星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.11.20 Monday

待てば海路の日和あり

0

    晩秋になってやっときれいな星空に出会えるようになりましたね。
    でも上空に寒気が入ってくると時雨れて雲が湧いたりするのです。


    夏の大三角  雲と飛行機に嫌というほど邪魔されました


     2017/11/19 19:29  EF16-35 f2.8 (23mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
     星空部分 : ISO2500、F4.0、追尾撮影(60秒) Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    そろそろ ”夏の大三角” が見納めですね。

    ケフェウス座付近の星野写真を撮りたかったので、昨日はいつもより早い夜遊びになりました。
    星野写真の撮影を始める頃には ”夏の大三角” は西の空に傾き始めていて、星景写真にはもってこいです。

    でもとても強い寒気がやってきているので、時雨れて雲が湧いています。
    おまけにこの時間帯は飛行機がひっきりなしに飛びます。
    何枚も何枚も撮り直して、50分ほど粘った結果がこれです。
    不満なところはたくさんありますが、まあ良しとしましょう。


    この光の正体は?


    撮影中に赤い光が近づいてきました。
    星景写真の撮影者かなと思って声を掛けたら、ビジターセンターの「こうちゃん」さんでした。

    実は、星空用の画像としては、これが一番マシなものだったのです。>
    これはこれで面白い写真なのですが、今回は「こうちゃん」さんの痕跡は合成によって消え去りました。


    その後も雲はどんどん湧いてきて、撮影中の星野写真はボツとなってしまいました(涙)。
    GPV予報でもそんな雰囲気があったのですよねえ。
    よほど帰ろうかなとも思いましたが、粘っていると22時を過ぎた頃からきれいな星空が広がってくれました。

    11/15の晩も曇られた時間帯があったのですが、その日はKさんがおられたので時間つぶしができました。
    でも一人で待っていると、ちょっと辛いですね。
    昨晩は私の温度計で−4℃あたりまで冷え込みました。


     








    2017.11.01 Wednesday

    久し振りの夜遊びは致命的なミスばかり

    0

      10/30の晩は5月以来の夜遊びに出かけたのですが、とても久し振りということもあってか
      致命的なミスを連発してしまいました。
      備忘録として記事にしますが、参考になるようなことはほとんど無いと思いますので悪しからず。



      まずは100mmレンズでの星野写真です。

      フォーカス調整が駄目でした。
      リモートライブビューでオリオン座のリゲルを使って調整したのですが、揺らぎが大きくてピントエイドの数値が落ち着きません。
      何とか追い込んで試写をして画像を裏面モニターで見たら、赤いフリンジは無いですが星像がやや大きいです。
      でもその画像をPCに取り込んでフォトショップで見たら、赤いフリンジが発生しています。
      どういうこと?
      現地で画像をPCに取り込んでみたのは今回が初めてです。
      でも今までも自宅に帰ってPCでじっくり見たら赤いフリンジが結構発生していたということがよくありました。
      PCに取り込んだ画像はRawですが、裏面モニターで見てる画像は何者なんでしょう?

      おまけに構図を大失敗しました。
      言い訳は、対象が天頂付近にあったのでファインダーがとても覗きづらかったのです。
      試写画像をチェックしたら少しずれていたので調整したのですが、動かしすぎました。
      調整後の試写画像も見たはずなのに、何を見ていたんでしょう?
      後から思うと調整しないほうが良かったです。





      次に星景写真です。

      星空の色合いがどうもうまく調整できないのです。
      星空はとてもきれいだったので、今までの経験ではすんなり仕上げることができるはずです。
      それに何か星空の雰囲気がおかしいです。
      うまく言えないのですが、何となく精細さが無いのです。

      まさかと思ってレンズの後ろを見てみたら、Leeのフィルターが貼り付けてあるじゃないですか。
      5月の撮影で貼り付けたままだったのですね。
      そうとは知らずにレンズの前にLeeのフィルターを付けて撮影していたのです。



      いつもと同じ条件で撮影したのですが、何だか少し露光不足だなあとは感じていました。
      今夜は星空が暗いのかなあと思っていたのですが、フィルターが2枚も入っていれば当たり前ですね。
      しかもフィルター無しの地上風景用の画像で、鹿鳴峡大橋の照明が滲んでいたのですよね。
      少なくともここで気が付かなければいけないよなあ。

      言い訳は鹿です。
      牡鹿像ではなくて本物の鹿です。
      星景写真を撮影し始めてすぐに、かなり近くで鹿に鳴かれました。
      とても甲高い声で何度も何度もです。
      向こうはこちらが見えていて威嚇しているのでしょうね。
      これですっかり平常心を失ってしまったのです。



      と言うことで、この日の収穫は昨日ご紹介したアサシン彗星だけとなりました。
      かなり落ち込んでいるので、次の新月期までに立ち直れるかなあ?


       








      2017.05.31 Wednesday

      みずがき山自然公園は花盛り?

      0

        5/29の晩は山梨県のみずがき山自然公園に夜遊びに出かけました。


        これはシャクナゲ?


         2017/05/29 21:09  EF16-35 f2.8 (24mm)  ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


        機材を設置していたら、北西から低い雲が湧いてきて、瑞牆山もガスに覆われてしまいました。
        もしかしたら今夜は駄目かもしれないなあと、ブログ用にこの写真を撮りました。

        画像を裏面モニターで見たら、手前の低木のところどころが白っぽいのです。
        その時はこれが何かは分からなかったのですが、どうもシャクナゲのようです。
        そして少し高いところが赤っぽいのですが、これはツツジのようです。
        ツツジに関しては昨年も見かけたので知っていました。
        夜なので全体がどんな感じになっているのか良く分かりません。
        月が雲に隠れてしまう前に撮れば良かったですね。


        駐車場とテントサイトの様子


         2017/05/29 22:14  EF16-35 f2.8 (20mm)  ISO1250、F4.0、固定撮影(360秒)
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


        ジョンソン彗星の撮影を始めたので、駐車場の上に行ってみました。
        天頂と東側は星が見えていますが、西側はこんな状態です。
        テントサイトには何組か車が入っています。
        手前にはツツジがきれいに咲いていました。
        「夜の風景写真」なので、たっぷり露光して明るめに仕上げています。


        すっきり晴れて欲しいなあ


         2017/05/29 22:22  EF16-35 f2.8 (20mm)  ISO1250、F4.0、固定撮影(360秒)
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


        西側とは対照的に、東側は星が見えています。
        ベガとデネブは見えていますが、アルタイルはまだ昇ってきません。
        この頃はまだ空の透明度があまり良くなくて、天の川は肉眼では分かりませんでした。
        5月の初めに来た時と比べて、緑がだいぶ濃くなりましたね。
        そしてこちら側にもツツジが咲いていました。


        0時前には雲はすっかり無くなって、明け方に向かって空の状態は良くなっていきました。
        いて座あたりからカシオペア座あたりまでの銀河(天の川)がとてもきれいでした。



        順番からいくと5/20の晩の蓼科での星空写真の紹介が先なのですが、
        花などの情報は鮮度が重要なので先にアップしました。

        この日の星空写真はこれからぼつぼつ仕上げていきます。
        夜半後の夜遊びは体に堪えますね。
        今の状態はこんな感じです(笑い。
         


         








        2017.02.03 Friday

        山沿いはやはり時雨れますね

        0

          2/1の晩は夜遊びに出かけました。

          肝心の天気は、強い寒気が入っていて山沿いは時雨れそうです。
          GPV予報も微妙でしたが、思い切って今年初めてのみずがき湖に出かけました。
          甲府盆地に入ると風がとても強くて、中央道ではハンドルをしっかり握って運転していました。

          20時過ぎに着くとKさんがいて、ちょうど晴れてきて風も納まったということでした。
          不思議なことに、ここは意外と風が弱いのですよね。
          それでもときどき「ゴー」という音が近づいてきて、やがて5〜10秒ほど強い風に襲われました。

          気温は最初は−2℃程度でしたが、徐々に冷え込んでいき、明け方には−9℃まで下がりました。
          天気はほぼ快晴で、ときどき小さな雲が湧く程度でした。
          しかし2時半頃から雲が広がってきて、おまけに雪まで舞ってきてしまいました。
          どうしようか迷ったのですが、挫けずに待っていると4時頃になって東側から雲間が広がってきました。
          そのおかげで、ジョンソン彗星の撮影もでき、久し振りにさそり座(上半身だけですが)も見ることができました。


          今日ご紹介するのは、曇ってしまった時に撮影した「夜の風景写真」です。



          みずがき湖と鹿鳴峡大橋


           2017/02/02 04:09  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 固定撮影(240秒)
           EOS 6D RAW、ISO800  山梨県・みずがき湖にて


          空の大部分が雲に覆われ、橋の左側あたりは雲が低く垂れ込めてきたのか、ちょっとガスっています。

          みずがき湖は結氷していて、表面に薄っすらと雪が積もっています。
          凍った部分に雪が積もると、それが引き金になって全面結氷になるそうです。
          ビジターセンターの「こうちゃん」さんに教えてもらいました。

          湖が凍っているのに、橋の照明の映り込みが綺麗に見えたのは意外でした。
          こういう夜の風景写真も良いですね。
          でも撮影しているときは、そんな気持ちの余裕は全く無かったです。



          増富大橋


           2017/02/02 04:15  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 固定撮影(240秒)
           EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


          鹿鳴峡大橋と反対側の東側には「増富大橋」があります。
          湖にはこちら側から水が流れ込んでいます。
          この日は、強い風が吹いたりすると氷がきしむ音が聞こえてきました。
          暗闇で撮影していると、こういう音は不気味でちょっと怖いですね。

          全天をほぼ覆ってしまった雲は、予想に反してこちら側から薄くなってきました。
          東側の低空は関東平野の街明り?で少し明るいです。
          ”こと座のベガ” が見えたので撮影してみたのですが、思ったよりも星がたくさん写っていました。



          雪が舞ってきました


           2017/02/02 04:30  EF16-35 f2.8 (24mm、F4.0) 固定撮影(180秒)
           EOS 6D RAW、ISO1250  山梨県・みずがき湖にて


          雲に覆われてしまったうえに、なんと雪が舞ってきました。
          顔に何かが当たるなあと思ってライトを点けたら、結構降っていました。
          気温が低いので全然解けません。

          窓越しにKさんの車が見えますが、撮影は終了してもう寝ているようです。
          今シーズンは、オレンジ色の街灯の明りがやけに目立ちます。
          鹿鳴峡大橋の手前のトンネルの入り口にあるのですが、何が変わったのでしょう?


           








          2016.11.28 Monday

          もう少し雪が残っていると思ったのですが

          0

            11/26は北杜市みずがき天文愛好会の例会を予定していたのですが、天気予報が晴れのち曇りなので順延しました。
            その1日前にみずがき湖へ行ってみると、きれいな星空が広がっているじゃないですか。
            天気が1日ずれていればなあ。
            これって、HIGORO-NO-OKONAI が悪いのでしょうか>それとも良いのでしょうか?

            前日に関東甲信地方は季節外れの雪になり、みずがき湖も10cmほど積もったそうです。
            雪景色の星景写真が撮れるかなと出かけたのですが、残念ながら芝生のところ以外は雪は無くなっていました。
            道路も雪は全く無く、ほんの一部以外は路面は乾いていました。
            気温は−2℃程度で、思ったほど冷え込まなかったです。
            4時頃に帰ったのですが、路面状態にちょっと注意が必要かなと思う所が2ヶ所ばかりある程度でした。
            まあ路面凍結していなくても、特に夜は注意してゆっくり走ることを心掛けなければなりません。
            いつ鹿などの動物が飛び出して来るかわかりませんからね。
            鹿以外にも、狸,狐,猿,猫?など、いろんな動物を見かけますよ。

            金曜の夜なので誰かいるかなと思ったら、誰もいませんでした。
            駐車場の隅に車が1台停まっているだけで、車中泊の車もいませんでした。
            氷点下に冷え込むようになったからでしょうね。
            鹿の鳴き声も聞こえてこなくて、ちょっと寂しい夜遊びでした。

            夜空の透明度は比較的良かったですが、空が少し明るく感じられました。
            周囲の山に(少しですが)雪が積もっているせいでしょうか?



            ビジターセンターと冬の大三角


             2016/11/26 00:40  EF24mm F1.4
             地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
             星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、cokin Diffuser Light Filter をレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             トリミング : 97.5%×97.5%
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            いつも撮る構図ですが、地面に雪が残っている部分をできるだけ入れるように構図を選びました。
            この構図だと雪が一面に積もっているように感じますよね。

            冬の銀河(天の川)は肉眼でもうっすらと見えていました。
            空の透明度が比較的良かったのでしょうね。
            でも星空は少し明るく感じました。
            最近はそういう星空が多いのですが、私の感覚がちょっとおかしいのかなあ?



            雪景色


             2016/11/26 02:31  EF24mm F1.4→2.8 固定撮影(300秒)
             EOS 6D RAW、ISO800  山梨県・みずがき湖にて


            写真の題名にはかなり無理がありますね(苦笑)。

            前日に10cmほど雪が積もったそうですが、芝生の上以外はすっかり無くなっていました。
            正面の明りは、増富温泉へ通じるトンネル手前にあるオレンジ色の街灯です。
            左上あたりの星は ”しし座” です。

            1枚撮りなのに星空部分がとても滑らかなのに驚きました。
            ISO感度を低めに設定して、たっぷり露光しているからでしょうか?
            Raw現像のパラメータを調整するだけにして、あっさりと仕上げています。


             








            2016.11.04 Friday

            待ちに待った秋晴れ

            0

              待ちに待った新月期の秋晴れです。
              GPVはほぼ真っ黒な予報ですが、2日前のこともありますからねえ。
              みずがき湖に20時半頃に着くと、駐車場は久しぶりに賑わっていました。
              顔見知りが3人もいるじゃないですか。

              ときどき部分的に雲が湧くことがありましたが、一晩中ほぼ快晴でした。
              気温は一桁の前半で、氷点下にまではなりませんでした。
              風もほとんど無かったので、それほど寒くはなかったです。

              空は少し明るかったです。
              夜半を過ぎれば暗くなるかなと思ったのですが、あまり変わりませんでした。
              でも秋の銀河(天の川)ははっきり見え、冬の銀河(天の川)も薄っすらと見えました。
              空が明るく感じたのは、私の目のせいでしょうかね?

              星野写真は3対象を撮影し、いつものように星景写真も撮影しました。
              このところ星野写真は失敗が続いているのですが、うまくいっていると良いなあ。
              流星がやや多かったように感じましたが、おうし座流星群でしょうか?
              薄明が始まる少し前に終了しましたが、ほかの方も同じ頃に片付けをしていました。



              駐車場の風景


               2016/11/04 02:32  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(120秒)
               EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


              それぞれのスタイルで、それぞれのペースで、撮影をしています。
              ときどき会話を交わし、車の中で休憩しながら、薄明が始まる少し前まで撮影が続きました。
              ほぼ中央に ”おおいぬ座” が写っているのですが、分かりませんね。



              沈みゆく夏の大三角


               2016/11/03 21:58  EF24mm F1.4
               地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(300秒)
               星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
               地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
               EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


              この日の星景写真のファーストショットです。
              ”夏の大三角” がぎりぎりで間に合いました。
              できればもう少し早く撮りたかったですね。

              いつもと少し違う場所から撮ってみました。
              女神像や牡鹿像は写野のもっと右側にあります。

              この日は夜空が少し明るく感じられました。
              カシオペア付近の天の川はしっかり見えていましたが、はくちょう付近ではかなり淡かったです。
              そういう星空の時は、色合い調整がどうもしっくりきません。
              コントラスト強調も少し控え目にしました。

              地上風景用の画像は、かなり明るく撮影し、Raw現像時に明るさを抑えてみました。
              暗い部分の画質が少し良くなったかなと思っているのですが、どうでしょう?


               








              2016.10.26 Wednesday

              夕暮れの空に金星,土星,火星が、そして天の川が

              0

                10/24は「みずがき山自然公園」に夜遊びに出かけました。

                日没の1時間前に着いて紅葉を少し撮ったので、その写真は近いうちにご紹介します。
                時間に余裕があったので夕暮れの写真を撮っていたのですが、思わぬものが見れました。



                期待と不安を抱きながら、、、


                 2016/10/24 16:59  EF24mm F1.4→5.6  固定撮影(1/800秒)
                 EOS 6D RAW、ISO400  山梨県・みずがき山自然公園にて


                先ほどまで見えていた太陽が南アルプスに沈んだようです。
                東側はよく晴れていますが、西側にはこんな雲がずっと居座っています。
                さあ、機材の設営を始めましょうか。



                一番星見つけた


                 2016/10/24 17:45  EF24mm F1.4→5.6  固定撮影(2.5秒)
                 EOS 6D RAW、ISO400  山梨県・みずがき山自然公園にて


                とても明るく輝いているものを見つけました。
                写真では左端から1/4ほどのところです。
                どうして今まで気が付かなかったのだろうというぐらいに明るく輝いています。
                雲に隠れていたのでしょうかね。
                最初は飛行機かと思ったのですが、どうも動いていないし、明るさも変化しません。
                車に戻ってステラナビゲータで確認したら ”金星” じゃないですか!
                夕方の空に見えるなんて全く知りませんでした。
                近くには ”土星” と ”アンタレス” もいるので、双眼鏡で探したら見えました。
                写真にも一応写っています。



                だいぶ暗くなってきました


                 2016/10/24 18:06  EF24mm F1.4→5.6  固定撮影(8秒)
                 EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


                まだ薄明中ですが、だいぶ暗くなってきました。
                ”金星” はもちろんですが、”アンタレス” も肉眼で何とか分かるようになりました。
                でも大きな雲が  ”土星” を隠してしまって見せてくれません。
                この後も土星は隠れたままで、肉眼では見えずじまいでした(涙)。



                火星も一緒に


                 2016/10/24 18:10  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(8秒)
                 EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


                少し左側に目をやると ”火星” が見えていたので、構図を変えて”金星” と一緒に撮ってみました。
                春から夏には ”さそり座” にいた ”火星” ですが、今は ”いて座” にいます。
                明るさは0.3等と結構明るいのですね。

                でも左側の明かりに気をとられて、構図が左に寄り過ぎてしまいましたね。
                火星の高度は思っていたよりも高くてちょっとびっくりです。
                写真には ”いて座の南斗六星” はもちろんですが、夏の銀河(天の川)も微かに写っています。



                微かに見えた夏の銀河(天の川)


                 2016/10/24 19:20  EF24mm F1.4
                 地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
                 星空部分 : ISO4000、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                 地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                この日の星景写真のファーストショットです。
                もっと早く撮りたかったのですが、星野写真の撮影準備に時間をとられてしまいました。

                この頃には、いて座付近の夏の銀河(天の川)も肉眼で微かに見ることができました。
                ”金星” は低空の雲で見えにくいのかなあと思っていましたが、後で調べたらもうとっくに沈んでいました(苦笑)。
                暗くて透明度の良い空で、みんな一緒に撮ってみたかったですね。
                でもまあ、これで良しとしましょう。



                西の空に居座っていた大きな雲も、だんだんと小さくなっていき、この後は快晴になりました。
                でも早い時間帯は夜空が明るいですね。
                まあまあの星空になったには22時過ぎあたりからでしょうか?
                月の出が0時半頃なのが恨めしかったですが、0頃から部分的に雲が湧いてきていたので、諦めがつきました。

                この秋一番の冷え込みで、私の温度計ではー3℃まで下がりました。
                でも暗くなってから夜中過ぎまで、あまり変化は無かったです。
                芝生広場は霜が下りたようで、ライトを照らすと白くなっていました。
                機材や車もしっとりと濡れて、地面に置いていたカメラバックは真っ白でした。



                トイレにこんなものが張られていました。
                各地でクマが出没したというニュースをよく見聞きしますが、出会いたくないですね。
                 


                芝生広場で星景写真を撮っていると、近くで鹿がよく鳴きます。
                あっちへ行けと言っているのでしょうかね。
                向こうはこちらが見えるでしょうが、こちらは見えないので、圧倒的に不利です。


                 








                2016.10.10 Monday

                今年2度目のボウズ

                0

                  昨晩は今年2度目のボウズでした。

                  GPV予報は真っ黒ではなかったですが、結構いい感じだったのですよねえ。

                   



                  南岸にへばりついている前線が思ったほど南下しなかったのでしょうか?

                  同じ徹夜でもボウズは堪えますね。


                   








                  2016.10.07 Friday

                  夜空が赤っぽいなあ

                  0

                    曇りや雨の日がずっと続いていましたが、つかの間の晴れ間がやってきました。
                    天気に少し不安があったので、みずがき山自然公園ではなくて手前のみずがき湖に出かけました。
                    夜半前にはさらに登っていく車があり、明け方には下りてきた車がありましたが、みずがき山へ出かけた人たちでしょうかね。

                    夜半前はときどき南側から雲が広がってきたりしましたが、夜半後は比較的安定していました。
                    星の輝きもしっかりしていて、ケフェウスやカシオペア付近の銀河(天の川)がとてもはっきり見えました。
                    でも空が少し明るくて、しかも赤っぽかったです。
                    空が赤っぽいときは空の透明度がイマイチなことが多いので、ちょっと不思議な感じの星空でした。


                    下の写真は、左側が今回(時刻は1:17)で、右側は前回(9/10、時刻は2:35)のものです。



                    ホワイトバランスはAUTO(カメラ任せ)で撮っていて、調整前の状態です。
                    RAW現像時の色温度等を見ると、カメラの判断はほぼ同じでした。
                      色温度 : 左が4750、右が4650
                      色かぶり補正 : 左が+6、右が+5


                    風がときどき吹いていたので夜露が降りることはなかったです。
                    気温が10℃を下回ることはなく、とても快適な季節になりましたね。
                    それでもずっと外にいると冷えてくるので、しっかりした防寒具は必要です。

                    湖岸で星景写真を撮っていたら、暗闇の中を近づいてくる足音が聞こえました。
                    声を掛けたら、やはりこうちゃんさんでした。
                    いろんな話をして楽しい一時を過ごすことができて、ありがとうございました。
                    この日はときどき鹿の鳴き声が聞こえましたが、季節によって鳴き方が違うそうです。
                    南側の山(林?)からはフクロウ?の声も聞こえていました。

                    星野写真は、フォーカス調整,構図決め,試写,等を含めて2時間程度として撮影計画を考えていきます。
                    でも実際にはフォーカス調整をやり直したり、構図決めに手間取ったり、雲に邪魔されたりして、思うようにいかないことが多いです。
                    今回は40分ほど雲に邪魔されたのですが、この時間がとても微妙で厄介でした。
                    撮影対象を減らせば良かったのですが、何とか挽回しようとして、いろいろな確認を怠ってしまいました。
                    やはり、急がば回れですね(涙)。


                     








                    2016.09.01 Thursday

                    スクランブル発進

                    0

                      新月に合わせるかのように晴れがやってきました。
                      みずがき山自然公園のGPVの予報は雲量ゼロではありませんでしたが、久しぶりに期待ができそうです。
                      行く途中で見た八ヶ岳は雲がかかっていて少し不安になりましたが、着いてみると快晴でした。
                      そしてすでに多くの星屋さんがいました。
                      皆さん、スクランブル発進したのでしょうね。




                       2016/08/31 21:04  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(60秒)  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置
                       EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      駐車場の北側の様子です。
                      北側は星屋さん、南側は車中泊の人と、何となく棲み分けができているようです。


                      甲府盆地も関東平野も晴れたので、南側も東側もいつもよりちょっと明るいですね。
                      それでも夜半近くになると、夏の大三角からカシオペア付近の天の川はとてもきれいに見えました。
                      そして途中で雲が湧くことも無くて、2時半頃まではずっと快晴が続いてくれました。
                      今年の夏はとにかく天候が安定しないので、皆さんこのチャンスを物にできてとても満足そうでした。
                      標高が1500m近くあることもあって、気温は10℃を少し下回りましたが、暑くないのは良いですね。


                      もう少し晴れていて欲しかった


                       2016/09/01 03:13  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
                       EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      この時期には明け方には冬の星座が次々に昇ってきます。
                      でもオリオンが姿を見せた頃に雲が広がってしまい、ちょっと(かなり)残念です。
                      これも HIGORO-NO-OKONAI でしょうか?
                      早く諦めて、高速道の深夜割引に間に合うように帰れば良かったなあ。(涙)


                      もう若くないので、徹夜の夜遊びは体に堪えますね。
                      画像の処理はゆるゆるとやろうと思います。


                       








                      ▲top