星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 高根町での星景写真 | TOP | 結氷し始めたみずがき湖 >>

2015.01.13 Tuesday

1/12のラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

0

    昨晩のラブジョイ彗星(C/2014 Q2)です。

    今日は午前中に用事があったので今晩出かけようと思っていたのですが、
    夜には雲が広がりそうだったので、予定を変更して昨晩出かけました。



    Comet-Lovejoy (C/2014 Q2)


     2015/01/12 21:23  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  追尾撮影 240秒×12枚  彗星核基準でコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    星空のきれいな山梨県のみずがき湖へ出かけました。
    透明度はまあまあでしたが、空がやや明るかったです。
    主に日陰の部分に雪が2cmほど積もっていたので、そのせいかもしれませんね。

    彗星の位置は概略しかチェックしていかなかったのですが、
    星空を見上げてあれかな?と双眼鏡(7×42)で見たら当たりでした。
    2日前よりも明るくなっているのでしょうかね?

    前回よりもたっぷり露光して、彗星核基準でコンポジットしました。
    2日前にはエリダヌスバブル(Sh2-245)が写り込んでびっくりしましたが、今回もその続きの部分が写っているようです。
    でも淡い部分は星雲なのか色ムラなのか、とても悩ましいです。

    前回細い尾が長く伸びていましたが、今回は長さはそれほどでもありませんが、太くて明るい尾が伸びています。
    そして写真の中央あたりで、広がってもやもやとなっているように見えます。
    でも星雲とちょうど重なっていてよく分かりませんね。
    またその両側に頭部から短い尾が出ているのがはっきり写りました。
    イオンの尾は変化が大きくて楽しいですね。

    モノクロ反転させてコントラスト強調してみたものを下に示します。
    尾の様子が少し見やすいと思います。

    Comet-Lovejoy (C/2014 Q2)



    当初、この彗星はピークの頃に撮影できればそれでいいやと思っていました。
    でも尾がきれいに写るとまた撮影したくなりますね。

    昨夜のみずがき湖は0時頃でー8℃あたりまで冷え込みました。
    中央道は横風注意でしたが、ここはそれほどの風は無かったです。
    雪は一昨日降ったのでしょうか?
    みずがき湖の手前1-2kmほどは、道路も日陰部分はうっすらと雪が残っていて、路面は凍結ぎみでした。
    予報では木曜日に天気が崩れるようですが、雪になるのでしょうね。


     








    コメント

    相変わらず安定してきれいな画像ですねえ。
    今夜はすっきり晴れているようなので、現在撮影中です。
    ラヴジョイも撮れたので、お手本を参考に少しでも足元に近づけるよう努力します。
    2015/01/13 9:32 PM by 悠々遊
    こんばんは。
    尾も核もシャープに撮れてますね。さすが〜。この様子だと、彗星の表面は
    凄いことになっているんでしょうね。探査機でもあったら面白いだろうなぁ〜。

    私の方は、この晩の夜明けに日周運動を撮ってましたけど、−6℃でした。
    風もなく透明度もよし。八ヶ岳がばっちり見えて最高の条件でしたよ^^
    ちなみに、この時の画像は先程全部誤って消去してしまいました(TT)
    ただいま、頭の記憶も消去中です。何も無かったことに(笑)
    2015/01/13 10:33 PM by ヤマボウシ
    こんばんは
    綺麗な彗星のテール、こんな風に撮ってみたいんですけど
    テールを綺麗に出すには暗い夜空が条件ですね。
    頭から複数に流れる姿が印象深いです。
    マイナス8度の世界は厳しそうですが風が無ければ何とかいけそうな感じ。
    2015/01/13 10:40 PM by テナー
    前回の記事で尾がSh2-245を横切っているのを紹介されていたので私も炙りだしてみました。
    ひどい画像処理をしていますが、おかげさまで撮影することができたようなので見てやってください。
    感謝です!
    2015/01/13 11:37 PM by フィガロ
    >悠々遊さん、おはようございます。

    星野写真での画像処理技術が役に立ったと思っています。
    でも一番は、地平高度が高くなって街明りの影響がかなり低減したことでしょうね。
    写真の公開を楽しみに待っていますよ〜。
    2015/01/14 5:32 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    地平高度がかなり高くなってきたので、たっぷり露光することができるようになりました。
    でもカメラのファインダーがとっても覗きずらいです(涙)。

    何ですって!
    画像を全部消してしまったのですか。
    どうして?
    早くリセットボタンを押して、立ち上げ直して下さいよ〜。
    2015/01/14 5:38 AM by やまねももんが
    >テナーさん、おはようございます。

    彗星の尾はかなり淡いですから、夜空が暗くないと厳しいでしょうね。
    試写画像をモニターでチェックしても尾はほとんど見えなくて、構図決めに悩みました。
    はい、風が無ければ耐えられますね。
    でも星景写真を撮ろうとあちこち歩き回っていると、三脚を持つ手が痛くなってきます。
    2015/01/14 5:44 AM by やまねももんが
    >フィガロさん、おはようございます。

    写真を見させて頂きました。
    尾の様子が鮮明に写っていて、まさに噴き出しているっていう感じですね。
    星雲の赤もよく出ていて、面白いショットになりましたね。
    私も最初は赤いもやもやを消そうと躍起になりましたよ(苦笑)。
    2015/01/14 5:51 AM by やまねももんが
    おはようございます。
    同じ夜の同じくらいの時刻に、撮影してましたよ。そちらは空の状態が良さそうですね。うちの撮影場所の方はそれほど冷え込みませんでしたけど、市街地に近くて光害に悩んでました。
    2015/01/14 6:08 AM by さとう
    >さとうさん、おはようございます。

    はい、空の暗い場所まで出かけて撮影しました。
    ここは冷え込みが厳しくて、湖の大部分は凍っていて、その上に雪が積もっていましたよ。
    ラブジョイさんは2年続けてこんな彗星を発見するなんて凄いですよね。
    まだまだ楽しめそうです。
    2015/01/14 6:29 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top