星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.17 Saturday

いて座からたて座付近の銀河(天の川)

0

    5/29の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。


    いて座からたて座付近の銀河(天の川


     2017/05/30 01:04  EF16-35 f2.8 (35mm)
     ISO2500、F4.0、追尾撮影(120秒)
     Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置 4枚をコンポジット
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


    南の低空は空の状態が良くないので、さそり座付近は諦めて、いて座からたて座あたりを撮影してみました。
    レンズの焦点距離は35mmで、レンズの後ろにディフュージョンフィルターを配置したままです。
    ポタ赤で追尾しています。

    低空ほどカブリの影響が酷くて、明るさだけでなくて色合いの調整も必要です。
    単に明るさを抑えただけではヒストグラムの山の幅が狭くなってしまうので、コントラストの補正も必要です。
    悪戦苦闘した末に、下側の一部は諦めてトリミングしました。

    明るさや色合いのムラは残っているように感じますが、なかなか良い感じに仕上げることができました。
    あまり期待せずに処理をしていったのですが、諦めなくて良かったです。
    何が良かったかと言うと、私にも分かりません。
    これが画像処理の厄介なところですね。


     








    2017.06.11 Sunday

    夏の大三角付近の銀河(天の川)

    0

      5/20の晩に長野県の蓼科で撮影した星空写真です。



      夏の大三角付近の銀河(天の川)


       2017/05/21 01:12  EF16-35 f2.8 (24mm)
       ISO2500、F4.0、追尾撮影(240秒)、4枚をコンポジット
       EOS 6D RAW  長野県・蓼科にて


      広角レンズで撮影して、星野写真風に仕上げてみました。
      ただし色合いはイメージ優先で調整しています。

      ”夏の大三角” が空高く昇ると、ついつい撮りたくなりますね。
      写野が広いとカブリ補正がとても面倒ですが、それを乗り越えると楽しい世界が待っています。
      ノーマルカメラでの撮影ですが、炙り出してやると赤い星雲が薄っすらと浮かび上がってきます。

      ポタ赤で追尾したのですが、どれも星が少し流れてしまいました。
      極軸調整というよりも、ポタ赤と雲台のたわみのような気がします。


       








      2017.06.04 Sunday

      夏の銀河(天の川)

      0

        5/20の晩に長野県の蓼科で撮影した星空写真です。

        夏の銀河(天の川)をノーマルカメラと広角レンズで撮影しました。
        ポタ赤で追尾して、星景写真よりはっきりくっきり調に仕上げています。



        さそり座からわし座あたりまでの夏の銀河(天の川)


         2017/05/20 23:56  EF16-35 f2.8 (20mm)
         ISO2500、F4.0、追尾撮影(120秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置、4枚をコンポジット
         EOS 6D RAW  長野県・蓼科にて


        さそり座からわし座あたりまでの夏の銀河(天の川)です。
        ”いて座” はまだ低いですが、”さそり座” が立っているこの頃が好きです。

        南の低空は空の状態があまり良くなくて、街明りなどによるカブリのムラがかなり醜い状態です。
        グラデーションマスクを使ってかなり補正しましたが、コントラスト強調は控え目に仕上げました。
        いつものことですが、このあたりの銀河(天の川)の色合い調整には悩みます。


        下はカブリ補正等をする前のRaw現像直後の画像です。





        たて座からケフェウス座あたりまでの夏の銀河(天の川)


         2017/05/20 23:43  EF16-35 f2.8 (19mm)
         ISO2500、F4.0、追尾撮影(120秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置、4枚をコンポジット
         EOS 6D RAW  長野県・蓼科にて


        夏の大三角を真ん中に配置して、”たて座” から ”ケフェウス座” あたりまで入れてみました。
        星景写真を撮った頃よりもだいぶ昇ってきたので、銀河(天の川)の写りが良くなりましたね。

        南側と比較すると、東側は空がとてもきれいです。
        暗さだけでなくて空が澄んでいるのですよね。


         








        2016.12.06 Tuesday

        秋から冬の銀河(天の川)

        0

          ポタ赤で追尾撮影して、星野写真風に仕上げました。
          弱めのディフュージョン・フィルターを使っています。



          ペルセウス,ぎょしゃ,おうし


           2016/11/25 23:27  EF24mm F1.4→4.0  ポタ赤で追尾撮影(180秒)  5枚をコンポジット
           Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置  トリミング : 93%×93%
           EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


          秋から冬の銀河(天の川)を主題にして、ペルセウス,ぎょしゃ,おうしを撮ってみました。
          右上にはカシオペアの一部が写っていて、左下にはエンゼルフィッシュ星雲が微かに写っています。
          星座(星の並び)が分かりやすいように、画像は180°回転させています。
          構図がイマイチなのは目をつむって下さい。
          ポタ赤と自由雲台の組み合わせは、カメラが思った方向になかなか向けられないのですよね。

          ノーマルカメラなので大人しい色合いですが、天の川の星の密度の高い領域と暗黒帯との対比が面白いです。
          おうし座の分子雲は暗黒帯と繋がっているように見えますね。

          広角レンズでの星野写真は、フラット補正(明るさと色ムラ)がとても厄介です。
          処理の大半はグラデーションマスクを使った補正に費やしています。
          フラットフレームは作っていないので、周辺部が補正しきれなくてトリミングして誤魔化しました。
          補正がそこそこ出来たので、思い切って派手に仕上げてみましたが、ちょっとやり過ぎましたかね(苦笑)。
          でもこんな写真が撮りたかったのです。


           








          2016.11.29 Tuesday

          秋の銀河(天の川)

          0

            ポタ赤で追尾撮影して、星野写真風に仕上げました。
            弱めのディフュージョン・フィルターを使っています。



            ケフェウス、カシオペア、ペルセウス


             2016/11/25 22:48  EF24mm F1.4→4.0  ポタ赤で追尾撮影(180秒)  4枚をコンポジット
             Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置  トリミング : 93%×93%
             EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


            秋の銀河(天の川)を主題にして、ケフェウス,カシオペア,ペルセウスを撮ってみました。
            ノーマルカメラなので大人しい色合いですが、天の川の星の密度の高い領域と暗黒帯との対比が面白いです。
            右端の明るい星はぎょしゃ座のカペラで、真ん中の上の方にはアンドロメダ銀河も写っています。
            左端にオレンジ色の星が目立っていますが、ケフェウス座のガーネットスターです。
            右端にはカリフォルニア星雲が薄っすらと写っています。

            ポタ赤での星野写真ということで、軽い気持ちで撮ったのですが、そんなに甘くはなかったです。
            まずフォーカスが甘くて、星像が太ってしまい、フリンジも発生していました。
            そしてフラット補正(明るさと色ムラ)がとても厄介でした。
            フラットフレームは作っていないので、周辺部をトリミングして誤魔化しています。
            画像の左側は地平高度がやや低いこともあって、明るくて赤っぽくなっていました。
            グラデーションマスクを使って補正していきましたが、どうしても補正しきれません。
            そこでFlatAideの手を借りて補正した画像を不透明度50%で重ねました。
            そのために天の川のもくもくが少し損なわれてしまっています。
            やはり広角レンズでの星野写真は難しいですね。


             








            2016.09.13 Tuesday

            夏の大三角付近の銀河(天の川)

            0

              8/31の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

              ”夏の大三角” 付近は何度撮っても飽きませんねえ。


              夏の大三角付近の銀河(天の川)


               2016/08/31 21:22  EF24mm F1.4→4.0  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置
               ポタ赤で追尾撮影(120秒) 4枚をコンポジット  トリミング : 88%×88%
               EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


              ポタ赤で追尾撮影して、星野写真風に仕上げました。
              ディフュージョン・フィルターをレンズの後ろに配置しています。
              周辺部の色ムラ?が補正しきれなかったので、少しトリミングしています。

              ノーマルカメラですが、北アメリカ星雲などを出そうとしていったらこんな風になりました。
              いつもは銀河(天の川)の黄色っぽい色合いを抑えるのですが、今回はあえてそのままにしています。
              いつもの仕上げ方とかなり違うのですが、これもいいかなと思っています。


               








              2016.06.18 Saturday

              さそり,いて,たて 付近の銀河(天の川)

              0

                6/1の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                ポタ赤で追尾撮影しています。



                さそり,いて,たて 付近の銀河(天の川)


                 2016/06/01 23:34
                 EF24mm F1.4→4.0、Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろ配置
                 ISO1600、追尾撮影(120秒)、4枚をコンポジット
                 地上風景部分は1枚を別処理してマスクを使って合成
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                稜線がへこんでいるあたりがちょうど南です。
                ぎりぎりでしたがオメガ星団が見えた記憶があります。
                甲府盆地の街明りで特に低空は明るいので、少し(だいぶ?)補正してあります。
                この時期としては空の透明度が結構良かったので、夏の銀河(天の川)がきれいに写りました。

                さそり座,いて座,たて座 付近の銀河は雲のようにもくもくしていますね。
                バンビも何とか分かります。
                それにしても最接近を迎えた ”火星” の存在感には圧倒されますね。

                1枚を地上風景用に別処理してマスクを使って使って合成しています。
                灯りの点いている建物(トイレ)のおかげで、地上風景が殺風景にならずに済んだと思っています。



                さそり,いて,たて 付近の銀河(天の川)


                 2016/06/02 00:12
                 EF24mm F1.4→4.0、Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろ配置
                 ISO1600、追尾撮影(120秒)、4枚をコンポジット
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                地上風景を考えないで撮影し仕上げたバージョンです。



                夏の銀河(天の川)


                 2016/06/02 01:27
                 EF24mm F1.4→4.0、Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろ配置
                 ISO1600、追尾撮影(120秒)、4枚をコンポジット
                 EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


                天の川がだいぶ立ってきたので縦構図で撮ってみました。
                ”さそり” から ”わし” まで入っています。
                ポタ赤で追尾撮影しています。

                たっぷり露光したいところですが、街明りの影響が大きくて低空のカブリが酷いです。
                色合いもどう調整して良いのか、悩んで悩んで堂々巡りです。

                 

                 









                2016.06.10 Friday

                ポタ赤で撮った 夏の大三角

                0

                  6/1の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                  前回(5/12)はポタ赤の極軸合わせを失敗してしまったので、再挑戦しました。
                  極軸望遠鏡のほぼ中心付近にちゃんと北極星を入れたので、追尾はほぼOKでした。



                  夏の大三角付近の銀河(天の川)


                   2016/06/02 01:07  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろ配置
                   ポタ赤で追尾撮影(180秒)  4枚をコンポジット
                   EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


                  ポタ赤で追尾撮影して、星野写真風に仕上げました。
                  ディフュージョン・フィルターをレンズの後ろに配置しています。

                  ISO感度を落としてたっぷり露光すると、写りが違いますね。
                  かぶりなどの偏りをできるだけ補正してから、星景写真と比べて強めの処理を施しています。
                  でも色合いは少し青みを少し強くしてあります。
                  たて座付近の銀河(天の川)の色合いが苦手なので、ケフェウス座方向に写野を広げました。

                  ノーマルカメラなので、赤い星雲の写りは良くないですが、全体の色合いは気に入っています。
                  ポタ赤での追尾なので、追尾は微妙にずれています。
                  ちゃんとした赤道儀で本格的に撮影したいですね。


                   








                  2016.06.01 Wednesday

                  ポタ赤で撮った さそりと夏の銀河(天の川)

                  0

                    5/12の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



                    さそりと夏の銀河(天の川)


                     2016/05/13 02:20 EF24mm F1.4→2.8
                     ポタ赤で追尾撮影(60秒) 4枚をコンポジット  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置
                     EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


                    ポタ赤で追尾撮影して、星野写真風に仕上げました。
                    やはり追尾してたっぷり露光すると写りが全然違いますねえ。
                    色合いも星景写真よりは青みを抑えています。
                    でもここは南側があまり暗くないので、カブリ補正がちょっと大変でした。

                    天の川の明るく輝いている部分と暗黒帯とのコントラストがとても面白いですね。
                    中央に暗黒帯が走っていて、天の川が二分されている様子が分かります。
                    そして、たて座のあたりでは右側の部分までもが暗黒帯に浸食されてしまっていますね。
                    ロバの形をした大きな暗黒星雲も目に付きます。
                    天の川の特に濃い部分はスタークラウド(cloud=雲)と呼ばれています。
                    特にいて座の明るい部分はグレート・スタークラウド、たて座の明るい部分はスモール・スター・クラウドと呼ばれています。
                    最近は「バンビの横顔」もスタークラウドと呼ばれているようです。

                    一番明るい星は ”火星” で、その左側の明るい星は ”土星” です。


                     








                    2016.05.22 Sunday

                    ポタ赤で撮った 夏の大三角

                    0

                      5/12の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



                      夏の大三角からたて座付近の銀河(天の川)


                       2016/05/13 01:53  EF24mm F1.4→2.8
                       ポタ赤で追尾撮影(120秒) 4枚をコンポジット
                       EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      ポタ赤で追尾撮影して、星野写真風に仕上げました。
                      これはディフュージョン・フィルター無しバージョンです。

                      はくちょう座付近とたて座付近とでは、銀河(天の川)の色合いが全然違うのが分かります。
                      天の川銀河の中心方向に近づくと、茶色味(黄色味)が強くなります。
                      私はどうもこの色合いが苦手でして、背景の青みを強くすることでバランスをとることにしました。
                      ケフェウス座の方向に構図をずらせば良かったです。

                      実はこれ、失敗作です。
                      写野内で星が回転しているので、極軸が大幅にずれていたようです。
                      1枚撮影した後で画像をチェックしたのですが、中央部しか見なかったこともあって気が付きませんでした。
                      特に左上で星の流れが大きくて、ちょっとピンボケのように見えてしまいますね。

                      写野が広いと、明るさや色合いの偏りがどうしても生じてしまいます。
                      グラデーションマスクを使ってそれらをできるだけ補正した後で、少し強めの処理を施しています。

                      広角レンズでの星野写真はとても楽しいのですが、本格的にやろうとするとフラット補正とカブリの偏り補正がとても厄介です。
                      レンズをもう1段絞り込んで、さらに周辺を少しトリミングすることで逃げられないかなあ?



                      夏の大三角からたて座付近の銀河(天の川)


                       2016/05/13 02:02  EF24mm F1.4→2.8
                       ポタ赤で追尾撮影(120秒) 4枚をコンポジット  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置
                       EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      これはディフュージョン・フィルター有りバージョンです。
                      私はどちらかと言うとフィルター有りのほうが好きです。
                      昔のフィルムはフィルター無しでも明るい星ほど大きく写って、その雰囲気に近いのですよねえ。
                      そして銀河(天の川)の表現はフィルター無しのほうが優りますが、全体の色合いがフィルター有りのほうが好みなのです。
                      でもフィルターの有無で色合いが違う理由はよく分かりませんし、その違いはかなり微妙なものです。


                       








                      ▲top