星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 赤青緑、そしてオレンジ | TOP | 1/23のラブジョイ彗星(C/2014 Q2) >>

2015.01.23 Friday

星野写真(60Da、100mm) おおいぬ座領域3

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「おおいぬ座領域3」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M93 : 散開星団(NGC2447) (星座としてはとも座に位置します。)
      ・NGC2362 : 散開星団(Tau CMa Cluster、Caldwell Object C64)
      ・NGC2467 : 散開星団+散光星雲(散光星雲はSh2-311) (星座としてはとも座に位置します。)

      ・Sh2-310  : 散光星雲






      撮影日時 : 2015/01/12 22:25〜  180sec×24枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約-7℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(E)、透明度(CD)、フォーカス(AB)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    地平高度が低いうえに夜空がやや明るかったので、1枚当たりの露光時間を短くして枚数を多くしました。

    左上半分は冬の銀河(天の川)の中なので、微光星がびっしりです。
    うねうねとした暗黒帯がいくつも見えます。
    中央付近には大きな茶色い領域が見えていますが、 シャープレスカタログではSh2-310という番号が付いています。



    M93、NGC2467 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        M93は、星座としてはとも座に位置しています。
        冬の銀河(天の川)の中に位置するので、周りは微光星だらけです。

        NGC2467は散開星団と散光星雲が重なっています。
        星雲は小粒ながら結構良く写りますね。
     



    NGC2362 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        NGC2362は、おおいぬ座のしっぽ近くにあるタウ星(4.4等)を取り巻くように微星が集まっています。
        とても美しい散開星団だそうで、「北の宝石箱」とも呼ばれています。
     



    Sh2-310

        おおいぬ座領域(2)と合成してみましたが、おおいぬ座領域(3)に納まっているようですね。
        かなり大きな星雲ですが、淡くて歯が立ちそうにありません。
        NGC2362と同じ距離にあり、両者は何らかの関係があるそうです。




     








    コメント

    こんにちは
    やまねももんがさんを以ってしても、sh2-310はこういう色が出るんですね(私には紫系に見えてます)。以前にここを撮影したときに、地味な色だなぁと思っていたのですが、自分のやったことが一般的で良かったです。
    今日はここをリベンジする予定でしたが、先にこんな素敵な写真が出てしまったので止めときます。淡い物マニアとしてはちょっと無念です(笑。
    もう、どうせなら、この下のgum星雲まで行っちゃってくださいよ。おおいぬ座を含めて、結構見応えある領域だと思うのです。
    2015/01/23 7:35 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、おはようございます。

    紫系に見えてますか?
    私のディスプレイでは暗い赤茶色に見えているのですが、、、。
    淡いので色合いは地味ですね。
    これをカラフルに仕上げようとすると荒れてしまって手に負えないと思います。
    そんなこと言わないでリベンジして下さいよ〜。
    ガム星雲となると私の撮影場所では無理なので、新たな撮影地を開拓する必要があります。
    それは若い温泉日和さんにお任せしましょう。
    2015/01/23 7:59 AM by やまねももんが
    こんにちは。
    おおいぬのしっぽの辺りなんですね。
    M93は、他に気を取られている内に沈んでしまい取り逃がしてしまいます。
    北の宝石箱は、是非撮ってみたいです。これをモチにしてM93を捕獲に行こうかな。
    2015/01/23 12:26 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    南の低空にしか姿を見せないものは、撮影するチャンスが少ないですよね。
    M93も北の宝石箱も結構小さいので、長めの焦点距離で撮るともっときれいでしょうね。
    今がちょうど撮り頃ではないでしょうか。
    2015/01/23 12:36 PM by やまねももんが
    こんにちは
    結構南のエリアで天の川南端付近、微光星がギッシリ、直焦点とは違う迫力あります。
    中央部の赤茶のエリアもナンバー付いているんですね。
    北の宝石箱を地味天散開星団として撮るのは失礼かと思いますが次回トライです。
    2015/01/23 1:28 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    肉眼ではこの辺りの天の川はなかなか見れないですが、写真で撮ると微光星がびっしりですね。
    中央部の赤茶は淡いですがとても大きいので、カメラレンズ向きだと思います。
    一方で北の宝石箱は散開星団としては小さいので直焦点向きだと思いますよ。
    カルドウェルさんのお勧めリストに載っているぐらいなので、地味でもなさそうですよ。
    2015/01/23 2:29 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top