星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 昨夜のラブジョイ彗星(C/2014 Q2) | TOP | 肉眼でのフォーカス調整は諦めました >>

2014.12.28 Sunday

12/26の晩は3人での夜遊びでした

0

    12/26の晩は、今回の新月期の最後の夜遊びでした。
    ということは今年最後の夜遊びでもあります。
    GPVの予報も良さそうなので、いつものみずがき湖に出かけました。

    甲府盆地は思いのほか風が非常に強くて、GPV予報とかなり違います。
    でもみずがき湖は風もほとんど無くてよく晴れていました。

    撮影準備を始めると、車がやってきて近くで停まりました。
    ビジターセンターの「こうちゃん」さんです。
    私と同様に今年最後の夜遊びだそうです。

    今夜は広い駐車場で私一人しかいません。
    でも20時半頃でしょうか?車が入ってきて奥のほうに停まりました。
    どうも撮影準備を始めているようなので挨拶に行くと、なんと「温泉日和」さんでした。
    何か会えそうな気がしていたのですよねえ。



    南側の街灯の影響を避けるために、私は車の北側に赤道義を設置しています。
    でも車との距離をもう少し離すべきでした。
    ラブジョイ彗星の撮影で、車の屋根がちょっとだけ写ってしまいました(苦笑)。
    奥のほうでは「温泉日和」さんが撮影準備をしています。
    赤道義による星野写真と、ポタ赤による星景写真の2台体勢のようです。


    すばらくすると「こうちゃん」さんがやってきてお茶に誘ってくれました。
    とても冷え込んでいるので、美味しいコーヒーを頂いて一息つくことができました。
    どうもありがとうございました。

    雲一つ無い星空ですが、どうも空が白っぽくて明るく感じます。
    これから処理を行っていきますが、これがどんな影響を及ぼしますかね。

    星野写真の合間にラブジョイ彗星を撮影しました。
    「こうちゃん」さんがやってきたので聞くと、ちょうど彗星を撮影しているそうです。
    「温泉日和」さんも撮影を始めたので、ちょど同じ期間帯に彗星を撮影したわけです。

    それにしても今年の12月は寒いですね。
    月が沈む頃には早くも−7℃で、夜半過ぎには二けたのマイナスになりました。
    できればもう1対象撮りたかったのですが、3時頃に撤収しました。


    フロントガラスに映った冬の大三角


     2014/12/26 23:29  EF24mm F1.4→2.5  Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(15秒)
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    車のフロントガラスに ”冬の大三角” が映っています。
    ”ふたご” も映っていますね。
    ずっとチャンスを伺っていて、やっと撮れました。
    ボンネットに映っている明るい星は ”シリウス” だと思います。

    ガラスに映った星空は反転しているので、頭がこんがらがってしまいます。
    ”オリオン” はすぐに分かったのですが、”シリウス” は反対側を探して無いなあと悩んでしまいました(苦笑)。
    出かける前に簡単ですが車をきれいにして良かったです。


     








    コメント

    おはようございます。
    綺麗な写真何時も見てます、ISO感度とかF値、大変勉強になります。これからもよろしくお願いします。
    2014/12/28 10:19 AM by 夕焼け熊五郎
    おはようございます。
    え〜。温泉日和さんもみずがき湖に来たんですね。
    なら、ちょっと顔を出せばよかったなぁ〜。
    よく覚えていませんが、私も丁度ラブジョイ彗星を
    撮っていたので、自動撮影の最中に行けば良かったなぁ〜。
    2014/12/28 10:38 AM by ヤマボウシ
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    適切な撮影条件は、被写体の状態はもちろんですが、カメラやレンズによっても異なります。
    特に最初のうちは、いろいろと条件を変えてみて、自分の機材で良さそうなところを探すのが良いと思います。
    さらにどのような後処理をするかによっても撮影条件を変えているので、あまり鵜呑みにしないほうが良いかもしれませんよ。
    2014/12/28 10:45 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    温泉日和さんによると、八ヶ岳の向こう側は雪が凄いそうです。
    今年のラストチャンスなので、ここへ来たと言っていました。
    ヤマボウシさんのお宅はここからそんなに近いのですか?
    お会いしたかったですね。
    2014/12/28 10:53 AM by やまねももんが
    こんにちは
    撮影場所風景で、私の車の中のライトが結構明るいのですね。スミマセンでしたねぇ。普段は白色を使うのですが気を使って赤にしたつもりですが、今度は窓より下に吊るしておきます。
    やまねももんがさんの車がピカピカですね。年末で洗車したのですか?新車の効果?ベテルギウスのオレンジも良く出ています。
    ちなみに私はここへ来る3時間ほど前に洗車してきました。そのせいで、長野県内を走行している時にウィンドウが凍ってガラスが降りませんでした。”温暖なみずがき湖”へ着いたら融けて開閉できるようになりましたが、家に戻る途中でまた凍って開閉できなくなりましたよ(笑。
    2014/12/28 5:47 PM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    車の中のライトは全く気になりませんでしたよ。
    写真では明るく写りますが、実際はかなり暗いですからね。
    出かける前に洗車ってほどではないですが、少しきれいにしました。
    星がよく映っているのは、車の色が白だからじゃないですか?
    そちらはそんなに寒いのですか?
    とても人が住むような場所ではないですね(笑)。
    冷え込んだ日は、八王子もガソリンスタンドでの洗車は午前中はできないと言われますよ。
    水が凍って出ないそうです。
    2014/12/28 6:22 PM by やまねももんが
    マイナス気温の夜中に火の気も人気も無い所に出かけていく・・・厳しい修行ですね。私にはもうまね出来ません(笑)。
    しかしその修行の成果だけはしっかり拝見させていただきますよ。有り難や、ありがたや。
    2014/12/28 10:06 PM by 悠々遊
    関西地方もいつも賑やかに撮影しているようですが、みずかき湖も賑やかだったようですね。
    フロントガラスの大三角おみごと。
    カメラに近づけ過ぎたけどこれを狙ってのこと?
    ふたご座とオリオン座の間には尾を引いた大彗星。
    あ、ハンドルか。
    2014/12/29 12:46 AM by びっけパパ
    いいなぁ。仲間と夜遊びできるなんて最高ですね。
    おしゃべりしていると、寒さも忘れてしまうんじゃないでしょうか。

    ボンネットにまで反射するなんて凄い!!
    凄技だっ!!(by NHK)
    よほど綺麗に磨き上げられているのでしょう。。
    私なんか洗車するのは年に2回くらいです。ワックスがけなんかしませんし。。。
    2014/12/29 5:21 AM by まるこう
    >悠々遊さん、おはようございます。

    まあ、好きでやっていることですから、苦には感じませんよ。
    これが仕事だったら辛いでしょうがね。
    私の写真を楽しんで頂けたら幸いです。
    でも拝まないで下さいよ〜(笑)。
    2014/12/29 6:10 AM by やまねももんが
    >びっけパパさん、おはようございます。

    関東も場所によっては多くの人が集まるようですよ。
    ここは今まであまり知られていなかったと思いますが、以前よりは人に会うことが増えてきましたね。
    フロントガラスの傾きと湾曲のせいでしょうか?カメラをかなり近づけないと入れたい星がうまく入らないのです。
    尾を引く大彗星を写し込んでみたいですね。
    でも実際に大彗星が出現したら、そんな余裕はないでしょうが、、。
    2014/12/29 6:16 AM by やまねももんが
    >まるこうさん、おはようございます。

    はい、楽しかったですよ。
    後半は寒さのために、二人とも体を動かしながら話をしていましたね。

    ワックスなんてかけてませんよ。
    ちょっと水拭きしただけですよ。
    秘訣はPhotoshopで炙り出すことです。
    2014/12/29 6:21 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1319

    トラックバック

    ▲top