星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.10.02 Sunday

オリオンが昇ってきました

0

    9/9の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



    オリオンが昇ってきました


     2016/09/10 01:54  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン” が昇ってきました。
    まだ全形が見えてませんが、待ちきれなくて撮ってしまいました(苦笑)。

    柵の外の湖岸で撮っていますが、この構図は珍しいかもしれませんね。
    実は、東側は山が迫っているので女神像あたりまで行くとオリオン大星雲などが隠れてしまうと思ったのです。



    オリオンが昇ってきました


     2016/09/10 02:23  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン” の最後の星がやっと見えてきました。
    待っているとなかなか昇ってこないものですよね。
    でも薄雲があるようで、輝きが鈍いです。
    そして南側から嫌な感じの雲が広がってこようとしています。



    女神像とオリオン,ヒアデス,プレアデス


     2016/09/10 02:50  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO1600、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    やはり黒い雲がどんどんと広がってきてしまいました。
    これは雲間が広がったチャンスに撮影したものです。
    ”オリオン” と ”ヒアデス” と ”プレアデス” を一緒に写すには、ちょうど良い頃合いですね。

    少し待てば雲は通り過ぎるだろうと思っていたのですが、どうもそうではなさそうです。
    雲間はどんどんと狭くなってきたので、今夜はこれで終了にしました。
    前回に続いて ”冬の大三角” が見れなかったのはとても残念です。

    今回の星景写真は、見直してみると地上風景が少し暗いですかね。
    星空の明るさ(暗さ)は輝度の数値でチェックしているのですが、地上風景はそこまでやっていないのです。


     








    2016.09.30 Friday

    女神像と秋の銀河(天の川)

    0

      9/9の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。


      女神像とカシオペアからはくちょう付近の銀河(天の川)


       2016/09/10 02:35  EF24mm F1.4
       地上風景部分 : ISO1600、F2.8、固定撮影(120秒)
       星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
       地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
       EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


      ”はくちょう” から ”カシオペア” あたりの銀河(天の川)がきれいに見えたので、「女神像」と一緒に撮りました。
      天の川が女神像にかからないようにするのは無理なので、思い切って重なるように構図をとっています。
      こうして割り切ると、構図決めの自由度が広がりますね。
      でもこういう場合、意外とデネブが隠れてしまったりするので、要注意です。

      こちら側は雲が無いと思ったのですが、撮影して気が付きましたがそうでもなかったです。


       








      2016.09.29 Thursday

      鹿鳴峡大橋と星々

      0

        9/9の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。


        鹿鳴峡大橋と星々


         2016/09/10 01:07  EF24mm F1.4
         地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
         星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
         地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
         EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


        久し振りに鹿鳴峡大橋を入れて星景写真を撮ってみました。
        あれ?橋の照明が1つ消えていますね。
        そして一時は水位がだいぶ下がっていましたが、8月後半以降の雨で回復したようです。

        ”夏の大三角” を入れたかったのですが、方向的に無理なのですよねえ。
        それがとっても残念です。
        構図的にうまく収まるのは、カシオペアと北斗七星ぐらいでしょうか?



        新月期になったというのに、全く晴れませんねえ。
        今年の秋雨前線は例年になく手強いです。


         








        2016.09.27 Tuesday

        昇ってきたおうしとぎょしゃ

        0

          9/9の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



          牡鹿像と昇ってきたおうしとぎょしゃ


           2016/09/10 00:06  EF24mm F1.4
           地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
           星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          冬の星座の先陣を切って ”おうし” と ”ぎょしゃ” が昇ってきました。
          おうし座は ”プレアデス星団(すばる)” と ”ヒアデス星団” という2つの大きな散開星団が主役です。
          ぎょしゃ座は明るい ”カペラ” がとても目立ち、五角形の星の並びが特徴です。

          前景には「牡鹿像」に入ってもらいました。
          いつ見ても立派な角ですね。

          山の向こうの低空に黒い雲が見えています。
          やってこなければ良いなあと思っていたのですが、しばらくするとやってきてしまいました。



          女神像と昇ってきたおうしとぎょしゃ


           2016/09/10 01:02  EF24mm F1.4
           地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
           星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
           地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
           EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


          東側からやってきた雲は思ったよりも曲者でした。
          雲間が広がるようで広がらないので、駐車場に一旦戻りました。
          星がだいぶ見えてきたので撮影しに行った時には、先ほどからもう1時間ほど経っていました。

          先ほどは前景に「牡鹿像」に入ってもらったので、今度は「女神像」です。
          と思ったら、ちょうど牡鹿像も入りました。
          いつも思うのですが、この方向からだと女神が前の方に傾いて見えるのですよね。
          今度明るいうちにしっかり見てみましょう。


           








          2016.09.24 Saturday

          女神像と夏の大三角

          0

            9/9の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

            GPVの予報は真っ黒ではなく濃いめの灰色だったのですが、新月期のラストチャンスだったので思い切って出かけました。
            でもやはり落ち着かない天気で、安定した晴れ間は1時半から2時半までの1時間ほどでした。



            女神像と夏の大三角


             2016/09/10 00:00  EF24mm F1.4
             地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
             星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            0時頃になって晴れ間がだいぶ広がってきたので、星景写真を撮り始めました。
            まずは ”夏の大三角” です。
            でも写真を撮ってみると、まだ雲がだいぶありますね。
            低い雲のようで、街明りに照らされていなくて目ではよく見えないのです。
            雲間の星空は結構きれいに写っているので、空の透明度はまあまあのようです。
            すっきり晴れ渡って欲しいなあ。



            女神像と牡鹿像と夏の大三角


             2016/09/10 00:18  EF24mm F1.4
             地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
             星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
             地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
             EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


            雲が無くなると ”夏の大三角” がきれいに見えてきました。
            でも気が付かなかっただけで、ちぎれ雲があったのですね。

            女神像から少し離れて牡鹿像も入れてみました。
            左下には女鹿像も写っていますね。
            近くには小鹿像もあるのです。

            今夜はときどき物音がしてちょっと落ち着きません。
            ときどき鳴き声が聞こえるので、鹿が近くにいるのでしょうか?


             








            2014.10.17 Friday

            冬の星座たち

            0

              9/28の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。
              今日ご紹介するのは「冬の星座たち」で、これでこの日の夜遊びで撮影した写真は最後になります。



              冬の大三角が昇ってきました


               2014/09/29 02:58  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
               EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


              ”シリウス” と ”プロキオン” が昇ってきて ”冬の大三角” が揃いました。
              ここでは瑞牆山によって、”シリウス” のほうが先に見えてきます。
              シリウスの右上に見える星が見えてきた時に、シリウスと間違えてしまいました(苦笑)。

              左半分が少し白っぽく見えるのは冬の銀河(天の川)です。
              コントラスト強調処理で浮かび上がらせていますが、空の状態が良いのでよく写りました。
              ”ばら星雲” もなんとかその存在が分かります。



              冬のダイヤモンド(冬の大六角形)


               2014/09/29 03:20  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、少し絞る)
               Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(180秒)  EOS 5DMark2 RAW、ISO3200
               トリミング : 96%×96%  山梨県・みずがき山自然公園にて


              明け方近くになると ”冬のダイヤモンド(冬の大六角形)” がもうしっかりと見えるのですね。

              上から時計回りに、以下の6つの明るい星が六角形を形成しています。
                ・ぎょしゃ座のカペラ
                ・おうし座のアルデバラン
                ・オリオン座のリゲル
                ・おおいぬ座のシリウス
                ・こいぬ座のプロキオン
                ・ふたご座のポルックス

              ”プレアデス(すばる)” が「僕も入れてくれ〜」と言っているように私には感じます。
              そして、左端の稜線のすぐ上に ”かに座” が見えているのを見つけました。
              黄道光が冬の銀河(天の川)とクロスしている様子が分かりますね。

              9/22にも同じような構図で撮ったのですが、この日のほうが写りがすっと良いです。
              やはり星空写真は空の透明度次第ですね。



              冬の銀河(天の川)と黄道光


               2014/09/29 04:01  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、少し絞る)
               追尾撮影(240秒)  EOS 5DMark2 RAW、ISO3200
               トリミング : 96%×96%  山梨県・みずがき山自然公園にて


              明け方に冬の銀河(天の川)と黄道光がクロスしている様子が見られました。
              冬の銀河(天の川)は左上から右下へと流れています。
              黄道光は左下から右上へと、木星付近からふたご座の足元付近まで伸びています。

              黄道光は薄明が近づくにつれて肉眼でも確認できました。
              薄明が始まった頃のほうが見やすかったかもしれません。
              黄道光はかなり淡いので、コントラスト強調処理で炙り出したのですが、少し不自然な感じになってしまったかもしれません。

              この写真は9/29にもご紹介しましたが、2枚目の写真と対比させるために再度掲載しました。


               








              2014.10.11 Saturday

              沈んでいくはくちょうとカシオペア

              0

                9/22と9/28の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。
                今日ご紹介する写真は「沈んでいくはくちょうとカシオペア」です。

                この時期の夜半過ぎには ”夏の大三角” が沈んでいきます。
                そのなかで最後まで残っているのが ”はくちょう” です。
                そしてそれに続く ”秋の銀河(天の川)” には、古代エチオピア王家の神話に登場する星座が並んでいます。
                神話での主役はともかくとして、一番目立つ星座は ”カシオペア” ですよね。


                沈んでゆくはくちょうとカシオペア


                 2014/09/23 02:26  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
                 EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


                ”はくちょう” が頭を下にして沈んでいきます。
                ”ケフェウス”,”カシオペア” へと続く秋の銀河(天の川) が思ったよりもきれいに見えていました。

                ちょっと絵になる車が停まっていたので、前景に入れてみました。
                でも ”カシオペア” がぎりぎりになってしまいましたね。



                沈んでいくはくちょうとカシオペア


                 2014/09/29 02:19  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(120秒)
                 EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


                ”はくちょう” が半分ほど沈んでしまいました。
                そこから秋の銀河(天の川)が続いていて、”ケフェウス” と ”カシオペア” が見えています。
                この構図が大好きで、ついついカメラを向けてしまいます。

                こんなに低空まで銀河(天の川)が写るのは、今日は空の透明度が良いのでしょうね。
                そう言えば、もっと高度が高い時には ”北アメリカ星雲” の存在が肉眼でも分かりました。


                 








                2014.10.07 Tuesday

                南側の秋の星座は寂しいなあ

                0

                  9/28の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                  最近はこってり系の写真が多かったので、今日はあっさり系です。


                  南側の秋の星座は寂しいなあ


                   2014/09/28 21:09  EF24mm F1.4→3.2  追尾撮影(60秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
                   EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて  2枚をパノラマ合成


                  横にずらして2枚撮影した画像を PhotoMerge でパノラマ合成してみました。
                  山が一番低くなっているところがちょうど南のようです。

                  南側の秋の星座が見えているようですが、明るい星が少なくて寂しいですねえ。
                  恥ずかしながら、星座がほとんど分かりません。
                  分かるのは、一番明るい星が ”フォーマルハウト” だということだけです。

                  という訳で、この日は100mmレンズによる星野写真はこの領域は断念しました。
                  次回までには勉強せねば!

                  ”フォーマルハウト” は ”みなみのうお座” なのですよね。
                  ”みなみのうお座” の上が ”みずがめ座” ですか。
                  おお〜、みずがき湖の女神像が抱えているみずがめはこんなところにあったのか!
                  ”みずがめ座” の右が ”やぎ座” ですか。
                  私の星座はこんなところにあったのか。
                  左のほうからは ”くじら座” や ”うお座” が顔を出しているようです。
                  右上隅の明るい星は ”ペガスス座” のγ星のようです。

                  でもやっぱりよく分からないです。
                  次回は見やすい星図を持っていこうと思います。


                   








                  2014.10.06 Monday

                  西の空に傾いた夏の大三角

                  0

                    9/22と9/28の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                    今日ご紹介するのは「西の空に傾いた夏の大三角」です。



                    沈みゆく夏の大三角


                     2014/09/23 00:36  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
                     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


                    西の空で ”夏の大三角” が沈んでいこうとしています。
                    ”わし座のアルタイル” がときどき雲に隠れてしまいますが、しっかり見えている時を狙ってシャッターを切りました。

                    テントに灯りが灯っています。
                    もう少し数があると良かったのですが、、、。

                    この日は、このように雲が湧くことが多かったです。
                    でも雲間から見える星空は結構きれいでした。
                    この場所でこの方向の低空に透明感があるのは珍しいです。



                    夏の大三角


                     2014/09/28 22:24  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
                     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


                    ”夏の大三角” の高度はまだ高いので、背の高い木を入れて見上げるように撮ってみました。
                    下半分は空の透明度が少し落ちるので、ちょっとすっきり感がないですね。

                    駐車場の下の道を少し歩いて適当な場所を見つけましたが、近くに鹿がいるようで落ち着きませんでした(苦笑)。

                    もちろん肉眼では天の川はこんなふうには見えません。
                    でも街明りなどが全く無くて、暗いものに対する目の感度が10倍ほど高ければ、このような情景が見えるのではないでしょうか?



                    西の空に傾いた夏の大三角


                     2014/09/28 23:51  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
                     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


                    駐車場の下の道へ降りて、管理棟?を前景にして ”夏の大三角” を撮ってみました。

                    私はこのように建物などを前景に入れるのが好きです。
                    灯りもカラフルで、明るさもちょうど良いですね。

                    暗くてよく見えなかったのですが、道とキャンプサイトの間には電気柵があるようでした。
                    鹿避けでしょう。
                    実際に電気が流れているのかどうかは分かりませんでしたが、夜間に動き回るときは注意が必要ですね。

                     








                    2014.10.02 Thursday

                    カシオペア付近の秋の銀河(天の川)

                    0

                      9/28の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

                      撮影のメインは100mmレンズによる星野写真ですが、その撮影中はポタ赤を使って星景写真を撮っています。
                      今日ご紹介するのは、カシオペア付近の銀河(天の川)を主体としたものです。

                      最近、銀河(天の川)を撮影したものは「はっきりくっきり仕様」で仕上げています。
                      好き嫌いはあると思いますが、今はマイブームになっています。



                      カシオペアとケフェウス、そしてペルセウス


                       2014/09/28 20:34  EF24mm F1.4→3.2  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
                       EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      この日の星景写真?のファーストショットは「いて座からわし座にかけての銀河(天の川)」でしたが、次は北東方向の ”カシオペア” と ”ケフェウス” を撮りました。
                      ”ペルセウス” の一部も見えてきています。
                      ”北極星” と ”アンドロメダ銀河” まで入れた、とても贅沢な構図にしてみました。

                      空が少し明るく感じられたので、レンズをいつもより少し絞っています。

                      秋の銀河(天の川)がはっきり撮りましたが、右側がシアンが強くて左側がマゼンタ?が強いのですが、この発色は本当でしょうかね?

                      この日は快晴で、雲が湧くような気配は感じられませんでした。
                      湿度も低くて機材に夜露が付く心配もなかったです。
                      朝まで快晴が続いて欲しいと思いながら撮影していました。



                      カペラとすばるが昇ってきました


                       2014/09/28 22:14  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
                       EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき山自然公園にて


                      ”カシオペア” や ”ペルセウス” に続いて、”ぎょしゃ座のカペラ” と ”すばる(プレアデス)” が昇ってきました。
                      これから続々と昇ってくる冬の星座の先駆けです。

                      駐車場から上の芝生広場へ登る階段を入れたのですが、ほとんど黒く潰れてしまいましたねえ。
                      Photoshopだとなんとか見えるのですがねえ。
                      前回よりも駐車場の車が少ないので、機材を抱えてあちこち歩き回って撮影しています。

                      空の透明度が良いので、秋の銀河(天の川)の写りが良くて楽しいです。
                      ついついコントラスト強調を強めに仕上げてしまいます(苦笑)。


                       








                      ▲top