星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.06.02 Sunday

急に晴れてきたのでどたばたしてしまいました

0

    梅雨入り前の新月期ということで、いつにも増して天気予報が気になります。
    5/29は前日の夜からまとまった雨が降って、夕方から快晴になりそうでした。
    でも直前には、深夜前まで雲が退かないという予報になってしまいました。
    よくあるパターンですね。

    関東では雨はそれほど降らず、さらに雲が広がったままです。
    でもこの新月期のワンチャンスかもしれないので、思い切って出かけました。
    甲府盆地は思ったよりも晴れ間が広がっています。
    みずがき山自然公園は思った通りに雲が多いですが、まあ予報通りですね。
    平日ということもあって、星屋さんは他に1人だけでした。
    キャンプサイトは少し賑やかで、駐車場にも車中泊?の車が数台停まっています。


    晴れてくれるかなあ?


     2019/05/29 20:17  EOS 6D(RAW)  EF16-35 f2.8 (22mm)
     ISO1000、F4.0、固定撮影(120秒)  山梨県・みずがき山自然公園にて


    薄明が終わる前に、この場所の様子を撮ったものです。
    手前のつつじが思ったよりもよく写ってくれました。
    平日なので、駐車場の車は少ないです。
    中央の建物が管理棟で(夜は閉まっていますが)、その向こうの芝生のところがテントサイトです。
    この頃にはすぐにも星空が広がる感じがしたのですが、、、。


    シャクナゲと昇ってきたこと座


     2019/05/29  EOS 6D(RAW)  EF16-35 f2.8 (35mm)
     地上風景部分 : 20:40 ISO1000、F3.5、固定撮影(180秒)、4枚
     星空部分 : 21:48 ISO5000、F2.8、固定撮影(15秒)、2枚、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     山梨県・みずがき山自然公園にて


    晴れてくるのを待っている時に撮ったものです。
    シャクナゲが咲いていたので、地上風景を優先して構図をとりました。
    星空は方向的にも時間的にも、昇ってきたばかりのこと座しかなく、ちょっと寂しいですね。
    先に地上風景用を撮って星空間が広がるのを待ったのですが、なかなか星が見えてきません。
    ときどきベガが見えてくるので、その度に撮っていたら1時間ほども経ってしまいました。
    こと座がもっと低い時に撮りたかったですねえ。

    手前のシャクナゲがしゃっきり写っていないのは、フォーカスが星に合わせているためでしょうか?



    極軸合わせは比較的早い段階で出来ましたが、星野写真のレンズのフォーカス合わせがなかなか出来ません。
    フォーカス合わせには「おとめ座のスピカ」を選んだのですが、なかなか雲間に出てくれません。
    SCWの予報をチェックしたら、もう晴れ間が広がっているはずですが、、、。
    23時近くになって、今夜は駄目かなと思いかけた頃、北側からやっと星空が広がり出しました。
    少し前に少し風が吹いたのですが、あれが前兆だったのですね。

    急いで星野写真のレンズのフォーカスを調整して、試写をしようとしたのですが、カメラが反応しません。
    ファインダーを覗いたら何も見えないじゃないですか。
    最初は何が起こったのか訳がわかりませんでした。
    もしやと思ってレンズを見たら、フォーカススイッチがAFになっていました。
    私はレンズのフォーカス調整をリモートライブビューでPCから行っているので、調整後はAFをMFにしなければなりません。
    でも確かにスイッチを切り替えた記憶があるのですよね。
    多分スイッチがしっかり切り替わらなかったのでしょう。
    とにかくフォーカス調整をやり直さなければなりません。
    星空が広がるのが思ったより遅かったので、撮影スケジュールが押しています。
    結局、3カット撮影するところを2カットにしました。

    その後はほぼ快晴が続き、天の川も肉眼ではっきり見えました。
    でも5/7の晩のほうが空の状態は良かったですね。
    それに南側の低空がやはり明るいです。

    暗くてよく見えなかったのですが、つつじやシャクナゲが咲いていました。
    それらを前景に入れて星景写真を撮ったのですが。この日もトイレの明かりが消えていたので、地上風景はかなり暗くなってしまいました。

    気温は一桁の前半あたりまで下がりましたが、このくらいまで冷えたほうが良いですね。
    2時過ぎに月が昇って来るので、薄明開始を待たずに2時半頃に撤収しました。
    帰りの中央道はトラックばかりで、今までも一番走り難かったです。


     








    2019.05.09 Thursday

    今年最初のみずがき山自然公園

    0

      4月は、片付けなければならない事が立て込んでいて、身動きがとれませんでした。
      連休前にそれらは何とか片付いたのですが、この新月期は天気の微妙な変化に惑わされて、夜遊びのチャンスを逃していました。
      でも連休が終わってすぐに、快晴の空がやってきてくれました。

      場所はいろいろと悩んだのですが、山梨県のみずがき山自然公園にしました。
      連休前に林道が通れるようになって、これからは平日のメインの撮影場所になるところです。

      夜半前は夜空が少し明るいなあと感じましたが、夜半後は明け方になるにつれて空の状態が良くなり、かなり濃い天の川を見ることができました。
      気温は氷点下になったようですが、風がなかったので、寒さは感じませんでした。
      また空気が乾燥しているようで、機材が濡れるようなことも無かったです。


      連休中はごった返していたのでしょうね


       2019/05/07 21:15
       EF16-35 f2.8 (24mm) ISO1000、F3.5、固定撮影(120秒) EOS 6D RAW
       山梨県・みずがき山自然公園にて


      連休直後の平日なので、とても静かです。
      駐車場は車が6台ほどで、キャンプサイトには3組ほどがいる程度でした。
      連休中はさぞやごった返していたのでしょうね。

      星屋さんは私の他に1人いて、いろいろとお話をさせて頂きました。
      「もしかして、やまねももんがさんですか?」と聞かれたのにはびっくりでした。
      いつも品行方正でいなくてはいけませんね(笑)。

      南の低空にはこの写真のようにずっと雲がたなびいていて、やきもきしました。
      この日の星野写真のメインの対象は、このあたりなのですよね。
      さあ、この後どうなったでしょうか?


      撮影中に車が1台入ってきましたが、停止するとすぐにライトが消えました。
      そういえば、新潟県の棚田で痛ましい事故があったそうですね。
      観望会などでも「必ずライトを点けて走行して下さいね」と言うようにしています。
      皆さんも十分に気を付けて下さいね。


       








      2019.01.05 Saturday

      海ノ口の夜遊びは、、、

      0

        1/3は、今年最初の夜遊びに出かけました。
        向かった先は、年末(12/29)に目的地の手前で雪に降られて断念したところです。

        今回も中央道から見た八ヶ岳は少し雲がかかっていましたが、前回よりはずっと少なかったです。
        近づくにつれて、少しずつですが雲は少なくなっていきました。
        17時頃に着くと、八ヶ岳にはまだ雲がかかっているものの、ほぼ快晴でした。
        やった!

        それにしても冷え込みが厳しいです。
        途中の国道での温度表示は-8℃でした。


        17:21


        防寒具を着こんで、さっそく夕方の風景を撮り始めました。
        池は凍っていて、ときどき氷がきしんで音をたてています。


        17:33


        日没から45分ほど経った頃です。
        ”夏の大三角” が見えてきました。
        八ヶ岳の上には ”わし座のアルタイル” が、右端には ”こと座のベガ” が写っています。


        17:37


        でもそれからわずか数分の間に、全天が雲に覆われてしまいました。
        30分ほど待ってみましたが状況は変わりません。

        どうしようか悩みましたが、ここで待つのは寒さが辛いので、諦めてみずがき湖へ移動しました。
        みずがき湖は雲ひとつない快晴でしたよ。


        これで海ノ口は2連敗です。
        この新月期は寒気が強くて駄目かなあ?

        なお、道には雪は少ないものの、とことどころ凍結しています。
        慎重に走ったつもりですが、タイヤがずるっと滑ったことがありました。


         








        2018.12.31 Monday

        今年最後の夜遊び

        0

          2ヶ月以上もブログを放置していて、訪問して下さった方には申し訳ありませんでした。
          11月の初めに母が他界して、気持ちが前向きになれませんでした。
          でも四十九日の法要が無事に済んで、大掃除もほぼ終わったので、12/29の晩に今年最後の夜遊びに出かけました。


          星景写真を撮りたかったので、長野県の海ノ口が第一候補だったのですが、清里より奥では雪が降っていました。
          強い寒気がやってきているので、八ヶ岳で湧いた雲が東側にかかるのですよね。
          国道の気温表示は−8℃でした。

          あきらめてみずがき湖へ向かいました。
          18時頃に着くと、北側に雲が多いものの、まあまあ晴れていました。
          駐車場には誰もいません。
          まあ、年末ですからね。
          ちなみに、みずがき湖の少し手前の気温表示は−1℃でした。

          でもだんだんと雲が湧いてきて、北極星がなかなか姿を見せてくれません。
          何とか極軸調整ができたと思ったら、今度はウィルタネン彗星のあたりが雲のたまり場となっています。
          GPVの予報よりも雲が湧くのが南側に広がったようでです。
          雲が少なくなってきたのは20時頃でした。
          それ以降は雲に邪魔されることなく、撮影を楽しむことができました。

          0時頃には月が昇ってくるので、その少し前に撮影を終了しましたが、地面近くに置いた私の温度計は−10℃を下回っていました。


          みずがき湖と鹿鳴峡大橋


           2018/12/29 21:46  EF16-35 f2.8 (20mm、F4.0)  ISO1600、固定撮影(300秒)
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          星景写真というよりは夜の風景写真です。
          みずがき湖の様子を知りたかったので、かなり明るめに仕上げています。
          湖面はまだ結氷していないようですね。

          鹿鳴峡大橋のライトは、真ん中と左端が消えています。
          しかも右端がオレンジ色でやけに明るいです。
          以前は7つの明るさが揃っていて、真ん中だけが少し色が違っていて、もっときれいでした。



          今年はあまり夜遊びに出かけられませんでした。
          それもあって画像処理の細かい部分はかなり忘れてしまっています。
          ブログも更新が滞りがちでした。

          来年はもう少し活動していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。


           








          2018.10.21 Sunday

          骨折り損のくたびれ儲け

          0

            気が付けばひと月もブログを更新していませんでした。
            先月も今月もボウズだったものですから、、、。

            でも関東地方にもやっと秋晴れがやってきました。
            昨夜は月が沈んでから薄命が始まるまで2時間ちょっとしかなかったのですが、夜遊びに出かけました。

            久しぶりのお出かけによくある忘れ物は無かったのですが、赤道儀(EM11)が言うことを聞いてくれません。

            カメラレンズのフォーカスを合わせようとリモートライブビューで拡大したら、星が止まってくれません。
            あちこちチェックしてみましたが、怪しそうなところが見つかりませんでした。
            もしやと思ってコントローラーを交換したら、犯人はこいつでした。

            実はしばらく前に赤道儀に接続する部分のピンを折ってしまったのです。
            幸い未使用のピンだったようで、そのまま使っていたのですが、新しいコントローラーは入手してあったのです。

            これで一見落着と思いきや、追尾撮影すると星が少し流れるのですよね。
            極軸合わせを含めてあれこれ見直してみましたが駄目でした。

            コントローラーをよく見てみると「Adjuster」というダイヤルがあります。
            でも手元にマニュアルがないので設定のやりかた等が分かりません。
            適当に動かして試写してみたら、もっとひどい状態になってしまいました。

            最初からこんな状態になってしまったので、薄命が始まる前に(泣きながら)撤収しました。



            家に帰ってからマニュアルを見ると、「Adjuster」は追尾モードを選択するためのダイヤルのようです。
              1:北半球での恒星時駆動
              2:北半球での太陽時駆動
              A:南半球での恒星時駆動
              B:南半球での太陽時駆動
            でもその数字や文字はどこに書いてあるのかが分かりません。
            しばらく悩んだ末にやっと分かりましたが、もっと見やすくして欲しいなあ。
            さらに、「上記以外に設定した場合は正常に動作しません」と書かれてありました。

            何故かはわかりませんが、最初は2になっていたのかもしれません。
            適当に動かしてしまったので、どの状態になっていたのかが分からないのですよねえ。
            そして適当に動かした結果は、上記設定以外になっていました。

            5年も前だったら、今夜にでもチェックしに出かけるのですが、、、。
            次の夜遊びの時に確かめてみましょう。
            でもこれが原因でなかったら、これを機会に現役引退かなあ?
            なんちゃって。


             








            2018.05.21 Monday

            この新月期の夜遊び

            0

              夜遊び日記を書くのはとても久し振りです。
              まあ、書いたり書かなかったりしていますが、、、。


              今年の5月はどうもまとまった雨が降った直後がチャンスだったようです。
              1度目のチャンスは5/10の晩でしたが、数日後にアストロフェスがあるのでパスしました。



              2度目のチャンスは5/14の晩でした。
              星景写真も撮りたいので今年初めて「みずがき山自然公園」に出かけました。
              駐車場にはすでに顔見知りの方が2人おられました。

              天気は朝までほぼ快晴でしたが、空が少し明るくて透明度もイマイチでした。
              それでも、夜半過ぎには夏の天の川が肉眼で見ることができました。

              気温は最初は10℃ほどでしたが、明け方には3℃ほどまで冷え込みました。



              これは夜半前に駐車場の様子を撮ったものですが、平日ということもあって車は少なかったです。
              星屋さんは私も含めて4人?で、北寄りのところに固まっています。
              その他にときどき芝生広場で写真を撮っている人がいましたが、星景写真でしょうかね?
              シャクナゲとつつじが咲いていたので、私もそれらを入れた星景写真も撮ってみました。



              そして5/19の晩です。
              この新月期の夜遊びは前回で終わりと思っていたのですが、直前になって週末の天気予報がだいぶ変わってきました。
              金曜の晩に前線が南下して土曜の晩が晴れそうな予報となり、しかも夏の湿った空気が涼しい乾いた空気に入れ替わってくれそうです。

              週末でなければみずがき山に行きたかったのですが、今回はみずがき湖にしました。
              駐車場には何と星屋さんは誰もいなくて、その代わりに車中泊の人たちがたくさんいました。



              肝心の星空ですが、夜半前はやや明るく感じられて透明度も普通でした。
              でも夜半を過ぎて明け方になるにつれて透明度が良くなっていき、夏の銀河(天の川)もよく見えました。
              上の写真は薄明が始まった頃にラストショットとして撮ったものです。
              前回のみずがき山ではさそり座付近の天の川は見えなかったのですよねえ。
              気温は4℃あたりまで冷え込みましたが、風があったこともあって夜露は下りませんでした。
              GPVではみずがき山はちょっと微妙な予報でしたが、結果的にはよく晴れたのではないでしょうか?


              2回の夜遊びで星野写真も星景写真も撮ったのですが、処理がなかなか進みません。
                彗星と人工衛星の写真は仕上げて記事にしましたが、、、(苦笑)。
              ぼちぼち仕上げていって記事でご紹介したいと思います。


               








              2017.11.20 Monday

              待てば海路の日和あり

              0

                晩秋になってやっときれいな星空に出会えるようになりましたね。
                でも上空に寒気が入ってくると時雨れて雲が湧いたりするのです。


                夏の大三角  雲と飛行機に嫌というほど邪魔されました


                 2017/11/19 19:29  EF16-35 f2.8 (23mm)
                 地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
                 星空部分 : ISO2500、F4.0、追尾撮影(60秒) Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


                そろそろ ”夏の大三角” が見納めですね。

                ケフェウス座付近の星野写真を撮りたかったので、昨日はいつもより早い夜遊びになりました。
                星野写真の撮影を始める頃には ”夏の大三角” は西の空に傾き始めていて、星景写真にはもってこいです。

                でもとても強い寒気がやってきているので、時雨れて雲が湧いています。
                おまけにこの時間帯は飛行機がひっきりなしに飛びます。
                何枚も何枚も撮り直して、50分ほど粘った結果がこれです。
                不満なところはたくさんありますが、まあ良しとしましょう。


                この光の正体は?


                撮影中に赤い光が近づいてきました。
                星景写真の撮影者かなと思って声を掛けたら、ビジターセンターの「こうちゃん」さんでした。

                実は、星空用の画像としては、これが一番マシなものだったのです。>
                これはこれで面白い写真なのですが、今回は「こうちゃん」さんの痕跡は合成によって消え去りました。


                その後も雲はどんどん湧いてきて、撮影中の星野写真はボツとなってしまいました(涙)。
                GPV予報でもそんな雰囲気があったのですよねえ。
                よほど帰ろうかなとも思いましたが、粘っていると22時を過ぎた頃からきれいな星空が広がってくれました。

                11/15の晩も曇られた時間帯があったのですが、その日はKさんがおられたので時間つぶしができました。
                でも一人で待っていると、ちょっと辛いですね。
                昨晩は私の温度計で−4℃あたりまで冷え込みました。


                 








                2017.11.01 Wednesday

                久し振りの夜遊びは致命的なミスばかり

                0

                  10/30の晩は5月以来の夜遊びに出かけたのですが、とても久し振りということもあってか
                  致命的なミスを連発してしまいました。
                  備忘録として記事にしますが、参考になるようなことはほとんど無いと思いますので悪しからず。



                  まずは100mmレンズでの星野写真です。

                  フォーカス調整が駄目でした。
                  リモートライブビューでオリオン座のリゲルを使って調整したのですが、揺らぎが大きくてピントエイドの数値が落ち着きません。
                  何とか追い込んで試写をして画像を裏面モニターで見たら、赤いフリンジは無いですが星像がやや大きいです。
                  でもその画像をPCに取り込んでフォトショップで見たら、赤いフリンジが発生しています。
                  どういうこと?
                  現地で画像をPCに取り込んでみたのは今回が初めてです。
                  でも今までも自宅に帰ってPCでじっくり見たら赤いフリンジが結構発生していたということがよくありました。
                  PCに取り込んだ画像はRawですが、裏面モニターで見てる画像は何者なんでしょう?

                  おまけに構図を大失敗しました。
                  言い訳は、対象が天頂付近にあったのでファインダーがとても覗きづらかったのです。
                  試写画像をチェックしたら少しずれていたので調整したのですが、動かしすぎました。
                  調整後の試写画像も見たはずなのに、何を見ていたんでしょう?
                  後から思うと調整しないほうが良かったです。





                  次に星景写真です。

                  星空の色合いがどうもうまく調整できないのです。
                  星空はとてもきれいだったので、今までの経験ではすんなり仕上げることができるはずです。
                  それに何か星空の雰囲気がおかしいです。
                  うまく言えないのですが、何となく精細さが無いのです。

                  まさかと思ってレンズの後ろを見てみたら、Leeのフィルターが貼り付けてあるじゃないですか。
                  5月の撮影で貼り付けたままだったのですね。
                  そうとは知らずにレンズの前にLeeのフィルターを付けて撮影していたのです。



                  いつもと同じ条件で撮影したのですが、何だか少し露光不足だなあとは感じていました。
                  今夜は星空が暗いのかなあと思っていたのですが、フィルターが2枚も入っていれば当たり前ですね。
                  しかもフィルター無しの地上風景用の画像で、鹿鳴峡大橋の照明が滲んでいたのですよね。
                  少なくともここで気が付かなければいけないよなあ。

                  言い訳は鹿です。
                  牡鹿像ではなくて本物の鹿です。
                  星景写真を撮影し始めてすぐに、かなり近くで鹿に鳴かれました。
                  とても甲高い声で何度も何度もです。
                  向こうはこちらが見えていて威嚇しているのでしょうね。
                  これですっかり平常心を失ってしまったのです。



                  と言うことで、この日の収穫は昨日ご紹介したアサシン彗星だけとなりました。
                  かなり落ち込んでいるので、次の新月期までに立ち直れるかなあ?


                   








                  2017.05.31 Wednesday

                  みずがき山自然公園は花盛り?

                  0

                    5/29の晩は山梨県のみずがき山自然公園に夜遊びに出かけました。


                    これはシャクナゲ?


                     2017/05/29 21:09  EF16-35 f2.8 (24mm)  ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


                    機材を設置していたら、北西から低い雲が湧いてきて、瑞牆山もガスに覆われてしまいました。
                    もしかしたら今夜は駄目かもしれないなあと、ブログ用にこの写真を撮りました。

                    画像を裏面モニターで見たら、手前の低木のところどころが白っぽいのです。
                    その時はこれが何かは分からなかったのですが、どうもシャクナゲのようです。
                    そして少し高いところが赤っぽいのですが、これはツツジのようです。
                    ツツジに関しては昨年も見かけたので知っていました。
                    夜なので全体がどんな感じになっているのか良く分かりません。
                    月が雲に隠れてしまう前に撮れば良かったですね。


                    駐車場とテントサイトの様子


                     2017/05/29 22:14  EF16-35 f2.8 (20mm)  ISO1250、F4.0、固定撮影(360秒)
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


                    ジョンソン彗星の撮影を始めたので、駐車場の上に行ってみました。
                    天頂と東側は星が見えていますが、西側はこんな状態です。
                    テントサイトには何組か車が入っています。
                    手前にはツツジがきれいに咲いていました。
                    「夜の風景写真」なので、たっぷり露光して明るめに仕上げています。


                    すっきり晴れて欲しいなあ


                     2017/05/29 22:22  EF16-35 f2.8 (20mm)  ISO1250、F4.0、固定撮影(360秒)
                     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


                    西側とは対照的に、東側は星が見えています。
                    ベガとデネブは見えていますが、アルタイルはまだ昇ってきません。
                    この頃はまだ空の透明度があまり良くなくて、天の川は肉眼では分かりませんでした。
                    5月の初めに来た時と比べて、緑がだいぶ濃くなりましたね。
                    そしてこちら側にもツツジが咲いていました。


                    0時前には雲はすっかり無くなって、明け方に向かって空の状態は良くなっていきました。
                    いて座あたりからカシオペア座あたりまでの銀河(天の川)がとてもきれいでした。



                    順番からいくと5/20の晩の蓼科での星空写真の紹介が先なのですが、
                    花などの情報は鮮度が重要なので先にアップしました。

                    この日の星空写真はこれからぼつぼつ仕上げていきます。
                    夜半後の夜遊びは体に堪えますね。
                    今の状態はこんな感じです(笑い。
                     


                     








                    2017.02.03 Friday

                    山沿いはやはり時雨れますね

                    0

                      2/1の晩は夜遊びに出かけました。

                      肝心の天気は、強い寒気が入っていて山沿いは時雨れそうです。
                      GPV予報も微妙でしたが、思い切って今年初めてのみずがき湖に出かけました。
                      甲府盆地に入ると風がとても強くて、中央道ではハンドルをしっかり握って運転していました。

                      20時過ぎに着くとKさんがいて、ちょうど晴れてきて風も納まったということでした。
                      不思議なことに、ここは意外と風が弱いのですよね。
                      それでもときどき「ゴー」という音が近づいてきて、やがて5〜10秒ほど強い風に襲われました。

                      気温は最初は−2℃程度でしたが、徐々に冷え込んでいき、明け方には−9℃まで下がりました。
                      天気はほぼ快晴で、ときどき小さな雲が湧く程度でした。
                      しかし2時半頃から雲が広がってきて、おまけに雪まで舞ってきてしまいました。
                      どうしようか迷ったのですが、挫けずに待っていると4時頃になって東側から雲間が広がってきました。
                      そのおかげで、ジョンソン彗星の撮影もでき、久し振りにさそり座(上半身だけですが)も見ることができました。


                      今日ご紹介するのは、曇ってしまった時に撮影した「夜の風景写真」です。



                      みずがき湖と鹿鳴峡大橋


                       2017/02/02 04:09  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 固定撮影(240秒)
                       EOS 6D RAW、ISO800  山梨県・みずがき湖にて


                      空の大部分が雲に覆われ、橋の左側あたりは雲が低く垂れ込めてきたのか、ちょっとガスっています。

                      みずがき湖は結氷していて、表面に薄っすらと雪が積もっています。
                      凍った部分に雪が積もると、それが引き金になって全面結氷になるそうです。
                      ビジターセンターの「こうちゃん」さんに教えてもらいました。

                      湖が凍っているのに、橋の照明の映り込みが綺麗に見えたのは意外でした。
                      こういう夜の風景写真も良いですね。
                      でも撮影しているときは、そんな気持ちの余裕は全く無かったです。



                      増富大橋


                       2017/02/02 04:15  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 固定撮影(240秒)
                       EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


                      鹿鳴峡大橋と反対側の東側には「増富大橋」があります。
                      湖にはこちら側から水が流れ込んでいます。
                      この日は、強い風が吹いたりすると氷がきしむ音が聞こえてきました。
                      暗闇で撮影していると、こういう音は不気味でちょっと怖いですね。

                      全天をほぼ覆ってしまった雲は、予想に反してこちら側から薄くなってきました。
                      東側の低空は関東平野の街明り?で少し明るいです。
                      ”こと座のベガ” が見えたので撮影してみたのですが、思ったよりも星がたくさん写っていました。



                      雪が舞ってきました


                       2017/02/02 04:30  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 固定撮影(180秒)
                       EOS 6D RAW、ISO1250  山梨県・みずがき湖にて


                      雲に覆われてしまったうえに、なんと雪が舞ってきました。
                      顔に何かが当たるなあと思ってライトを点けたら、結構降っていました。
                      気温が低いので全然解けません。

                      窓越しにKさんの車が見えますが、撮影は終了してもう寝ているようです。
                      今シーズンは、オレンジ色の街灯の明りがやけに目立ちます。
                      鹿鳴峡大橋の手前のトンネルの入り口にあるのですが、何が変わったのでしょう?


                       








                      ▲top