星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.08.25 Thursday

沈みゆく夏の大三角

0

    7/30の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
    この日は「アストロフェス IN みずがき 2016」が開催され、星仲間たちときれいな星空を楽しむことができました。



    西の空に傾いた夏の大三角


     2016/07/31 03:02  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”夏の大三角” の高度が低くなってきて、星景写真としては構図がとりやすくなってきました。
    低空に雲が写っていますが、肉眼では気が付きませんでした。
    この程度なら星景写真としてはアクセントになって悪くはありません。



    沈みゆく夏の大三角


     2016/07/31 03:13  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”夏の大三角” 付近の天の川がとてもきれいだったので、もくもくも色合いもかなり強調してみました。
    ちょっとやり過ぎな気もしますが、これが20秒露光とは自分でも驚いています。

    ビジターセンター2階の西側のテラスから撮っていますが、この構図は初めてですね。
    そろそろ薄明が始まる時間です。
    もっと撮っていたかったですが、エネルギーが切れてきたので、これがラストショットになりました。



    あれから3週間ちょっと経って、次の新月期が近づいてきました。
    でも週間予報は曇りや雨のマークばかりです。
    迷走している台風10号の動きも気になりますね。


     








    2016.08.22 Monday

    昇ってきたヒアデス・プレアデス

    0

      7/30の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



      牡鹿像と昇ってきたヒアデス・プレアデス


       2016/07/31 02:42  EF24mm F1.4
       地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      薄明開始まであと30分ほどになりました。
      ”プレアデス星団(すばる)” に続いて ”ヒアデス星団” がやっと昇ってきました。
      青白いプレアデス星団(すばる)と、オレンジ色のアルデバランの対比がきれいですね。
      左側の低空には ”ぎょしゃ” が、上のほうには ”ペルセウス” が見えています。

      東の低空は街明り(関東平野か?)の影響で明るくて、色合いも濁った感じになってしまいます。
      それを補正したのですが、不規則な色ムラになってしまいましたね。
      星空写真は、街明りの影響は天敵なのです。



      女神像と昇ってきたヒアデス・プレアデス


       2016/07/31 02:55  EF24mm F1.4
       地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      夏とはいえ明け方近くになると、冬の星座たちが続々と昇ってきます。
      一番手は ”ぎゃしゃ” と ”おうし” の競り合いですが、まあ同着でしょうか?
      ここは山が少し迫っているので、オリオンはもう少し季節が進まないと見えないようです。

      女神が抱えている水瓶からは、水がしたたり落ちるような仕掛けがあるそうです。
      でも残念なことに、今は故障していて修理も不能だそうです。
      一度は見てみたかったですね。



      台風9号の接近で、八王子は大雨になりました。
      昼前後の3時間で100ミリ以上降ったようです。
      風も強くて、横殴りの雨でした。
      もっと大雨になったところもあるようで、被害が出なければ良いのですが、、、。


       








      2016.08.20 Saturday

      秋の銀河(天の川)

      0

        7/30の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



        女神像と秋の銀河(天の川)


         2016/07/31 02:17  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
         星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        ”カシオペア” から ”ペルセウス” にかけての秋の銀河(天の川)がきれいに見えていました。
        「女神像」と一緒に撮ったのですが、構図が窮屈になってしまいましたね。
        もう少し左側から撮るとバランスが良くなるのですが、女神が持っている水瓶が隠れてしまうのです。

        下の方の明るい星は ”ぎょしゃ座のカペラ” です。
        夏だというのに明け方近くになると冬の星座が昇ってくるのです。



        女神像と秋から冬にかけての天の川


         2016/07/31 02:26  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
         星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        左上から右下へ、秋から冬にかけての天の川が見えています。
        星座で言うと、”カシオペア”,”ペルセウス”,”ぎょしゃ” です。

        秋の銀河(天の川)は夏の天の川ほどは濃くはありませんが、肉眼でもみることができ、写真では暗黒帯の存在も分かります。
        色合いは青白いというのが私のイメージなので、そんな感じに仕上げています。

        アンドロメダ銀河や流星も写っていて、すごく得した気分です。
        この日はやぎ座流星群の極大日だったそうで、明るい流星をいくつか見ました。



        牡鹿像が見上げる秋から冬にかけての天の川


         2016/07/31 02:50  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
         星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        前景に牡鹿像を入れるときはいつも構図に苦労します。
        できれば全身を入れたいのですが、大きいのですよねえ。
        下側をどこで切ろうか悩みましたが、見上げる感じが表現できたでしょうか?

        この構図でペルセウス座流星群を撮りたかったです。


         








        2016.08.18 Thursday

        西の空に傾き始めた天の川

        0

          7/30の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



          女神像と西の空に傾き始めた天の川


           2016/07/31 02:08  EF24mm F1.4
           地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
           星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          天の川が天頂を通り過ぎて、西の空に傾き始めています。
          さそり座やいて座付近はもう見えなくなってしまったので、”夏の大三角” を主題にしました。
          前景には「女神像」に入ってもらい、ビジターセンターも少し入れてみました。

          夏の大三角付近の天の川がきれいに見えていたので、強めに仕上げて浮かび上がらせています。
          はくちょう座のデネブ付近にある ”北アメリカ星雲” もうっすらと写っていますね。

          星空に劣らず、地上風景もカラフルです。
          これはこの場所での星景写真の特徴の一つですが、私はとても気に入っています。



          牡鹿像と西の空に傾き始めた天の川


           2016/07/31 02:12  EF24mm F1.4
           地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
           星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          「女神像」から少し離れて「牡鹿像」にも入ってもらいました。
          もう少し時間が経って ”夏の大三角” の高度が下がってくると、もっと良い構図になりそうですね。

          いつも同じような写真ばかり撮っていますが、その日の空の状態によって写りや色合いなどは結構違うものです。
          また地上風景との配置が換われば雰囲気なども変わってきます。
          それに明るい流星などが流れてくれたらと期待しているのですが、、、。


           








          2016.08.17 Wednesday

          大小の柄杓(ひしゃく)

          0

            7/30の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



            鹿鳴峡大橋と女神像と大小の柄杓


             2016/07/30 23:07  EF24mm F1.4
             地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
             星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            ”北斗七星” が「鹿鳴峡大橋」のすぐ上まで下りてきました。
            この柄杓(ひしゃく)ならちゃんと水を汲めますね。
            一方の小さな柄杓(こぐま)は、逆さまなのでこぼれてしまいますね。

            前景に「鹿鳴峡大橋」と「女神像」を入れてみました。
            橋の照明の湖への映り込みが無いと雰囲気いが随分と違います。
            あれ?橋の照明が一つ消えていますね。


             








            2016.08.16 Tuesday

            牡鹿と女神とカシオペア

            0

              7/30の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
              この日は「アストロフェス IN みずがき 2016」が開催され、星仲間たちときれいな星空を楽しむことができました。



              牡鹿像とカシオペア


               2016/07/30 23:02  EF24mm F1.4
               地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
               星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              「牡鹿像」を大きく入れて、”カシオペア” と一緒に撮影しました。
              ”ペルセウス座の二重星団” や ”アンドロメダ銀河” が隠れてしまわないように気を使ったつもりでしたが、、、。
              二重星団は牡鹿の角に捕まってしまいましたね(苦笑)。

              秋の銀河(天の川)が写るほどきれいな星空でした。
              薄手のジャンパーを羽織っていたのですが、じっとしているとちょっと寒かったです。



              女神像とカシオペア


               2016/07/30 23:19  EF24mm F1.4
               地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
               星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              ”カシオペア” 付近の秋の天の川が見えています。
              天の川に対して女神像をどのように配置しようか悩みましたが、消去法でこの構図になりました。
              女神像を天の川の左側に配置すると、天の川が窮屈になってしまうのですよね。

              秋の銀河にもうねうねと暗黒帯が存在しているのが分かりますね。
              これがしっかり写る時は、空の状態がかなり良い時です。

              右のほうに ”アンドロメダ銀河” が見えています。
              上のほうに ”ケフェウス座” が見えているのですが分かるでしょうか?
              ギリシャ神話では古代エチオピアの王なのですが、星座としては存在感が薄いですよねえ。


               








              2016.08.10 Wednesday

              痛恨の構図ミス

              0

                7/30の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
                この日は「アストロフェス IN みずがき 2016」が開催され、星仲間たちときれいな星空を楽しむことができました。


                ビジターセンターと西の空に傾き始めた天の川


                 2016/07/31 02:01  EF24mm F1.4
                 地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
                 星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                少し星景写真を撮った後で、しばらくビジターセンターの2階で星仲間といろんな話をしていました。
                そして薄明が始まるまであと1時間たらずになったので、撮影を再開しました。

                天の川が天頂を通り過ぎて、西の空に傾き始めています。
                ビジターセンターを斜めから見た構図で撮ったのですが、後で大失敗したことに気が付きました。
                もう少し右に向けていれば ”こと座のベガ” が入ったのですね。
                写真ではベガの光の滲みがわずがに写っています。

                ファインダーではアルタイルとデネブが見えていた記憶があります。
                それなのに、どうしてベガに頭が行かなかったのでしょう?
                少し(かなり?)疲れていたかなあ?
                構図のチョンボさえなければ、この日のベストショットなのですがねえ。


                 








                2016.08.07 Sunday

                アストロフェスの晩の天の川

                0

                  7/30の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
                  この日は「アストロフェス IN みずがき 2016」が開催され、星仲間たちときれいな星空を楽しむことができました。

                  あれからもう1週間が経ったのですね。
                  星景写真を少し撮っていたのですが、処理がなかなか進むませんでした。
                  今まで取り入れていなかった処理を加えてみたのですが、どうもしっくりいかず、試行悪後を繰り返していたのです。
                  で、何とか仕上げた1枚がこれです。


                  ビジターセンターと立ち昇った天の川


                   2016/07/30 23:24  EF24mm F1.4
                   地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
                   星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                  この日のビジターセンターは2階にもほのかな灯りが灯っています。
                  立ち昇った天の川と一緒に撮ろうと思ったのですが、なかなか構図が決まりません。
                  1階の常夜灯が直接見えない位置から撮りたいのです。
                  何度も場所を移動してみましたが、最後は疲れていたこともあって、これでいいやとなってしまいました。

                  ”さそり座” は建物に隠れてしまっていて、近くにいる土星だけが見えています。
                  ”いて座の南斗六星” が辛うじて見えていますね。
                  上のほうの明るい星は ”わし座のアルタイル” です。

                  7/10の晩には及ばないものの、かなりきれいな天の川を見ることができました。
                  午後には通り雨もあって、星空はほとんど諦めていたのですよねえ。


                   








                  2016.08.04 Thursday

                  女神像と昇ってきたすばる

                  0

                    7/9の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



                    女神像と昇ってきたすばる


                     2016/07/10 02:49  EF24mm F1.4
                     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
                     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                    そろそろ薄明が始まる時間ですが、東の空から ”すばる(プレアデス)” が昇ってきました。
                    もう冬の星座が昇ってくるのですね。
                    ”おうし” と ”ぎょしゃ” が一番手を競いますが、地上風景によって勝ち負けが決まるようです。

                    秋の銀河(天の川)に沿って ”ペルセウス” と ”カシオペア” が見えていて、”アンドロメダ銀河” も写っています。

                    これがこの日のラストショットとなりました。
                    駐車場に戻ってみると、思ってもみなかったサプライズが!


                     








                    2016.08.02 Tuesday

                    立ち昇った天の川

                    0

                      前回の新月期の7/9の晩に、山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
                      この日の夜半後はとても素晴らしい星空になり、びっくりするほど濃い天の川を見ることができました。

                      7/30の晩にも星景写真を少し撮ったのですが、7/9の晩に撮ったものがまだ残っているので、そちらを先にご紹介させて頂きます。



                      ビジターセンターと立ち昇った天の川


                       2016/07/10 01:29  EF24mm F1.4
                       地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
                       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                      ビジターセンターを前景に、立ち昇った夏の銀河(天の川)を撮ってみました。
                      ”いて座”,”たて座”,”わし座” 付近の天の川です。
                      天の川の最も濃い部分は建物に隠れていますが、それでももくもくした天の川の様子が描写できたと思います。

                      ”わし座” や ”たて座” 付近の天の川は、中央に縦に暗黒帯があって、天の川が2本に分かれて見えます。
                      その暗黒帯は ”いて座” の少し上あたりで右側に大きく広がって、片側の天の川を隠してしまいます。
                      そして ”いて座” 付近では、隠された天の川が復活します。
                      この辺りは ”天の川銀河” の中心方向にあたるので、天の川がとても濃くて明るいです。
                      屋根のすぐ上にバンビがいるのが分かりますでしょうか?



                      女神像とビジターセンターと立ち昇った天の川


                       2016/07/10 02:37  EF24mm F1.4
                       地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
                       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                      薄明の始まりが近づいてきましたが、この時期は本当に夜が短いですね。

                      立ち昇った夏の銀河(天の川)も少し西に寄ってきました。
                      そのお蔭で、ビジターセンターの手前に「女神像」を配置することができるようになりました。
                      時間の経過と共に、構図がだんだんと変わっていくのが面白いですね。

                      私は構図を予めイメージして撮影に臨むことはあまりしません。
                      というか、できないのですよね。
                      だから、その場でこの組み合わせは面白いなと感じたものを撮るというスタイルでやっています。



                      牡鹿像とビジターセンターと立ち昇った天の川


                       2016/07/10 02:43  EF24mm F1.4
                       地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
                       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                      今度は「女神像」の代わりに「牡鹿像」に参加してもらいました。

                      この夜は天の川がとてもよく見えました。
                      雨上がりで空がきれいだったのと、低い雲が甲府盆地の街明りをかなり遮ってくれたためだと思います。

                      右端に明るい星があるので何だろうと思ったら、へびつかい座のα星で2等星でした。
                      意外と目立ちますね。


                       








                      ▲top