星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 明け方の黄道光 | TOP | 昨日の星景写真の処理に関して >>

2014.11.09 Sunday

女神像と冬の大三角

0

    10/29の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    この日に撮影した星景写真は、今までやったことがなかった手法で仕上げています。
    星景写真では地上の風景と星空の2つの要素があります。
    撮影場所にもよりますが、月夜でなければ地上の風景は暗くてシルエット気味になってしまいます。
    それを明るく補正してやると、今度は星空(特に低空)が明るくなりすぎてしまいます。
    また色合いもそれぞれに適したように仕上げたいですよね。

    そこで、マスクを使って両者を別々に処理してみました。
    両者の境界部分に不自然さがあるのが今後の課題だと思っています。
    また撮影方法も少し変えたほうが良いでしょうね。

    まあここまでいくと、もはや写真とは言えないかなあ?
    でもなかなか良い感じに仕上がったと(本人は)思っています。

    今日ご紹介するのは、この日のベストショットだと思っている一枚です。


    女神像と冬の大三角


     2014/10/30 01:14  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(60秒)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    この日は駐車場には誰もいませんでした。
    星野写真用の赤道義を設置している頃に、ビジターセンターの「こーちゃん」さんにお会いできました。
    清里に買い出しに行った帰りだそうで、少しいろいろとお話させて頂きました。
    紅葉シーズンはとても忙しいそうです。

    最初は駐車場付近で撮影していたのですが、鹿の鳴き声に怯えながら、思い切って女神像のところまで行ってみました。
    ポタ赤を乗せている三脚をいっぱいに縮めて、見上げるような構図にしています。

    もう少し時間が経ってもう少し左側から撮れれば女神像が良い感じに収まると思うのですが、この日はこの後で雲が広がってしまいました。

    木々がオレンジ色に染まっているのは紅葉もありますが、トンネル手前のオレンジ色の照明の影響です。
    また手前が緑色に照らされているのは、ビジターセンターの常夜灯によるものです。


     








    コメント

    こんにちは
    またまたぁ、ビーナスを後ろから激写してぇ〜。
    別々に処理するのはデジタル写真ならではだと思いますよ。私はLRの部分補正で主に地上部分に手を加えていますが、やりたい方向は同じだと思います。
    星だけではなく、景色にももっとスポットを当てて行きましょう。
    でもそうすると、地上部分の絵作りにも手が抜けなくなってきて、より精密な構図作りが必要になってきますね(苦)
    2014/11/09 7:03 AM by 温泉日和
    うおー! かっこえええー!
    シルエット写真もいいですが、こっちも捨てがたいですね。
    ライトの明かりを当てて撮影するセコイ方法もありますが、これだと中景の山までちゃんと写るのでいいですね。

    温泉日和さんとの記念ツーショット、次回はぜひコレでお願いします。
    2014/11/09 7:08 AM by まるこう
    >温泉日和さん、おはようございます。

    女神像は南東方向を向いているので、結果的にいつも後ろからの撮影になってしまうのですよねえ。
    最近は星野写真がメインでしたが、改めて星景写真も面白いと感じています。
    この絵作りはしばらくハマりそうな気がしていますよ〜。
    もともと星景写真は地上の風景のポイントが大きいですよね。
    構図を含めて、今までちょっと疎かにしていたかもしれません。
    2014/11/09 7:31 AM by やまねももんが
    >まるこうさん、おはようございます。

    ライトを当てるのはちょっと抵抗があるのですよねえ。
    今回はポタ赤で追尾しているのですが、固定撮影のほうが良さそうですね。
    しばらくいろいろと模索してみようと思っています。

    温泉日和さんとのツーショットですかあ?
    画像を仕上げる気力が湧いてきませんよ〜(苦笑)。
    2014/11/09 7:36 AM by やまねももんが
    おはようございます。
    空と地上風景の露出が絶妙で、自然な雰囲気ですね。
    手前の石のゴツゴツとした質感がわかるのが良いですね。

    手前の石と女神像、森、星空と三段階で奥行き感がしっかりと伝わってきました!
    2014/11/09 8:35 AM by JBL
    おはようございます。
    なんか初めて感な写真に仕上がってますね。私はこの写真とっても気に入りました。

    女神像と山はは追尾で微妙にブレたのがイラストのように仕上がっていて
    星はいつものようにはっきりくっきりなので繊細な絵(イラスト)チックに見えるのかもしれません。

    追尾が60秒でなくて90秒とかになるとこの雰囲気ではなくなるのでしょうね。

    ポタ赤の0.5倍星景撮影してみるというのはどうでしょうか?
    2014/11/09 8:38 AM by 道端小石
    >JBLさん、おはようございます。

    ありがとうございます。
    JBLさんに感じ取って頂けたあたりが自分でもそこそこうまく出来たかなあと思っています。
    地上の風景の暗い部分がもっとしっかり写るカメラが欲しくなりました(苦笑)。
    2014/11/09 8:49 AM by やまねももんが
    >道端小石さん、おはようございます。

    言われてみるとそんな感じがしますね。
    固定撮影で撮ったほうが良いと思っていたのですが、地上の風景はわずかにぼかしたほうが良さそうに思えてきました。
    いろいろと試してみる必要がありますね。
    私のポタ赤は0.5倍モードが無いのですよ(涙)。
    2014/11/09 8:54 AM by やまねももんが
    暗さに目が慣れた状態で見ている印象に近い仕上がりでは?
    撮影しているときに感じていた心象風景に、実際撮れた写真をどれだけ近づけていくか、これも画像処理の醍醐味ですね。
    2014/11/09 10:21 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    全体的に目で見た感じよりも明るくしています。
    でも仰るようにイメージ的にはこういう感じなのです。
    まさしく心象風景ですね。
    2014/11/09 10:53 AM by やまねももんが
    僕はこういったのは大好物ですし、なんといってもこの結果がいいのですから!
    やまねももんがさんは意識にないかもしれませんが、
    この路線だと、どうしても「世界にひとつしかない景色」っていうことが頭にうかんじゃいます。
    というのも、海外の自然造形だとかと星空、っていうのは
    「すげーーー」って思わせるところがあって、
    そーなると、「和風前景」と星空、って面白いと思うのです。

    そーいえば、ライト照らしたことありましたよ!
    心霊写真みたいでネタになりましたけどね(笑)
    2014/11/09 8:09 PM by ミッチー
    >ミッチーさん、こんばんは。

    最近ちょっと星野写真の処理で行き詰っていて、星景写真で遊んでいたら結構面白いものが出来たんですよ。
    >世界にひとつしかない景色
    それ、いいですねえ。
    この路線だと、撮影から見直さなければならないところがあって、色々と考えているところです。

    ライトで照らすのは思ったようにいかなくて、意外と凄く難しいですよね。
    2014/11/09 8:28 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top