星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< はっきりくっきりした星景写真を目指して | TOP | はっきりくっきりした星景写真を目指して (続々) >>

2015.02.02 Monday

はっきりくっきりした星景写真を目指して (続)

0

    前記事の続きです。

    撮影した画像を、地上風景用と星空用に仕上げていきます。
    どのように仕上げるか(明るさ,色合い,コントラスト,彩度など)は、全くの好みで良いと思います。
    ただし、地上風景用と星空用で処理が異なるほど合成の段階での調整作業が厄介になる場合があります。



    [地上風景]

    CameraRaw8.5で仕上げています。
    参考までにパラメータ等を下に示します。
     

    暗い部分を明るくして、照明等で照らされた明るい部分を暗くしています。
    そして「明瞭度」ではっきりくっきりさせます。
    これが最大のポイントと言っても過言ではないでしょう。
    仕上げた画像を下に示しますが、4枚を同じように仕上げて加算平均します。
     


    参考までに「明瞭度」のパラメータをゼロにした場合を下に示します。
    効果がお分かり頂けるでしょうか?
     



    [星空]

    基本的には、こちらもCameraRaw8.5で仕上げています。
    参考までにパラメータ等を下に示します。
    トーンカーブは、地上風景用のものに、さらにコントラスト(強く)を設定しています。
    ここでも「明瞭度」の数値を上げたいのですが、副作用が出てしまうので控えています。
    山の上の星空部分が少し暗くなって色合いも変わってしまうのですよね。
    色合いが最も悩むところですが、やや青っぽく仕上げるのが好きです。
     


    Raw現像直後の画像を下に示します。
     


    続いて、Photoshopで少し処理をします。
    上側の隅が周辺減光のために暗くなっているので補正したり、色相を調整したりしています。
     


    調整後の画像を下に示します。
    星をもっとはっきりくっきりさせたいところですが、この撮影方法ではあまり無理はできません。
     


    地上風景用と星空用を別々に仕上げているので、合成した時に明るさ等のバランスがしっくりこないときがあります。
    そのときは個々の画像を調整し直します。


    続く。


     








    コメント

    こんばんは。
    やまねっもんが師匠の画像教室まってました!
    しかし、2回目にして落第しそうなわたし(汗)
    確認です。
    今回までの作業は地上風景と星空は別々のファイルで編集してるってことでいいですか?
     |肋緝景用の写真4枚をRAW現像し加算平均して地上風景用ファイルを作る。
     ∪蔚用の写真をRAW現像して星空用ファイルを作る。


    2015/02/02 10:28 PM by 道端小石
    >道端小石さん、おはようございます。

    説明が分かりづらかったようでごめんなさい。
    はい、道端小石さんの仰る通りです。
    星空用の1枚は、4枚のうちの1枚をRAW現像し直しています。
    でも撮影間隔が短いので5枚撮影して、4枚と1枚に分けても良いですね。
    2015/02/03 6:31 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1354

    トラックバック

    ▲top