星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< パンスターズ彗星 C/2012 K1 | TOP | 画像処理が進まないのは、、、 >>

2014.05.09 Friday

星野写真(60Da、100mm) かみのけ座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。

    この「かみのけ座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M53(NGC5024) : 球状星団
      ・M64(NGC4826) : 渦巻銀河 (黒目銀河)






      撮影日時 : 2014/05/03 21:17〜  360sec×12枚+60sec×8枚
      撮影場所 : 長野県・蓼科・北八ヶ岳にて  気温は約-3℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
         ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
         ・CameraRaw6 : Raw現像
         ・StellaImage6.5 : 6分画像と1分画像のコンポジット、デジタル現像
         ・FlatAide : フラット補正
         ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(B)、透明度(B)、フォーカス(B) 5段階評価



    ”かみのけ座” は明るい星が無くて、星座の形はよく分かりません。
    星座を形どっている主な星が並んでいるこの領域は、意外と銀河や星団が少ないです。
    それでも2つのメシエ天体があります。
    一つは球状星団で、もう一つは系外銀河です。

    西の空に細い月がまだ残っている時に撮影したので、写りが少し悪いようです。
    球状星団を潰さないように注意して処理をしたので、何とかつぶつぶ感は表現できたかと思います。
    でもどうしても黒目銀河の黒目が出ませんでした(涙)。


    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    M53 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        系外銀河ばかりのこの領域に球状星団は珍しい存在です。
        小さいですが比較的明るいです。

        左下にあるNGC505も球状星団ですが、散開星団のように見えますね。
     



    M64 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        中心から少し離れたところに暗黒帯があるので「黒眼銀河」と呼ばれています。
        でも私の写真では全く分かりませんね。
     


     








    コメント

    目立つ対象の少ない領域といい撮影条件といい、やまねももんがさんにとっては若干物足りない撮影だったようですね。
    球状星団のツーショットはそれぞれ特徴が出ていていいと思います。
    黒眼銀河のほうはもう少しで特徴に手が届くかんじかな。
    でも100ミリでここまで撮れるのは、やはりさすがです。
    2014/05/09 10:39 AM by 悠々遊
    確かにここら辺は銀河に目が行ってしまい、球状星団は
    後回しになりそうです。でもメシエ天体なんですね。
    M13の弟分のM3も近いし、チェックしておきたいです。
    2014/05/09 10:54 AM by ヤマボウシ
    >悠々遊さん、こんにちは。

    かみのけ座と言う割には、ちょっと寂しい領域ですね。
    でもメシエ天体が2つもあるので、そう言ってはバチが当たるかな?
    この程度の焦点距離では、球状星団はなかなかの難物です。
    コントラスト強調処理をすると、すぐに潰れてしまします。
    またM64ぐらいの系外銀河も難しいですね。
    でもまあ100mmでは所詮無理だと思ってやっていますよ。
    2014/05/09 12:08 PM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    はい、この領域にメシエ番号の付いている球状星団があるのは知りませんでした。
    このシリーズをやっていて、いろいろと勉強になっていますよ。
    球状星団は一度は直焦点でチャレンジしてみたいですね。
    でも中心まで潰れずにつぶつぶ感を出すのは難しいんでしょうね。
    2014/05/09 12:11 PM by やまねももんが
    メシエさんがカタログ作ろうと思ったのは彗星とを判別するためとありますが
    前から不思議だったんですよね。大きな銀河とか
    星雲などあはまちがいわけねーだろう〜って
    今回のM64みて思いました。
    このような小さな銀河と間違わないようにするため
    だったんってことなんですかね。
    2014/05/10 8:59 PM by 道端小石
    >道端小石さん、おはようございます。

    写真だと形などははっきり分かりますが、望遠鏡で覗いたときはどれもぼやぁと見えるだけですよね。
    明るくて大きいものは別として、小さくて暗いものは判断がかなり難しいと思います。
    私はまず駄目ですね。
    2014/05/11 4:52 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1102

    トラックバック

    ▲top