星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< またしても犯人はこいつだ! | TOP | 入笠山での星景写真 >>

2014.08.01 Friday

天の川の写真は楽しいです

0

    7/26の晩に長野県の入笠山で撮影した星空写真です。

    先日ご紹介した「天の川のパノラマ」の各画像をご紹介します。



    さそり座からわし座付近まで


     2014/07/26 21:29  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
     2枚をコンポジット  EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  長野県・入笠山にて


    さそり座からわし座付近までの銀河(天の川)です。
    星座としては、さそり座,いて座,たて座,へびつかい座,へび座,わし座、です。

    いて座付近が最も明るくて幅が広いのが分かると思います。
    そしてへび座付近が大きな暗黒帯となっていて、それによって天の川が2本に分かれています。
    これは肉眼でも分かります。

    さそりの尾の先あたりがちょうど南の方向です。
    ここは入笠山の頂上に隠れて、さそりの尾の全部を見ることはできません。

    星雲や星団があちこちに散在していて、メシエ天体の宝庫です。
    そして「ロバの形の暗黒帯」と「バンビの横顔」って、背中合わせに位置しているんですね。

    湿度は高そうなのに、空の透明度はかなり良かったです。
    こんなに良く写るのだったら、もっと本格的に撮影すれば良かったなあ。



    いて座からわし座付近まで


     2014/07/26 22:18  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(180秒)
     2枚をコンポジット  EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  長野県・入笠山にて


    上の写真と比べると全体に少しだけ北側を撮っています。
    さそり座はほとんど入っていませんが、わし座をしっかり入れることができました。
    でも ”いるか座” がちょっと切れてしまったのが残念ですねえ。

    いて座付近とわし座付近とでは、銀河(天の川)の色合いが違っているのが分かるかと思います。
    前者は赤っぽい黄色で、後者は青白いと思っています。

    赤い星雲が良く写るカメラを使おうかとも思ったのですが、あえてノーマルカメラで撮影しています。
    空の透明度が良いと、ノーマルカメラでも結構カラフルに写るのですよね。



    夏の大三角付近


     2014/07/27 00:16  EF24mm F1.4→2.8  追尾撮影(180秒)  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)
     2枚をコンポジット  EOS 5DMark2 RAW、ISO1600  長野県・入笠山にて


    わし座,はくちょう座,こと座付近の銀河(天の川)です。
    星座としては、こぎつね座,や座,いるか座がさらに含まれます。

    この領域は天頂付近に位置していたので、びっくりするような写りです。
    肉眼でも天の川が白くはっきり見えましたが、今まで見たなかでもトップクラスだったと思います。
    この付近でも、太い大きな暗黒帯が目を引きます。
    ノーマルカメラですが、はくちょう座の赤い散光星雲も存在も分かりますね。

    写りが良いとついついやり過ぎてしまいます。
    色合いも青みが強いのが好みなのですよねえ。



    はくちょう座からカシオペア座付近まで


     2014/07/26 23:02  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-3 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
     2枚をコンポジット  EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  長野県・入笠山にて


    はくちょう座からカシオペア座までの銀河(天の川)です。
    上のほうの明るい星がはくちょう座のデネブです。
    ケフェウス座やカシオペア座付近の、いわゆる秋の銀河もこうしてみると結構濃いですよね。
    この方向は空が暗いこともあって、その様子は肉眼でもよく見えました。

    右下に「アンドロメダ銀河」が見えていますが、これもこの領域の楽しみのひとつです。

    ディフュージョンフィルターを使っているので、明るい星の色の違いが分かるかと思います。
    ケフェウス座の「ガーネットスター」のオレンジ色は特に目を引きます。


     








    コメント

    こんにちは
    いや〜、これは派手すぎ、凄すぎ。見ていて楽しいです。
    ガーネットスターがこれくらい濃い色になってくれると華やかさが加わって、いい感じですね。
    秋の天の川の書き入れ時だって言うのに、新月期は天候に恵まれず、夏休みは満月。今年は思うように星が堪能できてません(泣)
    2014/08/01 7:27 AM by 温泉日和
    おはようございます。
    入笠山からだと、南の空は甲府盆地の明かりの影響が
    少なくなるのですね。もっと西に行けばさらに暗くなるのかなぁ。

    白鳥付近の銀河がすごいですね。雲のように見えていた
    のでしょうね。見てみたいです。

    >もっと本格的に撮影すれば良かったなあ。
    これは、ISOを1600にして露出を180秒にするということでしょうか?
    2014/08/01 7:32 AM by ヤマボウシ
    素晴らしい天の川ですね、同じ天の川なのにその時その時でで全然違った新鮮さが見られます、こんな綺麗な画像撮れるよう勉強します。
    2014/08/01 7:46 AM by 夕焼け熊五郎
    >温泉日和さん、こんにちは。

    これは綺麗な星空の賜物だと思っています。
    100mmレンズの星野写真と比べると、コントラスト強調などはとてもあっさりと仕上げただけなのでよ。
    いつもこんな星空に出会えたら幸せでしょうね。

    今年は梅雨明け直後の天気が悲惨でしたからねえ。
    次の新月期はどうでしょうね?
    まだ秋晴れには早いですよね。

    あっ、マナスル山荘に就職するってどうですか?
    2014/08/01 9:51 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    南側は中央アルプスの山々になるんでしょうかね。
    意外と?暗いですよ。
    入笠山の山頂があるのも幸いしているのかもしれません。
    さらに西へ行くと、山向こうの伊那とか駒ヶ根などの街明りが明るいのではないでしょうか。

    まずレンズはF4.0ぐらいに絞りたいですね。
    ISO1600なら露光時間は6分ぐらいでしょうか。
    コンポジットも8枚ぐらいやりたいです。
    するとポタ赤ではなくて、EM11を組み立てることになりますね。
    2014/08/01 9:56 AM by やまねももんが
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    星空写真は空の状態の影響を強く受けますから、写り方は毎回違いますね。
    良い時もあれば悪い時もあります。
    まあ悪い時のほうが多いかもしれませんが、、、。
    地形性の天気を含めて、天気予報からは微妙なところはなかなか読み切れません。
    やはり数多く出かけるしかないのかなあと思っています。
    2014/08/01 10:02 AM by やまねももんが
    天の川大パノラマ、ノーマルカメラだったんですね。
    見てみたいな濃い濃い天の川。
    富士登山時に期待!
    ほんと天の川って飽きないですね。
    2014/08/01 6:18 PM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんにちは。

    はい、ノーマルカメラで撮ったものです。
    このカメラとレンズの組み合わせは使い込んでいるので、とても安心して撮影ができるのですよ。
    富士山で凄い天の川が見られるといいですね。
    そのときはしっかり撮影してきて下さいね。
    2014/08/01 6:30 PM by やまねももんが
    濃い!!
    天の川が濃い!!
    乳脂肪分100%のミルキーウェイ!

    こんな星空、いっぺん見てみたいです。
    今年はもう無理だから、来年マナスル山荘に泊まりに行こうかなぁ。

    2014/08/01 9:34 PM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    この日の天気は不安定でしたが、雲が無くなると凄い天の川が見えましたよ。
    でも夏場は場所の選択が本当に難しいですね。
    マナスル山荘は新月前後はすぐに予約で一杯になってしまうそうで、早くから計画を立てるほうが良いですよ。
    まあ天気は賭けですね。
    2014/08/02 5:48 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top