星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 椅子をとられた | TOP | バラとてんとう虫 >>

2014.05.25 Sunday

星野写真(60Da、100mm) へびつかい座領域4

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。

    この「へびつかい座領域4」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M9(NGC6333) : 球状星団
      ・M19(NGC6273) : 球状星団
      ・S字状暗黒星雲(B72) : 暗黒星雲






      撮影日時 : 2014/05/08 01:58〜  300sec×10枚+60sec×8枚
      撮影場所 :  山梨県・みずがき湖にて  気温は約6℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw6 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : 6分画像と1分画像のコンポジット、デジタル現像
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(CD)、透明度(CD)、フォーカス(C)   5段階評価



    空の透明度が良くなくて、銀河(天の川)の写りが悪いです。
    途中で薄雲がかかってしまったかもしれません。

    この領域は球状星団だけだと思っていました。
    だから球状星団狙いの露光条件で撮影したのです。
    天の川の端という認識はあったのですが、こんなに暗黒星雲がうねうねしているとは知りませんでした。
    S字状暗黒星雲があるというのもすっかり忘れていました。

    天の川と暗黒星雲を表現したくて、球状星団を無視した処理をしてしまいました。
    でも写りが良くない画像なので、色合いが駄目ですねえ。
    空の透明度が良い時に再チャレンジしたいです。

    メシエ番号以外の球状星団もNGC番号を記入してみましたが、この領域は球状星団が多いですね。
    一方で散開星団がひとつも無いというのはちょっとびっくりです。



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    M9 (ピクセル50%表示で切り抜き)

         暗黒星雲の傍にあるのがM9です。
         つぶつぶ感は潰れてしまいましたが、恒星とは違うことは辛うじて分かりますね。

         左上のNGC6356と下側のNGC6342も球状星団です。
     



    M19 (ピクセル50%表示で切り抜き)

         右下にあるのがM19です。
         これもつぶつぶ感は潰れてしまいましたが、恒星とは違うことは辛うじて分かりますね。

         上側のNGC6284と左下のNGC6293も球状星団です。
     



    S字状暗黒星雲 (ピクセル50%表示で切り抜き)

         形が特徴的なことから、よく知られている暗黒星雲です。
         暗黒星雲としてはバーナードカタログでB72という番号が付いています。
     


     








    コメント

    へびつかいの足元がこんなに濃いとは意外でした。認識不足でした。
    透明度が悪かったり高度が低いところは、画像処理も厄介なのですね。
    2014/05/25 12:12 PM by 悠々遊
    こんにちは、三裂星雲、干潟星雲の横に
    こんなエリアがあったなんて知りませんでした。
    このモヤモヤ感たっぷりの暗黒星雲面白いですね。
    2014/05/25 12:51 PM by 道端小石
    >悠々遊さん、こんにちは。

    この日は空の透明度がイマイチだったこともあって、撮影時には天の川はほとんど見えませんでした。
    だから球状星団向けに露光時間は短めにしたのです。
    でも画像処理を始めたら、もくもくが浮かび上がってきたのでびっくりしました。
    空の状態が良いときに、もっとたっぷり露光してみたいです。
    でもそうすると球状星団が潰れてしまうのですよね。
    とっても悩ましいです。
    2014/05/25 12:57 PM by やまねももんが
    >道端小石さん、こんにちは。

    この領域は複雑な暗黒帯が面白いですね。
    S字状暗黒星雲は名前は知っていたのですが、こんなところにあるとは、、、。
    空の状態が良い時に撮影すれば、もくもくした天の川とうねうねした暗黒帯が凄いことになるでしょうね。
    2014/05/25 1:03 PM by やまねももんが
    こんにちは
    赤い物が無いだけに、暗黒星雲の存在感が際立ってます。一見すると地味ですが、これはこれで、なかなか迫力あると思います。
    ガスの広がりから宇宙の大きさ、地球の小ささを想像してしまいました。
    2014/05/26 7:18 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    ええ、これはこれでとても面白い領域だと思います。
    空の良い時にたっぷり露光してみたいですね。
    でもすっきり晴れてくれませんねえ。
    例年、今頃から夏の終わりまで駄目なのですよねえ。
    2014/05/26 7:23 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top