星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2016.12.10 Saturday

葉が落ちて

0

    11/25の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



    冬の大三角


     2016/11/26 03:31  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、cokin Diffuser Light Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     トリミング : 97.5%×97.5%  EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    この日のラストショットです。
    駐車場に戻る途中で良い感じの風景に出会いました。
    クリスマスのような雰囲気を感じませんか?

    紅葉シーズンが終わって木々が落葉しました。
    そのために、地上風景部分と星空部分の合成のためのマスク作りがとっても厄介になりました。
    この写真の場合は、あの手この手で誤魔化しています(苦笑)。

    また今まで葉が隠してくれていた街灯の明りが目立つようになりました。
    例年より目立つような気がするのですが、気のせいでしょうか?
    星景写真の場合は、これはこれで面白いと思っています。
    でも星野写真の場合は、駐車場での機材の設置場所に注意したほうが良いですね。
    私は車で影を作って、そこに機材を設置するようにしています。



    オリオンとヒアデス星団,プレアデス星団


     2016/11/26 03:23  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、cokin Diffuser Light Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     トリミング : 97.5%×97.5%  EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    冬の星座たちが西の空に移ってきて、”オリオン” と ”おうし” を一緒に撮れるようになりました。
    でも24mmレンズだと横方向がぎりぎりなのですよね。
    ファインダーでははっきり見えないので、いつも試写をして構図を調整しています。

    手前に写っている白い柵がとても気に入っています。
    3ヶ所ほど柵が無いところがあって、そこから湖側に出られるようになっているのです。


     








    2016.11.30 Wednesday

    鹿鳴峡大橋の照明が直ったけど、、、

    0

      11/25の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

      鹿鳴峡大橋の照明が湖面に映る様子がとても面白くて、ここでの星景写真の定番になっています。
      写り込みは風の有無や水位などの影響を受けて、日によって違った姿を見せてくれます。



      鹿鳴峡大橋とカシオペア


       2016/11/26 01:43  EF24mm F1.4
       地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、cokin Diffuser Light Filter をレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       トリミング : 97.5%×97.5%
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      右から3番目の照明がしばらく消えていたのですが、直ったようです。
      でも何だかちょっと以前とは違うような気がします。
      何だろう?
      あれ?色がオレンジっぽくて、他よりかなり明るいですね。
      そして改めて気が付いたのですが、右端の2つは他より少し明るいのですね。
      でもこれは以前の写真をチェックしたら、前からでした。



      2016.11.04


      これは照明が1つ消えていたときの写真ですが、、何だか間が抜けたようですね(笑)。



      2016.01.10


      これは以前の状態です。
      照明の色が対称になっていて、きれいですよね。

      この日の映り込みは他の日とちょっと違っていましたが、風の影響ですかね。

      こうして見直してみると、この頃の写真のほうが照明や写り込みの色合いがきれいに表現できていますね。
      実は、最近は地上風景の暗い部分の写りを良くしようと露光時間をかなり長くしているのです。
      だから明るい部分は白飛び状態になっているのですよね。
      この構図では露光時間を見直したほうが良いですね。


       








      2016.11.27 Sunday

      最後はやはり冬の大三角ですね

      0

        11/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
        長く続いていましたが、これで最後です。
        最後を飾るのはやはり「冬の大三角」ですよね。



        女神像と冬の大三角


         2016/11/04 02:51  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
         星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        ”冬の大三角” がほぼ南中した頃です。
        この構図だと、女神像は後ろ姿のほうが合っているように思えます。
        もしこちらを向いていたら、撮影する方がちょっと恥ずかしいかも、、、。

        世の中が寝静まっている時間帯になると、星空がとてもきれいになります。
        そんな時に暗闇でごそごそ写真を撮っているなんて、かなり怪しい趣味ですね(苦笑)。



        牡鹿像と冬の大三角


         2016/11/04 03:00  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
         星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        後ろ姿の女神像の次は、後ろ姿の牡鹿像です。
        でもこの牡鹿像はかなり大きいので、全身が入りきりません。
        星景写真を撮っていると、どんどんと写野の広いレンズが欲しくなるのですよね。



        牡鹿像とおおいぬ


         2016/11/04 03:09  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
         星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        で思い切って、”おおいぬ” だけにしてみました。
        これなら牡鹿像が全部入ります。
        でもこれって星景写真と言えるかなあ?(苦笑)


         








        2016.11.26 Saturday

        高度を下げてきたカシオペア

        0

          11/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



          鹿鳴峡大橋とカシオペア


           2016/11/04 02:39  EF24mm F1.4
           地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
           星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          ”カシオペア” の高度がだいぶ低くなってきて、主役の位置に収まりました。
          一応 ”ケフェウス” と ”カシオペア” のツーショットなのですが、、、。

          湖岸まで行って撮影しています。
          鹿鳴峡大橋の照明が1つ消えているので、何だか間が抜けたようですね(笑)。
          ときどき雲が湧いています。
          低空が赤っぽいのは、そのあたりが水蒸気が多いからでしょうかね?



          女神像とカシオペア


           2016/11/04 03:19  EF24mm F1.4
           地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
           星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          星空写真を撮っていると、日周運動で星空が移り変わっていくのが実感できます。
          でも決して地球が回っているとは感じません。

          ”カシオペア” がかなり低くなってきました。
          ケフェウスとのツーショットではなく、ペルセウスとのツーショットですね。
          秋の銀河(天の川)も良く見えています。

          ときどき雲が湧きますが、不思議な色合いに染まっていますね。
          この日は、みずがき山自然公園はここよりも不安定な天気だったようです。


           








          2016.11.25 Friday

          昇ってきた冬の大三角

          0

            11/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



            昇ってきた冬の大三角


             2016/11/04 01:14  EF24mm F1.4
             地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
             星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            女神像や牡鹿像より少し東寄りに移動して撮っています。
            地上風景がオレンジ色に染まっているのは、トンネル手前の照明のためです。
            増富ラジウム温泉へはこのトンネルを通って行きます。

            この日はこのあたりまで来ると鹿が良く鳴くように感じられました。



            昇ってきた冬の大三角


             2016/11/04 01:23  EF24mm F1.4
             地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
             星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            上の写真よりさらに奥の方へ行って撮ってみました。
            このあたりで撮影することはあまりないこともあって、なんだか落ち着きません。
            地上風景用の画像を撮影する5分間がとっても長く感じました。
            でもいつもと違う星景写真を撮るには、あれこれチャレンジしないと駄目ですよね。


             








            2016.11.22 Tuesday

            紅葉狩り (続)

            0

              昨日の続きです。
              八王子の「夕やけ小やけふれあいの里」の紅葉です。




















              カラフルさに魅せられて、同じような写真をたくさん撮ってしまいました。
              紅葉はやはり晴天が良いですね。


              これで今年の紅葉は終わりでしょうかね。
              ちょうど新月期が始まるのですが、どうも天気がすっきりとしません。
              週間予報も雨マークや曇りマークが並んでいます。


               








              2016.11.20 Sunday

              沈みゆくペガスス

              0

                11/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



                沈みゆくペガスス


                 2016/11/04 01:07  EF24mm F1.4
                 地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
                 星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                ”ペガススの四辺形” が西側の山にだいぶ近づいてきました。
                形がとてもきれいな四角形です。
                その上に ”アンドロメダ座” が続いているのですが、星の並びはちょっと分かりづらいですね。
                でも ”アンドロメダ銀河” は分かりますよね。

                ビジターセンターの向こう側が緑色なのは、街灯の影響だと思います。
                女神像や牡鹿像よりもさらに奥(東側)から撮っています。
                この日はこのあたりまで来ると鹿が良く鳴くのですが、警戒されているのですかね?


                 








                2016.11.19 Saturday

                カシオペアとケフェウス

                0

                  11/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
                  今日の主題は「カシオペア」と「ケフェウス」ですが、どうしても扱いが偏ってしまいますね。



                  女神像とカシオペア


                   2016/11/04 00:49  EF24mm F1.4
                   地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
                   星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                  女神像を見上げるようにして ”カシオペア” とのツーショットを撮りました。
                  ”アンドロメダ銀河” も ”ペルセウス座の二重星団” もちゃんと入っています。
                  さらに今にも沈みそうな ”はくちょう座のデネブ” もなんとか入れました。
                  こういうのって、構図を調整しているうちに沈んでしまうことが多いのですよね。



                  鹿鳴峡大橋とカシオペア


                   2016/11/04 00:58  EF24mm F1.4
                   地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
                   星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                   地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                   EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                  上の写真を撮った後で少し移動して、鹿鳴峡大橋を前景に撮りました。
                  あれ?まだ照明が1つ消えたままですね。 (その後、直ったそうです。)
                  そして照明の湖面への映り込みが、木立?で少し隠れてしまいましたね。
                  ”ペルセウス座の二重星団” をがぎりぎりでも入れたかったので、縦方向の構図決めに気をとられていたようです。

                  これは湖岸ぎりぎりの場所ではなく、柵の内側で撮っています。


                   








                  2016.11.17 Thursday

                  昇ってきた冬の大三角

                  0

                    11/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



                    牡鹿像と昇ってきた冬の大三角


                     2016/11/04 00:22  EF24mm F1.4
                     地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
                     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                    昇ってきたばかりの ”冬の大三角” です。
                    思い切って牡鹿像を大きく入れてみました。
                    ここで星景写真を撮るようになってから、地上風景を大きくいれるような構図にあまり躊躇しなくなったような気がします。

                    夜半を過ぎて星空がだいぶ綺麗になりましたね。
                    星空がきれいだと撮影が本当に楽しくて、寒さもほとんど感じません。



                    女神像と昇ってきた冬の大三角


                     2016/11/04 00:31  EF24mm F1.4
                     地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
                     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                    定番中の定番の構図です(苦笑)。
                    三脚を短くして、少し見上げるように撮っています。
                    こうすると、トンネル手前のオレンジ色の街灯を女神像で隠すことができるのです。

                    星景写真では、星座は地平高度があまり高くないほうが撮り易いです。
                    だから必然的に、昇ってきた時や沈んでいく時に撮影することが多いです。
                    でも ”冬の大三角” は昇ってくる時がバランス的に好きなので、昇ってきたときに撮ることが多いですね。


                     








                    2016.11.16 Wednesday

                    女神像とカシオペア

                    0

                      11/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



                      女神像とカシオペア


                       2016/11/04 00:13  EF24mm F1.4
                       地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
                       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                      同じような構図で撮ってから2時間ほどが経ち、”はくちょう” は半分以上が沈んでしまいました。
                      その替わりに ”カシオペア” と ”アンドロメダ銀河” が写野に入ってきました。
                      こうやって星景写真を撮っていると、日周運動が実感できます。
                      でも星空のほうが動いているように感じますよね。

                      夜半を過ぎて空の様態も良くなってきて、秋の銀河(天の川)がとてもはっきりと写るようになりました。
                      これは撮影後の画像をモニターで見たときにすぐに分かります。
                      空の状態が良いと、撮影がとても楽しいですね。

                      ときどき雲があちこちに(主に北側に)湧くので、広がらないでくれ〜と思いながら撮影していました。


                       








                      ▲top