星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) おおいぬ座領域1 | TOP | ついつい箱根駅伝を全部見てしまいました >>

2015.01.03 Saturday

みずがき湖の主役たち

0

    昨年の11月と12月は、山梨県・みずがき湖でたくさんの星景写真を撮りました。
    その時にはビジターセンターの裏にある女神像と鹿の像を入れることが多いです。

    12/26は月が沈む前にそれらを撮影したので、紹介したいと思います。


    女神と牡鹿


     2014/12/26 19:14  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     地上風景部分は4枚をコンポジット、地上風景部分と星空部分はマスクを使って別処理
     EOS 6D RAW、ISO4000  山梨県・みずがき湖にて


    女神像と牡鹿の像はこんな位置関係になっています。
    両方を一緒に入れるとなかなか面白いですが、星空の方向がかなり限られてしまいますね。
    ”はくちょう” が沈み始めているのですが、分かるでしょうか?


    牡鹿


     2014/12/26 19:24  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     地上風景部分は2枚をコンポジット、地上風景部分と星空部分はマスクを使って別処理
     EOS 6D RAW、ISO4000  山梨県・みずがき湖にて


    鹿の像は3体あるので、それぞれを撮ってみました。
    まずは牡鹿です。
    いつ見ても、立派な角ですねえ。

    下のほうに自分の影が写ってしまいました(苦笑)。
    地上の風景をあまりぼかしたくないので、ディフュージョンフィルターは一番弱いものを使いました。
    でもそのために、星がちょっと目立たないですね。
    鹿の口の近くの2つの明るい星は ”ふたご座” の兄弟星です。
    上のほうの明るい星は ”ぎょしゃ座のカペラ” です。


    小鹿とオリオン


     2014/12/26 19:27  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     地上風景部分は2枚をコンポジット、地上風景部分と星空部分はマスクを使って別処理
     EOS 6D RAW、ISO4000  山梨県・みずがき湖にて


    次は小鹿です。
    水を飲んでいる姿のようです。
    でも今は水は抜いてあるのでありません。

    ちょうど ”オリオン” が昇ってきたので、一緒に写しました。
    オレンジ色の明かりは、増富温泉へ通じる道のトンネルの照明です。


    牝鹿と沈みゆくはくちょう


     2014/12/26 19:30  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     地上風景部分は2枚をコンポジット、地上風景部分と星空部分はマスクを使って別処理
     EOS 6D RAW、ISO4000  山梨県・みずがき湖にて


    最後は牝鹿です。
    地面に座っている姿で、牡鹿のほうを向いていますかね。

    月に背を向けているので、顔が暗くなってしまいました。
    ”はくちょう” が見えていますが、くちばしの部分はもう隠れてしまっていますね。
    鹿の後ろに岩が積まれていますが、そこには女神像が立っています。

     








    コメント

    おはよう御座います
    何時も綺麗な画像楽しませていただいてます。
    私は(小鹿とオリオン)の画像が好きです。
    固定撮影で画像コンポいつか出来るようになりたいです。
    2015/01/03 9:22 AM by 夕焼け熊五郎
    おはようございます。
    一枚目は、今までとはまた一歩先に進んだ質感で新しい境地ですね。
    この構図もすごくいいですね。今までも有ったのかな?星空の範囲は、
    私的には十分だと思いますけど。星空と山と女神(鹿)と3つに分けて
    処理しているのですか?
    はくちょう座はばっちり確認できました。
    2015/01/03 9:57 AM by ヤマボウシ
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    ありがとうございます。
    この画像処理は「Photoshop」だけでやっています。
    マスクやら何やらと壁が高く感じるかもしれませんが、習うより慣れろだと思いますよ。
    2015/01/03 10:08 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    1枚目は地上風景に対してCameraRawでの明瞭度をかなり上げてみました。
    岩の質感がとても気に入っているのですが、星空との境界付近の不自然さを抑えるのが苦労します。
    処理は今まで通りで、星空と地上風景を分けているだけです。
    はくちょう座は分かってもらえて良かったです。
    2015/01/03 10:16 AM by やまねももんが
    こんにちは
    鹿は親子で3体でしたか!
    一番の画像に牝鹿も入れると雰囲気変わってしまいますか?
    地上部と星野部を分けての処理は言われなければ分からない
    自然な感じですね。
    背景の人口灯も邪魔するほどの色ではなく画面に溶け込んで
    います。

    2015/01/03 11:21 AM by テナー
    おはようございます。
    女神と鹿の像がどうなってるかやっとわかりました。
    柵されてるのかと思いきや
    これじゃー知らない人が夜にいくと
    鹿がいるとびっくりしそうですね。
    2015/01/03 11:38 AM by 道端小石
    >テナーさん、こんにちは。

    はい、全部で3体あります。
    1枚目の写真には、牝鹿が半分ほど写っていますね。
    撮影時に確認して、一緒に入れてあげれば良かったですね。
    この処理方法にもだいぶ慣れてきました。
    でもだんだんと気になる部分が目に付くようになってきています。
    もう一工夫を考えたいですねえ。
    2015/01/03 12:33 PM by やまねももんが
    >道端小石さん、こんにちは。

    はい、柵など無くて野放しですよ(笑)。
    確かに知らないでここに来るとびっくりするでしょうね。
    この付近には野生の鹿がかなりいるので、本物と間違って大騒ぎになるかもです。
    2015/01/03 12:37 PM by やまねももんが
    こんにちは
    素晴らしい造形美の主役たちがあるといいですねぇ。
    私の行く撮影地にはないですからねぇ。
    あっても「白菜が積まれた軽トラ」もしくは「名前も知らない坊さんの像」ぐらいですね。
    ま、撮りようによってはそれも絵になるんでしょうけどね(笑)
    2015/01/03 5:04 PM by おりおん
    >おりおんさん、こんにちは。

    ここは星景写真を撮るにはとても楽しい場所です。
    ビジターセンターの人も天文が好きなので、駐車場の街灯や自販機の明かりを消してくれています。
    でも冬の冷え込みは厳しくて、二けたのマイナスになりますよ。
    「白菜が積まれた軽トラ」、いいじゃないですか。
    意外と絵になるんじゃないですか?
    2015/01/03 5:44 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1325

    トラックバック

    ▲top