星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 夕暮れ時のみずがき湖畔 | TOP | カタクリの花が咲きました >>

2014.03.25 Tuesday

液晶モニターの接続端子  えっ!そうだったの?

0

    OSをXPからWindows7にするために、PCを買い替えました。
    Windows8にしなかったのは、一部のソフトで動作の問題がありそうだからです。
    液晶モニターは今までのをそのまま使います。

    XP機では液晶モニターの接続に、VGA端子(D-Sub15ピン)を使っていました。
    なぜアナログ端子かというと、アナログ端子のほうが画質が良いと何かで読んだからです。

    だからWindows7機でも同じように接続しました。
    でも今までWUXGA(1920x1200)で表示していたのが、少し小さめの解像度でしか表示できないのです。
    いろいろ調べたら、Haswell世代のIntelオンボードグラフィックスではアナログ信号出力の仕様が変わったためだそうです。
    液晶モニターの製品最新情報には、この問題を回避するためにデジタル接続(DVI端子)を使うようにとありました。
    えっ、デジタル端子を使うの?


    小さめの解像度で我慢するかどうか悩みましたが、Photoshopで画像処理をするには広い画面が欲しいです。
    画面イメージを下に示します。



    60Daの画像を25%表示して、ヒストグラム,処理の属性,レイヤーの3つのサブウィンドウを右側に並べています。
    ナビゲーターのサブウィンドウまでは並びませんでした。


    と言うわけで、デジタル端子(DVI-I端子)を使うことにしました。
    でもメモ帳などのテキスト表示で文字がすごく細いことに気が付きました。
    新しいPCのマニュアルを読んでいたら、デジタル接続はアナログ接続よりも画像が鮮明に表示されると書いてあるじゃないですか。
    あれ?逆じゃないの?
    調べてみたら、やはりそのようです。
    どうやら私は間違っていたようです。
    でも、文字は前のほうが見やすかったなあ(苦笑)。


    星野写真を改めて見てみると、その差はやはりあるように感じます。
    フォーカス合わせも処理もうまくいったものは、とてもきれいに見えます。
    でもその逆のものは欠点がより目立ちます。
    欠点が目立つというのは厳しいですねえ。
    また処理をやり直すかなあ。
    こうして再処理地獄の深い沼にどんどんと沈んでいくのです(涙)。


     








    コメント

     おはようございます。
    朝から笑わしていただきました。
     何かで読んだ情報をかたくなに信じ、時代から消えつつあるD-Sub端子にしがみつく(笑)
     師匠!!確実に歳取っていってますねぇ(笑)
     ところで今買い替えたなら、HDMIとDVIぐらいついてると思うのですが、モニタ2台にされたらどうです?
     私はメインを気合い入りモニタ、資料とかPSのようなパレット類を格安モニタで表示の2台体制です。
     画質云々は私はわかりませんが、モニタも安くなったので、2台体制どうです?便利ですよ。
    2014/03/25 8:21 AM by 山口のじぃ
    ああー。最近職場のパソコンをWin7機に変更したら解像度が変なのしか選べなくなったのはそのせいだったのですね。納得です。

    文字が細かくなるのは勘弁ですね。(笑)
    2014/03/25 8:44 AM by まるこう
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    はい、今年で還暦を迎えましたからねえ(笑)。
    比較するものが無いと、こんなものだと思ってしまうのでしょうね。
    モニター2台ですか?
    机が広くないので2台は置けませんよ。
    2014/03/25 12:00 PM by やまねももんが
    >まるこうさん、こんにちは。

    まさかこんな仕様変更があったとは思いませんでしたよ。
    年寄りには、小さくて細い文字は厳しいです(苦笑)。
    2014/03/25 12:04 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top