星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ついつい箱根駅伝を全部見てしまいました | TOP | 星野写真(60Da、100mm) おおいぬ座領域2 >>

2015.01.04 Sunday

星野写真(60Da、100mm) おうし座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「おうし座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M45 : 散開星団 (プレアデス星団、すばる(和名))

      ・IC353 : 散光星雲
      ・IC359 : 反射星雲
      ・IC1435 : 反射星雲 (メローペ星雲)
      ・暗黒星雲(Bはバーナード・カタログ)






      撮影日時 : 2014/12/22 20:29〜  360sec×16枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約-3℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(C)、透明度(BC)、フォーカス(C)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    この領域は何と言っても ”プレアデス星団(すばる)” です。
    清少納言が「枕草子」で筆頭に挙げているくらいですからね。

    でも、おうし座分子雲のうねうねが面白いです。
    だからあえてM45を端に位置させて、分子雲を入れた構図にしてみました。
    左上の黒っぽい雲のように映っているのが分子雲です。
    この画像にはその一部分しか写っていませんが、フィルム時代ではこんなものは見たこともなかったです。

    さらにこの領域は、全体に淡いもやもやしたものが見られます。
    これは星間雲なんでしょうね。
    その星間雲の濃い部分が分子雲となり、近くに明るい星があると散光星雲や反射星雲として輝くのでしょうね。

    もやもやをもっと浮かび上がらせたいのですが、画像が荒れてしまうのでやめました。



    M45 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        プレアデス星団は青白っぽい星雲に囲まれているように見えます。
        でも星団と星雲は関係がなくて、たまたま星雲がこの場所にあって照らされているだけらしいです。
        メローぺの周りの星雲はIC1435という番号が付いています。

        さらにその周りにはとても淡いもやもやが見えます。
        M45の上の領域はやや青っぽく見えますが、下側は少し赤みが感じられます。
     




     その他にもいくつか面白そうなものがあるのですが、どれも淡くて手強いです。


     








    コメント

    おはよう御座います。
    普段M45だけしか撮ってないので知りませんでした。
    暗黒星雲とか、散光星雲とかいろいろあるんですね、勉強になりました。
    2015/01/04 8:04 AM by 夕焼け熊五郎
    >夕焼け熊五郎さん、おはようございます。

    ここに写っている分子雲は、おうし座分子雲と呼ばれているものの一部です。
    暗い星空でたっぷり露光してやって、丁寧に炙り出してやると、びっくりするような画像になりますよ。
    2015/01/04 8:33 AM by やまねももんが
    おはようございます。
    M45の付近にこんな分子雲があるなんて面白いですね。
    ありがとうございます。
    わたしも狙ってみたいと思います!
    2015/01/04 8:45 AM by 道端小石
    >道端小石さん、おはようございます。

    プレアデスからヒアデスあたりの領域は分子雲が凄いですよ。
    これは100〜200mmぐらいのレンズでモザイクすると面白いと思うので、ぜひ撮ってみて下さい。
    2015/01/04 9:14 AM by やまねももんが
    空の暗さは普通だったようですが、1時間半を越える露光で淡い星雲ばっちりですね。
    これから先も自宅撮影の私にはスバルくらいしかものになりません。
    これからも長時間露光での淡いもの見せてください。
    2015/01/04 11:42 AM by 雲上(くもがみ)
    こんにちは。

    こうして見ると、おうし座領域はすごい分子雲と星間雲ですね。
    明るい星がないのでモヤモヤしているだけですが、オリオン座付近のように輝星がたくさんあれば、きれいな散光星雲や反射星雲になるのでしょう。
    そう考えると明るい星がないのが惜しいですね。
    バーナードカタログのうち、濃い暗黒星雲は、空の暗い場所なら眼視で見えないかなあなんて思います。
    2015/01/04 11:58 AM by まっちゃん
    >雲上さん、こんにちは。

    分子雲のような淡い対象は、最低でも1時間以上の露光が必要ですね。
    本当はもっとたっぷり露光すれば良いのでしょうが、あれも撮りたいこれも撮りたいという誘惑に勝てません。
    おうし座分子雲の広がりはかなり大きいので、モザイクすると面白いだろうなあと思っています。
    2015/01/04 12:42 PM by やまねももんが
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    ここに写っている分子雲はごく一部で、おうし座分子雲全体はかなりの広がりがあるようです。
    このくらいの焦点距離で撮影してモザイクすると面白いだろうなあとは思っているのですが、、、。
    仰るように、これを輝かすような明るい星が近くにあったら凄い光景になるでしょうね。
    このあたりの暗黒星雲は眼視ではちょっと難しいのではないでしょうか?
    でもまっちゃんさんの双眼鏡と目ならば、もしかしたらって思っちゃいますね。
    2015/01/04 12:50 PM by やまねももんが
    出しに来てますね!
    なんかこういうのをちょちょいとやってるように見えてしまうのがすごいなーと。
    左上はすごい豊かですね。
    IC359のあたりは来シーズン狙ってみようかしら、と思っているところです。
    2015/01/04 1:55 PM by ミッチー
    こんにちは
    やはり「星はすばる」ですね。
    それにしても星間雲や分子雲がすごいですねー。
    最近はこういった淡いのを写すのがトレンドというかスタンダードになりつつあるので、撮るのも大変ですよね。
    私には炙り出せそうにありませんよ。
    2015/01/04 2:01 PM by おりおん
    >ミッチーさん、こんにちは。

    この領域の撮影は2回目なので、前回ほどは悩まずに仕上げることができました。
    まあ、もっと炙り出したいという欲望を抑えることができたことも大きかったですね(苦笑)。
    左上に見えている分子雲はなかなか凄いです。
    ミッチーさんの好みがだんだんと分かってきましたよ。
    2015/01/04 2:40 PM by やまねももんが
    >おりおんさん、こんにちは。

    うねうねしたモノクロっぽい背景の中で、明るい星と青い星雲はとても目立ちますよね。
    やはり「星はすばる」です。

    数年前なら、すばるの周りの青い星雲が写っただけで喜んでいたのですが、、。
    分子雲や星間雲を浮かび上がらせようとすると、撮影もさることながら後処理も大変です。
    もっと滑らかに仕上げるにはどれだけ露光時間を延ばせば良いのやら。
    2015/01/04 2:49 PM by やまねももんが
    すばるの周りに青っぽい星雲がチラッと写っただけで満足しているので、このような画像はもう異次元です。
    ひょっとして、みずがき湖と偽ってISSに撮影出張に行ってません?(笑)。
    2015/01/04 3:20 PM by 悠々遊
    こんにちは
    この白いのと黒いのを撮りたくて、北八でご一緒した11月に挑戦しましたが、黒い雲はおうし座の方から流れてくる感じなんですね。あの時はペルセ側に写野を撮ったので道理で写っていない筈です。
    やまねももんがさんの撮影した、スバルとかヒアデスの分子雲を見ると撮りたい病になってしまいます。写真、カッコ良過ぎです。
    2015/01/04 3:24 PM by 温泉日和
    >悠々遊さん、こんにちは。

    私も数年前はこんな画像は異次元でしたよ。
    それがいつの間にかお見せできるようになるなんて、自分でもびっくりしています。
    ISSではなくて、パッブル宇宙望遠鏡に乗り込んでいますよ(笑)。
    2015/01/04 3:48 PM by やまねももんが
    >温泉日和さん、こんにちは。

    ヒアデス星団とぎょしゃ座の間あたりからずっと広がっていますね。
    たっぷり露光すれば浮かび上がってくるので、ぜひ撮影してみて下さい。
    広範囲に撮影してモザイクすると凄い写真ができますよ〜。
    2015/01/04 3:55 PM by やまねももんが
     こういう分子雲を撮ったことがないので、もし撮っても、うす雲かムラかと思ってフラットにしてしまいそうです。
     こういう写真を撮ったり処理したりするには、まだ10年早そうです。いえ、10年たっても無理そうです(笑。
    2015/01/04 9:33 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    仰るように、淡い星間雲はムラかな?と思ってしまいますよね。
    だからフラット補正の作業はかなり厄介で、慎重にやらねばなりません。
    でももくもくした感じが浮かび上がってきたときは嬉しいですよ。
    2015/01/05 4:28 AM by やまねももんが
    うう、すごい!の一言です。
    なんかゾッとするような光景。どうも、今まで抱いていた星野写真の
    イメージが一変するような画像ですね。1時間半の撮影のみならず
    後処理も大変とのことですが、それに報いて余りある作品だと思います。
    私には、その処理時間に耐えられそうもありません。
    2015/01/05 1:22 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    フィルム時代には想像もできなかったような画像でしょ。
    機材とツールの進歩で、アマチュアでもこんな画像を仕上げることができるようになったのは驚きです。
    もちろんまだまだ満足はしていませんが、まあ良く出来たかなと思っています。
    処理はある程度は慣れだと思いますよ。
    最初に撮影した時は何日やっても納得できませんでしたが、今回は数時間でほぼ仕上げることができました。
    2015/01/05 2:51 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top