星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 八ヶ岳の上空を流れるふたご座流星群 | TOP | 先日出かけた高根町の農道の様子 >>

2014.12.17 Wednesday

ふたご座流星群(その3)

0

    12/14の晩のふたご座流星群(その3)です。

    赤道義(EM11)にカメラを載せて追尾撮影したものから、流星が写っている画像を選んで合成しました。
    背景は流星が写っていない画像を8枚コンポジットしています。
    今回は3台のカメラを使って撮影しましたが、これが最も撮りたかったものです。


    ふたご座流星群


     2014/12/14 21:40-00:06  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、開放)  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)
     追尾撮影(29秒)  背景は8枚をコンポジット、流星の写っている9枚を合成
     EOS 60Da RAW、ISO5000  山梨県・高根町にて


    流星が四方八方に飛んでいて、放射点(昔は輻射点と言っていました)が分かりますね。
    また放射点から離れるほど経路が長くなることも分かると思います。

    2時間半ほどで10個の流星が写っていました。
    でも固定撮影の結果から、もっと写っていると期待したのですよねえ。
    詳しく調べてみると、流星が写ったのは主に23:30以降でした。
    八ヶ岳の上にはそれ以前の時間帯のほうがよく流れたので、方向によって違うのですね。

    来年、またチャレンジしたいです。


     








    コメント

    おはようございます。

    ふたご座流星群シリーズ全て拝見しました。
    流星も素晴らしいですが、銀河も素晴らしく撮れてますね。
    こちらは2100〜2145の間で撮影していましたが、思ったより流れてくれなくて少々ガッカリしましたねぇ…。
    2014/12/17 6:41 AM by JBL
    >JBLさん、おはようございます。

    雲もほとんど無くて、きれいな星空と流星群を楽しむことができました。
    流星の出現は時間と場所にかなりの偏りがありますよね。
    全く流れない時間帯もあれば、続けて流れるときもあります。
    カメラを向けている方向に流れてくれないのはよくある話ですね(苦笑)。
    2014/12/17 7:21 AM by やまねももんが
    まるこうさんの写真もいいなぁと思ってみてましたが、こちらは天の川もや赤い星雲まで。
    放射点から遠くなるほど長くなる。
    よくわかります。
    教材になりそうですね。
    2014/12/17 8:23 AM by びっけパパ
    >びっけパパさん、おはようございます。

    背景を少しカラフルにしたかったので、赤がよく写る60Daを使いました。
    でも流星が主役なので、コントラスト強調などはかなり控え目にしています。
    できればこの数倍の流星を写し込みたいです。
    2014/12/17 8:32 AM by やまねももんが
    おはようございます。
    放射点を中の方に入れると、星景の流星とはまた違った迫力がありますね。
    なるほど、ベースに8枚コンポジットの星野写真があるんだなぁ。φ(.. ) メモメモ
    10個も写ってますけど、これの数倍流れたら星が無くなっちゃうじゃありませんか(笑)
    2014/12/17 10:15 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    これ、赤道義さえあれば撮影は簡単ですよ。
    そして明るい流星が複数写ってくれれば、ちょっと格好良い写真ができます。
    後処理はちょっと手間がかかりますが、合成方法の変則技は、こちらの記事に書いてあります。
     → http://kai-kuu.jugem.jp/?eid=601
    2014/12/17 11:56 AM by やまねももんが
    こんにちは
    前作で感嘆のコメントさせていただき、またまたの力作を
    出されると言葉を選ぶことも出来ず、只々お見事な写真です。
    あえて画像という言葉は使いません。
    真実を写すこれに尽きますね。
    2014/12/17 1:06 PM by テナー
     いやいや、この構図、さすがです!
     流星だけじゃなくて、いろいろ見ごたえのある写真ですね。プレアデスもプレセペも入り、バラ星雲やバーナードループやエンゼルフィッシュまで!
     100mmシリーズが終わったら、18mmシリーズで全天制覇をお願いします!
     
    2014/12/17 1:16 PM by 阪神ファンいっこう
    >テナーさん、こんにちは。

    これ、意外と簡単にできるのですよ。
    ふたご座流星群でやるのは3回目なので、だいぶ要領も分かってきました。
    こんな画像がアマチュアでも作れるようになったのも、機材ツールの進歩のお蔭ですね。
    2001年のしし座流星群のときに今の機材があったら、画像が流星で埋め尽くされたでしょうね。
    2014/12/17 1:33 PM by やまねももんが
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    結構贅沢な構図なので、是非とも60Daを使ってみたかったのです。
    来年はいっこうさんもぜひチャレンジしてみて下さい。
    私は100mmレンズシリーズが終わったら、というか終わるのかなあ?(苦笑)
    2014/12/17 1:36 PM by やまねももんが
    流星、銀河、星雲、星団・・・この方面の役者が全部揃って、なんと贅沢な・・・言葉を失ってしまいました。
    こちらは天の南座顔見世興行でスカイ。
    2014/12/17 2:28 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    やはり赤がよく写るカメラを使って正解でしたね。
    このカメラはずっと100mmレンズでの星野写真に使っているのですが、このように広角レンズを使っても楽しいのです。
    来年はもっと条件が良いようなので、さらに長時間撮影してたくさんの流星を写し込みたいです。
    2014/12/17 2:55 PM by やまねももんが
    すばらしいーーーっ!!
    言葉が見つからないですよ。
    デスクトップ背景にさせていただきました。
    時おり眺めて、和ませていただきます。
    2014/12/17 4:58 PM by おりおん
    >おりおんさん、こんばんは。

    フィルム時代ではとても考えられなかったですよね。
    今のデジタルカメラは実効感度が10倍以上も高いので流星がよく写ってくれます。
    でも私は欲張りですから、この数倍は流星が写って欲しいです。
    来年以降もチャレンジしたいと思います。
    2014/12/17 5:19 PM by やまねももんが
    これだけ流れてくれれば輻射点もよくわかり満足ですね。
    わたしも以前おふざけで比較明を使って流星と背景の両立を狙ったことがあるのですが、
    こんなに自然には見えなりませんでした。
    流星写真の処理方法として完成の域に達しているのでは。
    2014/12/17 9:44 PM by 雲上(くもがみ)
    うっとりです。
    今年のふたご座も期待を裏切りませんでしたね。

    14mmでシリウスがいないと思ったら60Daでしたか。
    でも星の色も出ていて素晴らしいですね。

    この写りでフルサイズで見てみたい。
    6Daが出ないと無理ですね。
    2014/12/17 11:41 PM by よっし〜
    >雲上さん、おはようございます。

    今年は明るい流星が多かったようで、少しは見映えがする写真になったかと思います。
    単純に比較明で合成するといろいろと副作用もあるので、ちょっと裏ワザを使って合成しています。
     → http://kai-kuu.jugem.jp/?eid=601
    今回で3回目なので、だいぶ慣れてきたようです。
    2014/12/18 5:35 AM by やまねももんが
    >よっし〜さん、おはようございます。

    はい、今年のふたご群もたっぷりと楽しませてくれました。
    背景を少しカラフルにしたかったので60Daを使っています。
    シリウスは入れたかったのですが、南の低空は街明りの影響が大きいので諦めて、代わりにぎょしゃ座に入ってもらいました。
    フルサイズだと周辺部まで星像がきれいなレンズがなかなか無いのですよね。
    2014/12/18 5:41 AM by やまねももんが
     前回このブログでふたご座流星群の素敵な写真に圧倒され、また遊びに来ました。そして、サイトポリシーを読ませて頂き、思わずお言葉に甘えて私の日記(URLに記載)と前回のURLの写真ブログの両方にやまねももんがさんの写真を転載させて頂きました。
     有難うございました!
     
     私のサイトを覗いた方が、びっくりすることと思います。(転載して、このサイトにリンクしてあります)
     
    2014/12/18 10:26 PM by felizmundo
    華やかですね!
    これぞふたご座流星群といった作品です。
    ソフトフィルターもちょうどいい具合に星座が分かりやすくなっていいですね〜。
    流星の合成法は参考にさせていただきました、投げ縄ツールでなく多角形選択ツールでやってみましたが、結構簡単にできました。宜しければお試しください。
    2014/12/18 10:33 PM by hana
    素晴らしい作品です!ギャラクシー的な感じにうっとりします。背景の8枚のコンポジットとは、ステライメージなどで、加算平均合成ということなのでしょうか?
    2014/12/19 12:38 AM by 川崎星人
    >felizmundoさん、おはようございます。

    はい、いつでも遊びに来て下さいな。
    こちらこそ、私の写真を紹介してくださってありがとうございます。
    2001年のしし座流星群のときは、この数十倍もの流星が乱れ飛んだのですよ。
    その頃はフィルムを使ったカメラしかなかったので、今ほどには流星を写すことができませんでした。
    今の機材があったら、流星が星空を埋め尽くしてしまうような写真が撮れたのではないかと思っています。

    2014/12/19 5:36 AM by やまねももんが
    >hanaさん、おはようございます。

    明るい流星が多かったので、数の割には見映えがする写真になったと思います。
    そして背景は冬の星座ですから、赤い星雲の写りがよいカメラを使いました。
    月が無い条件の時に、この2倍ぐらいの時間を露光してみたいですね。
    多角形選択ツールなんてものがあったのですね。
    ちっとも知りませんでしたが、そちらの方が手間がかからず良さそうです。
    教えて下さってありがとうございます。
    2014/12/19 5:43 AM by やまねももんが
    >川崎星人さん、おはようございます。

    天気にも恵まれて、きれいな星空で流星群を楽しむことができました。
    はい、背景は8枚を加算平均して合成しています。
    ツールはいろいろありますが、私はPhotoshopを使いました。
    2014/12/19 5:47 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top