星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 1/10のラブジョイ彗星(C/2014 Q2) | TOP | 1/12のラブジョイ彗星(C/2014 Q2) >>

2015.01.12 Monday

高根町での星景写真

0

    1/10の晩に山梨県・高根町の農道で撮影した星空写真です。
    ラブジョイ彗星の撮影の合間に撮りました。



    冬の大三角


     2015/01/10 20:53  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(15秒)
     地上風景部分は4枚をコンポジット、地上風景部分と星空部分はマスクを使って別処理
     EOS 6D RAW、ISO5000  山梨県・高根町にて


    ”冬の大三角” が見えると、思わずカメラを向けてしまいます。
    撮影後のモニターチェックでは富士山はよく見えなかったのですが、ちゃんと写っていました。
    マスクを作って星空と地上風景を別々に処理してみたら、富士山がかなりはっきり見えてきました。
    ここは特に低空が明るいので、いつもよりISO感度を下げて露光時間も短くしています。



    八ヶ岳とカシオペア


     2015/01/10 21:00  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・高根町にて


    強い寒気のために八ヶ岳には雲が湧いていて、清里のスキー場の照明でオレンジ色に輝いています。
    ”カシオペア” が見えていて、秋の銀河(天の川)も何とか分かりました。
    右側の明るい星は ”北極星” です。
    マスクがどうしても作れなかったので、これは1枚撮りで単純な処理で仕上げています。



    沈みゆくペガススとアンドロメダ


     2015/01/10 21:03  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-2 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・高根町にて


    西の空で ”ペガススの四辺形” が高度を下げていきます。
    八ヶ岳で湧いた雲が西側にも伸びているので、慌てて撮りました。
    ”アンドロメダ銀河” はぎりぎりセーフでした。
    もっとカメラを下向きにして、地上部分を大きく取り入れたほうが良かったですね。
    雲に目を奪われて、そこまで頭が回らなかったようです。
    これもマスクがどうしても作れなかったので、これは1枚撮りで単純な処理で仕上げています。





    最後はお決まり?の記念写真です。
    今年初めてのカノープスも見えたし、今年も元気で過ごせるかな?


     








    コメント

    こんにちは
    いい撮影地ですね、この農道ならば夜車も通らないででしょうねアスファルトで機材も汚れないしいいですね。最後のツーショット、アンドロメダ銀河も入っていい記念のなりますね。
    2015/01/12 10:09 AM by 夕焼け熊五郎
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    夜でも早い時間帯は、ここを抜け道として使う車がたまに通ることがあります。
    また犬を散歩させながらの車が通ったりすることもありますよ。
    夕焼け熊五郎さんは奥様と一緒に出掛けることはないのですか?
    2015/01/12 10:29 AM by やまねももんが
    おはようございます^^
    いつ拝見しても美しい星景写真です。
    1/10のラブジョイ彗星は100mmマクロで尾がいっぱいに写っていますね。しかもsh2-245が撮れるなんて凄いです。
    空も良いロケーションへ出掛けられているとは思いますが、それにしてもです。
    奥様との写真、そうですか〜我が家ではありえないです(笑)
    2015/01/12 10:47 AM by hiro-2145
    おはようございます。
    こうして見ると、富士山がいかに高い山か良く分かりますね。しかし、
    それにも増してオリオン座が雄大!縦構図が功を奏していますね。

    清里のスキー場は、今朝もこんな感じでした。山火事かと思い、
    車を走らせてしまいました(^^;

    あれ〜?おかしいなぁ〜?最後の写真が拡大できない〜!
    奥様は、宙がーるだったんですね。アンドロメダ大星雲とスリーショット
    じゃないですか。どんだけェ〜(笑)
    2015/01/12 11:31 AM by ヤマボウシ
    >hiro-2145さん、こんにちは。

    ラブジョイ彗星は地平高度がかなり高くなったので、きれいに写せるようになりましたね。
    尾の状態は日によって違うので、こればかりは運次第だと思います。
    Sh2-245は私もびっくりしました。
    銀河(天の川)からかなり離れているので、星雲なんてあるはずがないと思っていましたよ。
    うちの奥さんは大学の天文サークルの後輩なので、明るい彗星や流星群のときはついてくるのです。
    2015/01/12 11:49 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    やはり富士山が入った写真は良いですよね。
    星景写真は、最近はほとんどが縦構図になりました。

    スキー場の照明の影響は凄いですよね。
    薄雲があると空全体がオレンジ色に染まって、異様な情景になります。
    始めてそんな状態に遭遇したときは、本当にびっくりしました。

    最後の写真は星空写真じゃないので、拡大表示はできませんよ〜。
    星は好きですよ、がーるじゃありませんが、、、(笑)。
    2015/01/12 12:08 PM by やまねももんが
    こんにちは
    高根町農道観望地からの撮影で富士山を入れた画像は
    珍しいのでは。
    富士山を入れることでひとつ味が変わり頬が緩んでしまいます。
    星空の下のベストショットも頬が緩んでしまいます。
    緩みっぱなしの頬を引き締めるのが八ヶ岳にかかる雲の姿に厳しい冬を感じるところでしょう。
    2015/01/12 5:22 PM by テナー
    >テナーさん、おはようございます。

    1枚目の構図は珍しくはないのですが、単純に仕上げると富士山は甲府盆地の街明りに埋もれてしまうのですよ。
    そこで富士山が少しでも浮かび上がるように、マスクを使って地上風景と空を別々に処理してみたのです。
    今年は寒気が次々とやってきているので、すっきりとした八ヶ岳の姿はなかなか見れないのではないでしょうか?
    2015/01/13 5:38 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top