
                星空は透明度がイマイチのせいです。
                地上風景はこれだけ暗いと、私の手法や露光条件では無理のようです。



                シャクナゲと夏の大三角


                 2018/05/15 00:35  EF16-35 f2.8 (23mm)
                 地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                 星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                駐車場と芝生広場の間の斜面に「シャクナゲ」が咲いていました。
                駐車場は少し明るいので、その明かりを借りて撮ってみました。

                やはりこの手の写真は難しいですね。
                右側にはツツジも咲いているのですが、暗くて分かりませんね。
                それに ”夏の大三角” と組み合わようとすると構図に制約が加わるので、なかなかこれだという前景が見つかりません。

                しばらく前に斜面にライトを当てて写真を撮っている人がいたのですが、こういう星景写真を撮っていたのかなあ?



                シャクナゲと夏の大三角


                 2018/05/15 00:53  EF16-35 f2.8 (23mm)
                 地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                 星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                構図を変えてもう1枚。
                シャクナゲがたくさん咲いている場所がありましたが、瑞牆山はほんの頭だけしか見えません。

                こういう星景写真を撮ろうとすると、ライトの明かりを借りたいという気持ちが分かりますね。
                今度どこかでこっそり試してみようかな?


                 








                2018.05.24 Thursday

                昇ってきたさそりと夏の銀河(天の川)

                0

                  5/14の晩に山梨県・みずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



                  木星と昇ってきたアンタレス


                   2018/05/14 21:44  EF16-35 f2.8 (35mm)
                   地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                   星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                  ”木星” はとても明るくて他の星々を圧倒しています。
                  ”さそり” の全形が昇ってくるのを待ちきれずに撮ってしまいました。
                  一応 ”アンタレス” が昇ってくるのを待ったので良いでしょう。

                  今夜は空の透明度がイマイチで、南側が明るいのも目に付きます。
                  こういう時の星景写真は、星空の色合い調整がうまくできません。
                  いつものように青っぽく仕上げて逃げてしまいました。

                  芝生広場の芝生も新芽が伸びてきて緑色になっています。
                  鹿のフンが良い肥料になっているのでしょうね(笑)。

                  とても明るい木星に対してディフュージョンフィルターを使って大丈夫かなと心配したのですが、思ったほど酷くはなりませんでした。
                  効果の弱いディフュージョンフィルターを使っているからかもしれません。
                  一応、あまり写野の隅に配置しないように気をつけましたけど。



                  さそりの全形がほぼ昇ってきました


                   2018/05/14 23:54  EF16-35 f2.8 (28mm)
                   地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                   星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                  ”さそり” の全形がほぼ昇ってきて、それと共に夏の銀河(天の川)も何とか肉眼で見えるようになってきました。
                  夏の銀河(天の川)を主体にして、”さそり” は右側に寄せています。
                  縦構図に拘っているので、”木星” は入れていません。
                  その代わりと言ってはなんですが ”土星” が入りました。

                  夜半近くになったので夜空はやや暗くなってきたような気がします。
                  しかし空の透明度はあまり変わらず、夏の銀河(天の川)もぼんやりとしか写りませんでした。



                  さそりと夏の銀河(天の川)


                   2018/05/15 00:20  EF16-35 f2.8 (24mm)
                   地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚
                   星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒) Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                  ”さそり” はこのくらいの姿勢が最もきれいだと思っています。
                  昇ってきた ”夏の銀河(天の川)” も主体にしたくて、横構図に変えました。

                  夜半を過ぎて星空は少し暗くなってきたような気がします。
                  でも空の透明度はあまり改善されず、夏の銀河(天の川)は肉眼ではうっすらと見える程度です。

                  中央やや左側の明るい星は ”土星” です。
                  その左下には ”火星” が控えているのですが、いつ頃見えてくるのでしょう?


                   








                  2018.05.14 Monday

                  4分露光の星景写真

                  0

                    5/4に長野県・海ノ口で撮影した星空写真です。

                    合成を前提にしないで星をほぼ点像に写そうとすると、ISO感度をかなり高くしなければなりません。
                    そうすると暗い場所では地上風景がかなりざらついてしまいます。

                    そこで頭を切り替えて、星を線状に写すことを選択すると、ISO感を下げることができます。
                    でも星空写真にあまり馴染のない人は、ちょっと違和感を感じるかもしれませんね。
                    フィルム時代には当たり前の手法だったのですが、、、。

                    なお4分という設定は特に意味はありません。
                    合成の場合の地上風景用の露光条件をそのまま使っただけです。



                    木星は明るいですねえ


                     2018/05/04 20:47  EF16-35 f2.8 (35mm、F5.6)  ISO1250  固定撮影(240秒)
                     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


                    ”木星” がだいぶ高度を上げてきました。
                    この付近は明るい星があまり無いので、木星の明るさが一際目立ちます。

                    低空が明るくて濁った色合いなのは関東平野の明かりのせいだと思っています。
                    だから全体的に青みを強くして逃げています。

                    4分間は待っていると意外と長いです。
                    そんな時に限って、鹿の声が聞こえてくるのですよねえ。



                    沈んでいくふたご


                     2018/05/04 21:03  EF16-35 f2.8 (35mm、F4.0)  ISO1250  固定撮影(240秒)
                     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


                    形の良い木立を配置して、沈んでいく ”ふたご” を撮影しました。
                    でももう少し早く撮りたかったですね。

                    星景写真を始めた頃は、地上風景の入れ方はほんの少しでした。
                    最近は半分以上も入れることもあります。
                    これなんか、ほとんど夜の風景写真ですよね。
                    星空部分のざらざら感はあまり気になりませんが、地上風景部分はとても気になります。
                    ノイズというよりも、暗部の諧調が乏しいのが要因なのかなと思っています。
                    ISO感度を低くしたので、地上付近を少し明るくしてもあまりざらざらした感じにはなりません。



                    うしかいとかんむりを撮りたかったのですが、、、


                     2018/05/04 21:13  EF16-35 f2.8 (20mm、F4.0)  ISO1250  固定撮影(240秒)
                     EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


                    大きな木を前景に ”うしかい” と ”かんむり” を撮りたかったのですが、、、。
                    あちこちで湧く雲に邪魔されてしまいました。
                    ”うしかい” と ”かんむり” のペアはよく撮るのですが、どうもうまく撮れないことが多いです。

                    このような構図の場合は、木立は根本まで入れたくなります。
                    でも暗いのでファインダーを覗いても全く分かりません。
                    試写をして構図を確認するのですが、人間の眼も感度を切り替えられると良いですね。

                    月が昇ってくるまであと1時間ほどありますが、これで切り上げることにしました。
                    風が強くて寒いし、夏の星座はまだまだ昇ってきませんから。


                     








                    2018.05.09 Wednesday

                    沈みゆく冬の大三角 他

                    0

                      5/4に長野県・海の口で撮影した星空写真です。



                      沈みゆく冬の大三角


                       2018/05/04 19:33  EF16-35 f2.8 (26mm、F5.6)
                       ISO3200、固定撮影(15秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                       EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


                      ”宵の明星” の次は ”冬の大三角”です。
                      ”おおいぬ座のシリウス” はすぐに見えてきましたが、思っていたよりもずっと高度が低いです。
                      上のほうを見ると ”こいぬ座のプロキオン” も見えていました。
                      でも肝心の ”オリオン座のベテルギウス” が見えません。
                      雲に隠れているのです。

                      少し粘っていたら雲間からちらっと顔を出してくれました。
                      八ヶ岳に掛かっている雲は段々と少なくなっていますが、ベテルギウスは高度を下げていくので、この後もあまりチャンスはありませんでした。
                      日没から1時間ほどしか経っていないので、空はまだ明るさが残っています。
                      山の稜線あたりに見えているのは山小屋の灯りだと思います。

                      地中風景を別撮りして合成してもうまくいかないように思われたので、1枚撮りにしました。
                      少し前方に撮影している方がいるのですが、全く分かりませんね。



                      街灯に照らされた木々​


                       2018/05/04 19:51  EF16-35 f2.8 (28mm、F4.0)  固定撮影(60秒)
                       EOS 6D RAW、ISO1250  長野県・海ノ口にて


                      これは夜の風景写真です。

                      街灯が木々をオレンジ色に染めていて、それが水面に映っています。
                      もっと良い雰囲気に見えたのですがねえ。
                      こういう情景はどうやって撮ったらいいのでしょう?

                      風が弱まるのを待ったのですが、風が止むことはありませんでした。
                      そしてこの時間帯はひっきりなしに飛行機が飛ぶので、何枚も何枚もボツにしました。



                      沈みゆくぎょしゃ


                       2018/05/04 20:24  EF16-35 f2.8 (35mm、F4.0)
                       ISO6400、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                       EOS 6D RAW  長野県・海ノ口にて


                      ほぼ薄明が終わった頃で、空がだいぶ暗くなりました。
                      でもまだ時間帯が早いので、この場所本来の暗さではありません。

                      ”ぎょしゃ” がこれから沈んでいこうとしています。
                      五角形の全ての星が見えているうちに撮影できて良かったです。

                      別荘の灯りを絵作りに使っています。
                      しかし、、、。
                      水面に映っている光は ”ぎょしゃ座のカペラ” だと思っていたのですが、どうも違いますね。
                      またまた、やらかしてしまいました(涙)。


                       








                      ▲top