星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) うみへび座領域1 | TOP | 星野写真(60Da、100mm) おおぐま座領域1 >>

2015.02.17 Tuesday

沈みゆく冬の星座たち

0

    2/13の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    以下のような撮影方法と処理方法で仕上げています。
      短時間(20秒)露光の固定撮影で5枚撮影します。
      最初の4枚を地上風景用に仕上げて、コンポジット(加算平均)します。
      最後の1枚を星空用に仕上げます。
      そして両者をマスクを使って合成しています。

    今日ご紹介するのは「沈みゆく冬の星座たち」です。



    沈みゆく冬の星座たち


     2015/02/14 00:11  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    夜半を過ぎると冬の星座たちが次々と山影に隠れていきます。
    華やかな星座がだんだん見えなくなっていくと、ちょっと寂しいですね。
    ヒアデス星団はもう隠れ始めており、プレアデス星団はもう隠れてしまっています。
    もう少し早く撮りたかったですねえ。

    ときどき雲が湧く不安定な天気ながら、夜半少し前から透明度の良い星空になりました。
    湖の東側の端あたりまで行って西側を撮っています。
    この広々とした風景が気に入っています。



    沈みゆく冬の星座たち


     2015/02/14 00:11  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    上の写真よりも少しビジターセンターの建物に近づいて撮ってみました。
    数十メートル歩いただけですが、ちょっと雰囲気が変わりますよね。
    やはり星景写真の撮影は歩きまわらないと駄目ですね。
    それに寒さを紛らわすこともできます。

    星空の色合いは画像処理である程度は調整できるのですが、それでも綺麗な星空であることはとても重要です。
    うまく表現できないのですが、透明感みたいなものが全然違うのですよね。
    暗さよりも透明度のほうが重要だと思っています。


     








    コメント

    こんにちは
    日付が変わると、オリオン座もかなり低空になってしまうんですね。最近サボっている星景ですが、諏訪地方では西の空の良いところがなく、またまたサボりそうです。ちょっとやってみたい風景を見つけたのですが、今朝からの降雪で再び山に行きにくくなってしまいました。今週どうしようかなぁ…
    2015/02/17 7:45 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    冬の星座は星景写真に良いですよねえ。
    それに比べて春の星座はちょっと(かなり)寂しい感じになってしまいます。
    かと言って夏の星座はまだ昇って来ないし、、、。
    そちらはやはり雪ですか。
    こちらも地面が少し白くなりましたが、今は止んでいます。
    迷ったらGOですよ!
    でも控えたほうが良いかな?
    2015/02/17 9:23 AM by やまねももんが
    こんにちは
    星空と地上風景、どちらもはっきりした写真って綺麗ですねー。
    星と地上の明るさを違和感がないように仕上げるのも難しいですし、ソフトフィルターをつけて撮ると地上風景も少しボケますもんねぇ。
    やはり地上風景をシャープに仕上げるといいんですね。
    勉強させていただきます。
    2015/02/17 10:17 AM by おりおん
    やまねももんがさん  こんにちは
    いつもながら綺麗な星景写真良いですね。
    わたしは1枚目の両サイドに赤い山肌と木が見える広角の構図が凄くいいと思いました。こちらの現場はぐるーと山ばかりで愛想なしです、タイマーで撮ってる間暇なので近所星景撮りにうろうろしますが怖いだけです。(笑。
    2015/02/17 12:03 PM by 夕焼け熊五郎
    >おりおんさん、こんにちは。

    地上風景と星空の両方をはっきりくっきり仕上げたいと思って、あれこれ試行錯誤してこんな方法に行き着きました。
    この方法は灯りが少しあるような場所には良いかなあと思っています。
    灯りが全くないところでは、地上風景はほとんどシルエットになってしまうでしょうね。
    この写真では地上風景部分もソフトフィルターを使っているのですが、Leeの最も効果が弱いものなので、この程度なら良いかなと思っています。
    野外で頻繁にフィルターを付けたり外したりできませんからね。
    2015/02/17 12:17 PM by やまねももんが
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    星野写真と星景写真とでは、撮影地に関して両立が難しいですね。
    でもここは両方共に楽しめる良い所だと思っています。
    以前はこんなに奥まで行かなかったのですが、最近は勇気を振り絞っています。
    でも鹿の鳴き声が聞こえたり、氷のきしむ音がしたりすると、びくっとしますね。
    2015/02/17 12:26 PM by やまねももんが
    こんにちは
    星空と地上風景のどちらもバランス良く主張しているようで
    見入ってしまいますね。
    処理の説明が無ければ、こんな風に綺麗に撮れるなら
    やってみようと思う人多いと思いますよ。いざ撮ってみると
    こんなはずじゃないよな。
    星景写真の奥深いところですね。
    2015/02/17 12:41 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    単純に処理すると、地上風景をある程度の明るさにすると、星空はすごく明るくなってしまいますよね。
    それに星空が赤っぽくなってしまうことが多いですね。
    仰るように、撮って出しのJPEGでは「あれ、こんなはずでは?」となってしまうでしょう。
    でも何故か現地でモニター画像を見た時は、すごく良い雰囲気に思えるときがあるのですよね。
    撮影中はテンションが上がっているせいかなあ?
    2015/02/17 12:59 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    一枚目の構図はいいですね〜。はじめての構図かな?
    増富へ行くトンネル寄りの場所ですよね。夢中になって
    湖に転げ落ちないでくださいね。山の明るさは、橋と建物の
    照明でしょうか?左の林の照明とのバランスがいいですね。
    冬の冷たそうな星空に比べて、地上の景色に温かみを感じます。
    2015/02/17 5:42 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    はい、1枚目は今まであまり無かった構図ですね。
    撮影場所は仰るとおりです。
    山肌がオレンジ色なのは、橋の手前にある?灯りのためだと思います。
    橋の照明は黄緑色ですね。
    いろいろな灯りによって地上風景がいい感じに照らされているのが、ここの魅力だと思っています。
    2015/02/17 6:07 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1368

    トラックバック

    ▲top