星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) おおいぬ座領域3 | TOP | 星雲星団と渦巻き銀河、そしてラブジョイ彗星 >>

2015.01.24 Saturday

1/23のラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

0

    昨晩(1/23)のラブジョイ彗星です。

    明るさはピークを過ぎてやや暗くなりましたね。
    双眼鏡(7×42)では見えますが、私はもう肉眼では確認できなくなりました。

    でも長い尾はまだまだ健在です。
    たっぷり露光して、かなり強引に尾を浮かび上がらせてみました。
    画像がざらついているのはご勘弁下さい。


    Comet-Lovejoy (C/2014 Q2)


     2015/01/23 20:38  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  追尾撮影 240秒×12枚  彗星頭部基準でコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    写野の長辺は12.2度程度なので、尾の長さは10度近くありますね。
    尾はうねったり枝分かれしているようにも見えます。
    そして先端付近では少し広がっているようにも見えます。
    日によって尾の長さや濃さが変わっているようですが、この日はどうだったのでしょう?

    なお、画像の左端中ほどが少し黒っぽいのは、ペルセウス座の暗黒星雲「B205」などです。
    そして星雲らしきものが見えますが、「NGC1333」という反射星雲です。


    彗星頭部基準でコンポジットしているので、星がちょっと煩わしいですよね。
    そこでマスクを作って主に微光星を暗くしてみました。

    Comet-Lovejoy (C/2014 Q2)



    さらにモノクロ反転させてコントラスト強調してみたものを下に示します。
    尾の様子がさらに分かりやすくなったかなと思います。

    Comet-Lovejoy (C/2014 Q2)




     








    コメント

    こんにちは。
    この彗星は淡く長い尾が魅力的ですね。毎回、ももんがさんの画像にはウットリの連続です。

    空の状況が悪いとなかなか写ってくれないので、その難しさにも惹かれますが、こちらは思うように写ってくれずに敗退続きです(涙)
    2015/01/24 4:38 PM by さとう
    >さとうさん、こんにちは。

    この彗星の尾は、仰るように淡いですが長いのが魅力ですね。
    100mmレンズでちょうど良い長さなので、星野写真用のフラットフレームなどが使えるのが嬉しいです。
    でも調子に乗ってついつい強めの処理をしてしまうので、画像がざらついていますよね。
    そろそろ月が邪魔するようになってしまうのが残念です。
    2015/01/24 5:12 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top