星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 薬師池公園の梅 | TOP | 月夜の星景写真 >>

2014.03.14 Friday

昇ってきた夏の銀河(天の川)

0

    3/10の晩(3/11の明け方)に撮影した星空写真をご紹介します。

    今日は「昇ってきた夏の銀河(天の川)」です。
    ”さそり座” から ”夏の大三角” までを写したかったので、対角魚眼レンズを使いました。



    昇ってきた夏の銀河(天の川)

     2014/03/11 04:20  EF15mm F2.8→4.0  追尾撮影(120秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    夏の銀河(天の川)が昇ってきました。
    前回(3/4)よりも空の状態が少し良いようで、天の川は肉眼でも見えました。
    この場所でこれだけ撮れれば、まあ満足ですね。
    −13℃以下に冷え込んでいますが、頑張って良かったです。

    ISO感度を少し下げて露光時間を長くしたのですが、どうでしょう?



    昇ってきた夏の銀河(天の川)

     2014/03/11 04:25  EF15mm F2.8→4.0  追尾撮影(120秒)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    続いて、ディフュージョンフィルター無しで撮ってみました。
    それぞれに特徴があって、甲乙付けがたいですね。

    同じような条件でRaw現像しているのですが、色合いが微妙に違っています。

    ディフュージョンフィルターを外してポケットに入れたつもりだったのですが、落としたようです。
    ライトを点けてあちこち探して、ようやく見つけました。



    昇ってきた夏の銀河(天の川)

     2014/03/11 04:48  EF15mm F2.8→4.0  追尾撮影(90秒)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    天文薄明が始まってから10分後です。
    肉眼では変化が感じられないのですが、写真では色合いが随分と変わってきていますね。
    この場所は街明かりの影響で、星空の発色が濁った感じになってしまいます。
    薄明が始まって街明かりの影響が少しは薄れたようで、少しきれいな色合いになってきました。



    薄明中の夏の銀河(天の川)

     2014/03/11 04:59  EF15mm F2.8→4.0  追尾撮影(90秒)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    これは3/11にご紹介した写真です。

    天文薄明が始まってから20分後です。
    肉眼でも、空が明るくなってきたのが分かり、見えている星の数も減ってきました。
    夏の銀河(天の川)も薄くなりましたが、まだ肉眼でも微かに見えていました。

    この場所は街明かりの影響で、星空の発色が濁った感じになってしまいます。
    薄明が始まればその影響が和らぐのではと思っていたのですが、狙いは当たったようです。
    空の色合いはイメージで仕上げてみました。

    ”金星” がいい仕事をしてくれました。
    それに薄っすらですが、富士山も見えています。


     








    コメント

    こんにちは
    昨日の雨で、山は再び降雪でした。満月期だからやりたかったこともあるので、ちょっと残念です。
    LEEフィルターを現場で取り外すなんて、かなり無謀な挑戦ですね〜。私は怖くてできませんよ。
    北八でマグライトで落し物探しをしている姿を見ているので、今回の光景が容易に目に浮かびます(笑)
    小っちゃくて透明な奴、出てきてよかったですねぇ。
    2014/03/14 7:11 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    気温が高かったのでどうかなと思っていたのですが、山は雪ですか。
    本当は野外でレンズを外したくないのですが、背に腹は換えられません。
    電源スイッチを切ったり入れたりして、センサークリーニングを忘れないようにしています。
    一度探して残念したのですが、諦めずに再度探して見つけました。
    自分でもよく見つかったと思いますよ。
    2014/03/14 7:35 AM by やまねももんが
     空の色合いの変化がかっちょええです。
     なるほど、画像補正の程度の差もあると思いますが、薄明がはじまってからの天の川、確かに澄んでますね。
     星好きや天体写真を見慣れている人はディフージョンフィルター入り、純粋に景色としてきれいな天の川の写真ととらえる人はフィルターなし、を選ぶイメージです。勝手なイメージですが(笑。
    2014/03/14 10:21 AM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    薄明が少し始まった頃の星空写真の良さを改めて見直しました。
    いつもは薄明が始まる前に帰ってしまうのですよね。
    これからは空が明るくなるのがどんどん早くなっていくので、機会が増えそうです。

    フィルター有無は、好みが分かれそうですね。
    そう思って、面倒でしたが両方撮ってみました。
    2014/03/14 10:59 AM by やまねももんが
    こんにちは!
    フイルターをつけるととてもファンタジックな感じになりますね!つけないと、地上風景に目がいきます。私はどちらも好きですね!この前大分の久住でサソリ座と天の川を撮りました、とてもとても寒くて、やまねももんがさんは、いつもこうして撮影されてんだなーって思いました。私は
    野外でちょっと気になるレンズ交換した時などは、ブロアーで手動ダスト処理をしています。
    2014/03/14 7:39 PM by kazu
    >kazuさん、こんばんは。

    明るい星を主体にするならフィルター有りで、天の川と地上の風景を主体にするならフィルター無しなのでしょうね。
    私もどちらも好きですよ。
    久住って、とても星がきれいな場所なんでしょ。
    でも標高が高いから寒かったでしょうね。
    でも寒いのはカメラにも良いし、星空もきれいなことが多いのですよね。
    2014/03/14 8:07 PM by やまねももんが
    フィルタ有り無しで雰囲気かわりますね。
    こうやって見比べると面白いですね。
    うーーん、どちらもいいけど
    私はフィルタ無しのほうが好みかも。
    はやく天の川とりたいです。
    2014/03/15 11:13 AM by 道端小石
    >道端小石さん、こんにちは。

    現地では、どちらかを選べずに両方撮ってみました。
    それぞれに良いところがありますよね。
    天の川の描写を重視するなら、フィルター無しでしょうかね。
    次の新月期は天気が良いといいですね。
    2014/03/15 12:46 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top