星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< あけましておめでとうございます | TOP | みずがき湖の主役たち >>

2015.01.02 Friday

星野写真(60Da、100mm) おおいぬ座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「おおいぬ座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M46 : 散開星団(NGC2437、とも座)
      ・M47 : 散開星団(NGC2422、とも座)
      ・M50 : 散開星団(NGC2323、いっかくじゅう座)
      ・IC.2177 : 散光星雲(わし星雲、かもめ星雲(Seagull Nebula))
      ・NGC2359 : 散光星雲(トールのかぶと星雲(Thor's Helmet))






      撮影日時 : 2014/12/23 02:03〜  240sec×20枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約-3℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(CD)、透明度(BC)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    メシエ番号の付いている散開星団が3つもあります。
    でも所属はとも座といっかくじゅう座で、おおいぬ座ではありません。
    この領域の主役は ”わし星雲(かもめ星雲)” でしょうね。
    ”トールのかぶと星雲” も小さいですが面白い天体です。

    おおいぬ座付近は、何度撮影しても処理が難航します。
    シアン系が強い色合いはどうも苦手です。
    それでも何とか仕上げてみましたが、どうでしょう?

    わし星雲(かもめ星雲)は全体的にのっぺりしていて、どのように仕上げていいのか悩みますね。
    散開星団との両立も悩ましいです。
    中央部でのフォーカス調整はまあまあうまく出来たのですが、左側1/4ほどの星像が乱れています。
    原因は何でしょうか?
    そのせいもあって、M47の中の惑星状星雲は今回も駄目でした。



    M46、M47 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        比較的大きな散開星団が仲良く並んでいます。
        それぞれにオレンジ色の星を従えているのも面白いです。
        星座としてはとも座に位置しています。
        左側のM46の中には小さな惑星状星雲(NGC2438)があるのですが、全然分かりませんね(涙)。
     



    M50 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        星座としてはいっかくじゅう座に位置しています。
     



    IC2177 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        とても大きな散光星雲で、淡い部分が周囲に大きく広がっていますね。
        日本では「わし星雲」と呼ばれていますが、
        英語では「Seagul nebula (かもめ星雲)」の愛称があります。
        夏の天の川の中心部にあるM16も「わし星雲」と呼ばれているので紛らわしいです。
     
     


    NGC2359 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        形も色もとても面白い星雲ですが、私の画像では形が分かりませんね。
        時計と反対方向に90度回転させると兜の姿になるようです。
     


     








    コメント

    この領域も100mmならではの収まりですね。この焦点距離・画角を選んでおられる意図が伝わってきます。
    天の川の中なので微光星もびっしりで。
    2015/01/02 11:14 AM by 悠々遊
    すげー!!
    トールのかぶと星雲には驚きです。
    ちゃんと特徴あるツノが見えるじゃないですか。私は望遠鏡で撮影してるのですが、こんなにハッキリとツノが立ちませんよ。星雲のグリーンからオレンジに変わるグラデーションもしっかり見えるし。

    オレンジ色の星を従えたM47M48は面白いですね。双子の兄弟いや、海空兄弟みたいでかわいいです。

    2015/01/02 11:47 AM by まるこう
    >悠々遊さん、こんにちは。

    このレンズを選んだのはそれほど深い考えがあったわけではないのですよ。
    でも結果的にはなかなか面白い構図が作れますね。
    天の川の中は星がびっしりで、処理がとても難しいです。
    星雲を浮かび上がらせようと処理していくと、星が凄いことになってしまうのです。
    このあたりがまだまだ課題ですね。
    2015/01/02 11:51 AM by やまねももんが
    こんにちは
    新年に羽ばたくわし星雲、新たな門出にふさわしいですね。
    メシエ3点を入れてバランスの良い構図ですね。
    撮影地の気温マイナス3度、雪の心配は年が明けても
    ないのでしょうか?
    2015/01/02 11:58 AM by テナー
    おはよう御座います。
    かもめ星雲100mmでM46.M47全部構図に入るんですね先日M46.M47撮りましたがこんなに近くにあったの気がつきませんでした。勉強不足、今度トライして見ます。
    2015/01/02 11:58 AM by 夕焼け熊五郎
    >まるこうさん、こんにちは。

    実は、わし星雲(かもめ星雲)よりもトールのかぶと星雲を何とかしようと処理したのです。
    これは形も面白いですが、色の変化もきれいですよね。
    気に入ってもらえてうれしいです。
    散開星団などは、色のはっきりした星が近くにあるとぐっと引き立ちますね。
    2015/01/02 12:04 PM by やまねももんが
    >テナーさん、こんにちは。

    ちょっと欲張りすぎた構図になったかもしれませんね。
    でも構図を考えるときに、入りそうだとついつい無理してしまうのです。
    みずがき湖は清里や野辺山と比べても雪はずっと少ないですよ。
    関東が雨や雪にならなければまず降りません。
    でも路面凍結の心配はありますから、スタッドレスは履いたほうが良いですね。
    ビジターセンターのこうちゃんさんが書いているブログが参考になりますよ。
      http://phyton.exblog.jp/
    2015/01/02 12:13 PM by やまねももんが
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    撮影の前には星図などで構図を考えるようにしたほうが良いですよ。
    でも撮影対象をあまり写野の端に配置すると、レンズの収差や周辺減光が目立ったりしてしまうかもしれません。
    なかなか悩ましい判断になると思います。
    2015/01/02 12:23 PM by やまねももんが
    こんにちは
    ここは星雲星団、銀河の微光星や黒いのなど、とても見応えがありますねぇ。カモメの切り出し画像に兜を添えるなんて、なかなかお茶目ですね。
    ところで、北八ですがここ毎晩明るい電気が点いているようなのです(ゲレンデではなく駐車場側)。冬休み(冬場)限定なのか分かりませんが、経過観察が必要になりました。ここが使えなくなったらヤバいです。ちょっと観察してみますね。
    2015/01/02 5:40 PM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    ここは盛り沢山でとても楽しい領域ですよ。
    でも夜空が少し明るかったので、処理は思った以上に難航しました。
    南側が開けていて暗い撮影地が欲しいですね。

    それはちょっと気になりますね。
    お酒を飲まないで経過観察をお願いします。
    でもスキーシーズンが終われば元に戻るのではないですかね?
    2015/01/02 6:10 PM by やまねももんが
    ハッハ〜ッ!!さすが100mmの王者!
    そらぁ直焦に気が向かないのも頷ける!ふぅ〜あぁで、ガス。
    飛んだ飛んだぁ!カモメの目の周りと胴体って、こんなに色が違うんで、ガスねぇ。
    エェ参考になりますぅ。あざ〜す。
    2015/01/02 6:40 PM by 山口のじぃ
    >山口のじぃ様、こんばんは。

    銀河(天の川)に沿った領域は、いろんなものが点在していて楽しいですね。
    でも処理はとっても難しいです。
    もっとすっきりした感じに仕上げたいのですが、、、、。
    赤い星雲は赤一辺倒ではなくて微妙な色合いをもっていたりしますよね。
    2015/01/02 7:32 PM by やまねももんが
    こんばんは。
    わし星雲は、散開星団と両立させると随分印象が変わりますね。カラフルだなぁ。
    トール星雲なんて初めて知りました。綺麗な星雲ですね。そそられます。
    ありゃ?M47,M48でなく、M46,M47では?
    2015/01/02 8:59 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    この領域にある散開星団は大きくて目立つので、わし星雲が少し霞んでしまいますかね。
    トールのかぶと星雲はぜひ撮ってみて下さい。
    淡いので露光は大盛りでお願いします。
    あれ?散開星団のメシエ番号が間違っていますね(苦笑)。
    ご指摘、ありがとうございます。
    2015/01/03 4:50 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1324

    トラックバック

    ▲top