星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< これはオリオン座流星群かなあ? | TOP | みずがき湖の紅葉 >>

2014.10.30 Thursday

星野写真(60Da、100mm) うお座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「うお座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M74(NGC628) : 渦巻き銀河






      撮影日時 : 2014/10/24 22:02〜  300sec×16枚
      撮影場所 : 長野県・蓼科にて  気温は約-2℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : Lab色彩調整
        ・FlatAide : フラット補正
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(C)、透明度(C)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    うお座の星の並びはよく分からないので、おひつじ座の明るい星から辿っていきました。
    この領域は恒星以外の天体がほとんど無くて、ちょっと寂しいです。
    試写画像を裏面モニターで見ても、恒星ではなさそうですが渦巻銀河とは分かりませんでした。

    フォーカス合わせがうまくいったので、微光星がうるさくならずに仕上げることができたかなと思っています。


      無理を承知で100%表示で切り抜いてみました。

    M74 (ピクセル100%表示で切り抜き)

        真上から渦巻きを眺める格好になるフェイスオン銀河です。
        でもメシエ天体の中で最も暗い天体の一つと言われているそうです。
        渦巻きの形はとてもきれいだそうですが、非常に淡いですね。
     


     








    コメント

    さみしい領域の中、渦巻きが頑張ってますね。
    非常に淡い対象ということですが、ももんが師匠にかかればはっきりくっきりです。
    2014/10/30 8:01 AM by びっけパパ
    おはようございます。
    おお、出た〜!M74。他のメシエだともっとハッキリ写るんですね。
    先日大阪のKYOUEIで赤道儀を見てきましたが、EM11は、セレストロンの
    アドヴァンスVXなどとはレベルの違う精度だと話されてました。
    PM-SPは、値段の割にTG-SPと大して変わらないような情報も有りました。
    2014/10/30 9:35 AM by ヤマボウシ
    >びっけパパさん、こんにちは。

    これだけ広い領域で対象がひとつだけというのはちょっと寂しいですね。
    それにメシエ天体とは言え、小さくて暗くて淡い銀河ですから、100mmレンズでは厳しいです。
    この写りでは球状星団のようにも見えちゃいますよ〜。
    2014/10/30 10:12 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    どんなふうに写るのかと、ちょっと期待していたのですが、この程度でした(涙)。
    やはり望遠鏡で大きく撮影しないと駄目ですね。

    タカハシの赤道義はオートガイドを前提としない作りなのだと思います。
    これは今の時代では古くて頑固とも言える考えだと思いますが、良きにつけ悪しきにつけ、これがタカハシなのですね。
    TG-SPのメリットは極軸望遠鏡を内蔵していることかなと思っています。
    でも照明装置を内蔵して欲しかったです。
    そしていろいろとオプションを咥えていくとかなりのお値段になってしまうのですよね。
    ところで、大阪に行かれたのですか?
    2014/10/30 10:28 AM by やまねももんが
    こんにちは
    M74 シャルル・メシエはさぞメが良かったんでしょうね
    遠・近・乱・老に縁がない方だったんですね。
    フェイスオン銀河の代表M33の1/6の視直径、9等級と暗く小さい銀河も100mmの達人にかかれば恐れ入谷の鬼子母神画像になってしまう。スゴイ
    2014/10/30 1:12 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    当時の望遠鏡の性能はあまり良くなかったと思われるので、目は非常に良かったのでしょうね。
    私とは大違いだと思います。
    いやいや、100mmレンズで頑張っても解像力が圧倒的に不足していますよ。
    でも場所が分かるファインディング・チャートにはなるかなと思っています。
    2014/10/30 1:51 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top