星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.09.05 Wednesday

やっとオリオンが昇ってきました

0

    8/17の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



    なかなか昇ってこないオリオン


     2018/08/18 03:02  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    最後は ”オリオン” が昇ってくるところを撮ろうと思っていました。
    ”プレアデス星団(すばる)” と ”ヒアデス星団” に続いて ”オリオン” が少しだけ姿を見せ始めました。
    低空は相変わらず薄雲がたなびいています。

    東屋のところにテントの灯りがあります。
    これを小道具に使おうと思ったのですが、明るすぎて駄目でした。



    やっと昇ってきたオリオン


     2018/08/18 03:36  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
     星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン” の最後の星(左下の星、サイフ)がやっと昇ってきました。
    待っているとなかなか昇ってこないのですよねえ。
    ほぼ薄明が始まる頃でしょうか?

    東側の山から少しでも離れようと、駐車場の裏手辺りで撮影しています。

    これがこの日のラストショットでした。


     








    2018.09.03 Monday

    夏の大三角を主題にした星景写真

    0

      8/17の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



      女神像,牡鹿像と夏の大三角


       2018/08/18 01:07  EF16-35 f2.8 (19mm)
       地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
       星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(25秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      ”夏の大三角” の高度が星景写真を撮るにはちょうど良い塩梅になってきました。
      前景に「女神像」と「牡鹿像」を入れて構図をとります。
      ビジターセンターの室内の常夜灯を牡鹿像で隠しています。

      でも薄雲がだいぶ広がってきてしまいました。
      出かける前に見たSCWでは夜半過ぎると雲が広がってしまう予報だったのですよね。
      この後、いったん駐車場に戻りました。



      再び夏の大三角


       2018/08/18 02:14  EF16-35 f2.8 (24mm)
       地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
       星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(25秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      薄雲がだいぶ広がってきたので、そろそろ帰ろうかと思ったのですが、、、。
      viewru3103さんと少し話をしていたら、薄雲が少なくなってきました。
      そこでまた女神像の辺りまで出かけました。

      女神像のところで撮影をしていると誰かがやってきました。
      川上村で撮影していたそうですが、農作業のライトが付いたのでこちらへ来たそうです。
      その人が女神像とカシオペア辺りの天の川を撮っているところを撮影したものです。
      気が付いた時にはもう帰られていました。
      イメージ通りの写真が撮れたでしょうかね?



      ビジターセンターと夏の大三角


       2018/08/18 02:28  EF16-35 f2.8 (24mm)
       地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
       星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(25秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      少し場所を変えて、”夏の大三角” をしつこく撮っています。
      なかなか「これだ!」というものが撮れないのですよねえ。


       








      2018.08.30 Thursday

      女神像とカシオペア

      0

        8/17の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



        女神像とカシオペア


         2018/08/18 00:53  EF16-35 f2.8 (23mm)
         地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
         星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(25秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        「女神像」を前景に ”カシオペア” を撮ったのですが、構図には意外と悩みました。
        まず女神像の向きを決めて、星空の左側をどこまで入れるかを考えます。
        今回は左端にちょっと明るい ”北極星 ” を配置しました。
        昇ってきたばかりの ”ぎょしゃ座のカペラ” に気をとられて、上側の ”アンドロメダ銀河” の入れ方が中途半端になってしまいました。
        もう少しカメラを上向きにすべきでしたね。

        女神像が緑色なのは、ビジターセンターの室内の常夜灯のためです。
        そのために女神像は向きによって色合いが違っています。

        薄雲がだいぶ広がってきてしまって、星空の色合いがまだらになtってしまいました。
        少し黄色っぽい部分が薄雲がある領域ですね。



        女神像とカシオペア


         2018/08/18 00:53  EF16-35 f2.8 (23mm)
         地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
         星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(25秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        ”カシオペア” の高度がだいぶ高くなってきたので、もう一度「女神像」を前景に撮りました。
        左側に ”小さな柄杓” を入れたのですが、どうでしょう?

        25秒の固定撮影ですが、”秋の銀河(天の川)” が良い感じに写りました。
        薄雲の影響はありますが、地平高度の高いところは透明度もまあまあ良かったです。


         








        2018.08.26 Sunday

        火星を主題にした星景写真 その2

        0

          8/17の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。
          前々回の記事でもご紹介しましたが、火星を主題にした星景写真をもう少し撮りました。



          牡鹿も火星を見ているのかな?


           2018/08/18 00:27  EF16-35 f2.8 (28mm)
           地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
           星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          ”火星” の高度が低くなってきたので、思い切って「牡鹿像」を大きく取り入れてみました。
          牡鹿が火星を見ているような構図を狙ってみましたが、どうでしょう?

          南側の空は明るいので、地上風景も明るめに仕上げています。
          相変わらず低空には薄雲がたなびいていますね。
          この程度の雲は星景写真には雰囲気作りに良いのですが、撮影中は雲が広がってこなければいいなあと心配でした。



          女神像と火星


           2018/08/18 00:41  EF16-35 f2.8 (35mm)
           地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
           星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          「女神像」と ”火星” のツーショットです。
          火星が水瓶の口の近くにいると良かったのですがねえ。
          その他にもいろいろと制約があって、ちょっと消化不良の構図になってしまいました。

          三脚を最も短くして、見上げるように撮っています。
          ファインダーがとても覗き難くいのですよねえ。
          腰を痛めないように、ゆるゆると動くことを心掛けています(苦笑)。


           








          2018.08.24 Friday

          牡鹿像と昇ってきたカシオペア

          0

            8/17の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。



            牡鹿像と昇ってきたカシオペア


             2018/08/17 22:20  EF16-35 f2.8 (20mm)
             地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
             星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(25秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            カシオペア” が見えたので、反射的に撮ってしまいました(苦笑)。

            前景は「牡鹿像」で、これは選択の余地はほとんどありませんでした。
            左端に ”北極星” を入れて、右側は ”アンドロメダ銀河” をしっかり入れて、、、。
            ”ケフェウス” のことはすっかり忘れていましたが、何とかぎりぎり入っていました。
            でも結果的にはとっても散漫な構図になってしまいましたね(苦笑)。

            背景の山よりも牡鹿像のほうがフォーカスが合っています。
            これはフォーカスが少しずれているのでしょうか?それとも少し風があったので山の木々がブレているのでしょうか?



            1枚だけでは寂しいので、もう1枚を加えて合わせ技という事で。


            夏の大三角


             2018/08/18 00:10  EF16-35 f2.8 (18mm)
             地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
             星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(25秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            ”夏の大三角” はまだ高度が高いのですが、いつ曇ってしまうか分からなかったので撮影しました。
            ズームレンズの焦点距離を短めにして、「女神像」と「ビジターセンター」を入れた構図にしました。

            肉眼では分からなかったのですが、低空には薄雲があります。
            低空の銀河(天の川)がよく見えなかったのは、このせいもあったようです。
            星空の色合い調整がなかなか決まらず、結果的には少し赤みのある色合いに落ち着きました。
            これも薄雲の影響ですかね?

            25秒の固定撮影では夏の銀河(天の川)の写りが心もとないので、少し炙り出してやりました。


             








            2018.08.20 Monday

            火星を主題にした星景写真

            0

              8/17の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。

              火星は地球大接近を少し過ぎたとはいえ、-2.5等とまだまだ明るくて存在感が半端無いです。
              そこで火星を主題とした星景写真を撮ろうと思ったのですが、良いアイデアが浮かばずに、ただ撮っただけになってしまいました(苦笑)。



              女神像と夏の銀河(天の川)、そして火星


               2018/08/17 22:05  EF16-35 f2.8 (25mm)
               地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              この日の星景写真の1枚目です。
              半月ほどの月があと30分ほどで沈むのですが、待ちきれずに撮影を始めました。
              この場所は地上風景がほどよく暗く、街灯などの灯りもカラフルで、星景写真をとても楽しむことができます。

              「女神像」と ”火星” と ”土星” を撮りたかったのですが、土星はちょっと目立ちませんね。
              そして思った以上に ”夏の銀河(天の川)” がよく写ってくれました。

              女神像をもう少し右に配置したかったのですが、道路の向こうのプレハブが写り込んでしまうので断念しました。
              空の色合いはイメージ優先で青みを強く仕上げています。



              火星と土星のツーショット


               2018/08/17 22:49  EF16-35 f2.8 (35mm)
               地上風景部分 : ISO1000、F3.2、固定撮影(240秒)、2枚
               星空部分 : ISO6400、F3.2、固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              ”火星” と ”土星” のツーショットを、ズームレンズの焦点距離を伸ばして撮りました。
              こういう写真は地上風景が入ったほうが面白いと思っています。
              でもツーショットと言うには火星が明るすぎて、土星がちょっと可哀想ですね。

              火星の上あたりに少し薄雲があったようです。
              肉眼ではよく分からない程度ですが、これが空の透明度を少し落としている要因だったのかもしれません。

              焦点距離が35mmなので、20秒の露光時間でも星の流れがちょっと気になりますね。
              せめて15秒、欲を言えば10秒でしょうか?
              でもそれをするには、もう一工夫も二工夫も必要です。

              これももう少し右に向けたかったのですが、いろいろな事情で、、、。


               








              2016.09.20 Tuesday

              夏の大三角、ついつい撮ってしまいます

              0

                8/31の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                この日のラストショットは「夏の大三角」を入れた星景写真でした。
                これは(私の)定番の星景写真のひとつで、気が付けばこの日もたくさん撮っていました。



                夏の大三角と管理棟


                 2016/09/01 01:41  EF24mm F1.4
                 地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
                 星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                駐車場から一段下りて、管理棟を前景に撮ってみました。
                内部にほんのりとした明りのある建物を前景にした星景写真はとても好きです。
                でも道路に沿って柵があるので、なかなか適当な構図が見つかりませんでした。
                電気柵は通電しているかは不明ですが(念のため)触れないように注意しました。

                右側に見える白い柱には何か文字が書かれているようです。
                今度明るいうちに行ったときに見てみましょう。



                夏の大三角とスクランブル発進した星屋さんたち


                 2016/09/01 02:14  EF24mm F1.4
                 地上風景部分 : ISO1600、F2.8、固定撮影(120秒)
                 星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                一段高い場所から駐車場を前景に入れてみました。
                この日は平日にもかかわらず6人ほどが撮影に来られました。
                初めてお会いした人ばかりでしたが、撮影の合間にいろいろお話をさせて頂き、とても楽しかったです。


                 








                2016.09.19 Monday

                カシオペアとケフェウス付近の銀河(天の川)

                0

                  8/31の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                  秋の銀河(天の川)をしっかり写したかったので、ポタ赤で追尾撮影しています。
                  そして地上風景が真っ黒に潰れてしまったので、別処理してマスクを使って合成しています。


                  カシオペアとケフェウス付近の銀河(天の川)


                   2016/08/31 22:32  EF24mm F1.4→4.0  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置
                   ISO3200、追尾撮影(120秒)、2枚をコンポジット  地上風景部分は1枚を別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                  ”カシオペア” の高度がだいぶ高くなって、”ペルセウス” も半分ほど見えてきました。
                  この付近の秋の銀河(天の川)はなかなか見応えがあります。
                  さそり座やいて座付近の天の川は黄色味が強いですが、このあたりは青白くてとてもきれいです。

                  ギリシャ神話では、”ケフェウス” が古代エチオピアの王で、”カシオペア” が妃です。
                  ケフェウスは星座としても存在感はちょっと薄いですが、撮影したい対象がたくさんあってとても楽しい領域です。
                  ”アンドロメダ銀河” は肉眼でも存在がわかり、広角レンズでもこれだけ写ります。


                   








                  2016.09.15 Thursday

                  昇ってきたプレアデスとヒアデス、そしてぎょしゃ

                  0

                    8/31の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



                    昇ってきたプレアデスとヒアデス、そしてぎょしゃ


                     2016/09/01 01:19  EF24mm F1.4
                     地上風景部分 : ISO1600、F2.8、固定撮影(120秒)
                     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                    冬の星座の一番手として、”おうし” と ”ぎょしゃ” が昇ってきました。
                    ぎょしゃ付近が少し明るいのは冬の銀河(天の川)です。
                    そしてプレアデスとの間が少し暗いのは暗黒帯(分子雲)だと思います。
                    20秒の露光時間でこんなものまで写ってしまうとは、、、。

                    芝生広場でテントを張っている人がいました。
                    画像処理して気付きましたが、望遠鏡が設置されていますね。



                    昇ってきたプレアデスとヒアデス、そしてぎょしゃ


                     2016/09/01 01:23  EF24mm F1.4
                     地上風景部分 : ISO1600、F2.8、固定撮影(120秒)
                     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                    今度は縦構図で撮ってみました。
                    星空はたくさん入りますが、地上風景でのポイントだったテントが入らなかったのが残念ですね。

                    星空の中央付近に ”カリフォルニア星雲” がうっすらと写っているのに気が付きました。
                    星空部分を追尾撮影してみたいですね。

                    私の星景写真も随分と変わってきました。
                    最初は目で見た感じの描写に近かったのですが、だんだんとはっきりくっきり志向になり、今に至っています。
                    人によって追い求める方向が違うのは当たり前で、その多様性がお互いの刺激になっているように感じています。
                    それにしてもデジイチの潜在能力の高さにはいつも驚かされますね。


                     








                    2016.09.12 Monday

                    星景写真 夏の大三角

                    0

                      8/31の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。
                      この日は ”夏の大三角” 付近の天の川がとてもきれいに見えていました。


                      夏の大三角


                       2016/09/01 01:02  EF24mm F1.4
                       地上風景部分 : ISO1600、F2.8、固定撮影(120秒)
                       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      この写真の1時間ほど前にも撮ったのですが、星景写真として撮るには地平高度がまだ高かったです。
                      そこでしばらく待ってから撮り直したのがこれです。
                      やはり星景写真は地面を入れると安定感が出ますね。

                      ときどき風が吹いていたので、枝や葉が揺れてしまいました。
                      さらに木立のマスクがうまく作れずに、あれこれ誤魔化したのですが、駄目ですね。



                      夏の大三角


                       2016/09/01 01:33  EF24mm F1.4
                       地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
                       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      一度はチャレンジしてみたいと思っていた構図です。
                      照明がかなり明るいので無理かなあと思っていましたが、何とかなりました。
                      これは地上風景部分と星空部分を別処理して合成する手法が無かったら撮ってみようと思わなかったですね。

                      照明によって、木々や地面(芝生)が照らされているのが良いですね。
                      私はこういう星景写真が好きです。

                      地上風景がインパクトが強いので、星空もそれに負けないように ”夏の大三角” を選びました。
                      もう少し早く撮ったほうが良かったようで、”わし座のアルタイル” が木々に隠れそうになってしまいました。


                       








                      ▲top