星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< みずがき湖と鹿鳴峡大橋 | TOP | 夕暮れの山々 >>

2015.01.08 Thursday

西に水星、東に彗星

0

    昨日は今年最初の夜遊びでした。

    まだ満月から2日しか経っていませんが、ラブジョイ彗星が明るくなっているというじゃないですか。
    夕方の薄明が終わってから30分もすると月が昇ってきて撮影終了となるので、うちの奥さんと一緒に出かけました。



    金星と水星


     2015/01/07 17:31  EF100mm F2.8 Macro (F8.0)  固定撮影(2秒)
     EOS 5DMark2 RAW、ISO640  山梨県・高根町にて


    夕方の西の空に、とても低いですが ”金星” と ”水星” が並んでいます。
    金星は日没から20分もしない頃に、肉眼ですぐに分かりました。
    双眼鏡で見ると、近くに水星も見えました。
    空が少し暗くなってくると、やがて水星も肉眼で見えてきました。

    金星の明るさは-3.9等で、水星は-0.8等です。
    この写真を撮った頃の水星の地平高度は5〜6度ほどです。

    金星と水星の接近を見たくてこの場所(高根町の農道)を選んだのですが、正解でした。
    でもこのような写真はとても難しいです。
    空の色合いやグラデーションを表現するのは苦手です。
    少しコンラストを強調すると、すぐにトーンジャンプを起こしてしまいます。
    また地上の風景はほとんど黒く潰れてしまいましたね。
    もっと明るい場所のほうが良さそうですね。



    Comet-Lovejoy (C/2014 Q2)


     2015/01/07 18:36  EF200mm F2.8 (F4.0)  追尾撮影 60秒×8枚  彗星核基準でコンポジット
     EOS 5D2 RAW、ISO2500  山梨県・高根町にて


    薄明が終わる前にあっさりと確認できました。
    明るくてかなり大きいです。
    双眼鏡(7×42)ですぐに確認できました。
    肉眼では(私の目では)微妙ですね。

    試写では尾がどのくらい伸びているのか分からなかったので、頭部をかなり端に配置しましたが、
    もう少し中央寄りのほうが良かったですね。
    時間帯が早いこともあって、空がやや明るくかったです。
    それにも拘わらずに淡い尾を炙り出そうとしたので、かなりノイジーな画像になってしまいました。
    これからますます撮影条件が良くなるので楽しみですね。


    実はこれ、撮影は失敗なのです。
    フォーカスはリモートライブビューで追い込んだのでまあまあです。
    でも2分露光したら星が少し流れていました。
    どこかが緩んでいるのかと思って確認しましたが、問題無さそうです。
    何枚撮影しても同じ症状です。
    あきらめて、ISO感度を上げて1分露光にしました。
    それでもまだ星像は伸びています。
    でも時間が無いので撮影を強行しました。

    新たな不安材料が発生した今年最初の夜遊びでした。
    なお、気温は−5℃程度で、おまけに風が強くて、とても寒かったです。


     








    コメント

    やまねももんがさんも出かけられましたか。
    尾の写りがいいですね。私が撮ったものはイマイチです。
    私は毎日でも追跡したいので近場で我慢しておきます。
    2015/01/08 1:02 PM by てらおよしのぶ
    >てらおよしのぶさん、こんにちは。

    うちの奥さんを正月はどこにも連れていっていなかったので、一緒に出掛けました。
    水星と彗星を見て喜んでいましたよ。

    私も追尾?が不良だったのが悔しいです。
    これからどんどん撮影条件が良くなるので楽しみですね。
    2015/01/08 2:02 PM by やまねももんが
    綺麗な彗星としっぽですね。
    8分でこんなに尻尾撮れるんですね、次の新月期に再トライしてみます。
    2015/01/08 3:09 PM by 夕焼け熊五郎
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    夕方の薄明終了時にはもうかなりの高度まで昇っているので、新月期まで待たなくても撮影できますよ。
    この写真は星野写真ほどではないですが、画像処理で淡い尾を浮かび上がらせています。
    2015/01/08 4:04 PM by やまねももんが
    水星も彗星も撮られたんですか。豪華な夜でしたね。
    西の空、これだけ明暗差があると調子を整えるのが難しいでしょうが、きれいに仕上がっていますねえ。
    もう少しでトーンジャンプでしょうか。
    2015/01/08 6:44 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんばんは。

    はい、水星はなかなかチャンスが無いので是非見たかったです。
    低空まで空が澄んでいたようで、久しぶりに肉眼でも確認できました。
    薄明時の空は本当に扱いが難しいですね。
    今回は空の部分を大きくしなかったのが良かったのかもしれません。
    2015/01/08 7:24 PM by やまねももんが
    まだ空が明るくてこれだけ尾が写りますか!
    都会の空でもそこそこ撮れるでしょうか?
    奥様が一緒に星見とはうらやまし。
    2015/01/08 7:56 PM by びっけパパ
    こんばんは。
    水星がよく撮れてますね。地上の景色が黒く潰れるのは、プラネタリウム
    みたいで好きです。私は2日連続遅刻で、水星を撮れませんでした。
    200mm8分だと、殆ど星が流れないで綺麗ですね。人工衛星もこういう時には
    面白いと思いました。
    2015/01/08 8:11 PM by ヤマボウシ
    >びっけパパさん、おはようございます。

    今は地球との距離が0.5AUを切っていますから見頃なんでしょうね。
    太陽にはあまり近づかないのがちょっと残念ですが。
    うちの奥さんはこういうイベントの時だけついてきます。
    2015/01/09 4:02 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    水星が肉眼でも確認できたのは嬉しかったです。
    地平高度が低いので、薄明が終わる前に山に隠れてしまいました。
    人工衛星は私も面白いと思ったので、消さないでおきました。
    でも加算平均のコンポジットなので、だいぶ暗くなってしまいましたね。
    2015/01/09 4:09 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top