星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 冬将軍をなめていた訳ではないのですが | TOP | 沈みゆく冬の星座たち >>

2015.02.16 Monday

星野写真(60Da、100mm) うみへび座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「うみへび座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M48(NGC2548) : 散開星団

      ・NGC2506 :  散開星団 (いっかくじゅう座)
      ・NGC2539 :  散開星団 (とも座)






      撮影日時 : 2015/02/10 21:31〜  180sec×22コマ
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約-2℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・FlatAide : フラット補正
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(D)、透明度(C)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    この領域の主役は散開星団M48です。
    うみへび座の端に位置してますが、いっかうじゅう座の端の星から辿ったほうが分かりやすいです。
    今回は「NGC2539」も入れるために、横構図から縦構図に変えました。
    左上の隅に3つの星が並んでいますが、これが構図決めの良い目印になってくれました。

    散光星雲などが無いので、とっても地味ですねえ。
    ほとんどモノクロの世界です。
    このシリーズをやっていなければ、おそらく撮影することは無かったでしょう。
    でも、双眼鏡でM48の場所が分かったのは収穫でした。

    M48の星々が少し青っぽく写りましたが、これは本来の色なのでしょうか?
    それとも、フォーカス調整で赤いフリンジを出さないようにした影響でしょうか?
    また下側が少し青っぽく感じますが、天の川に近いからでしょうか?
    それともカブリ補正の工程で作りこんでしまったのでしょうか?
    星野写真はこのあたりがとても厄介です。



    M48 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        星の集まりはちょっとまばらですが、かなり大きな散開星団です。
     



    NGC2506 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        少し暗いですが、星がとても密集しています。
        左下にNGC2525という系外銀河があるようなのですが、、、。
     



    NGC2539 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        M48をひと回り半ぐらい小ぶりにしたような感じですね。
        すぐ傍にある明るい星がポイントですね。
     


     








    コメント

    こんばんは 丁寧な説明有難う御座います
    私なんかの知らない宇宙ますます興味沸いてきます。
    撮ることはできませんが充分楽しませていただいてます。
    2015/02/16 6:46 PM by 夕焼け熊五郎
    >夕焼け熊五郎さん、こんばんは。

    私も現在進行中なのですが、メシエ天体制覇を狙ってはどうでしょう?
    もちろん大変な面もありますが、やってみると意外と面白いですよ。
    いろいろな種類の天体があるので、処理の勉強にもなると思います。
    2015/02/16 7:22 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top