星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 追尾と静止を組み合わせた星景写真 | TOP | 星野写真(60Da、100mm) ケフェウス座領域2 >>

2015.03.04 Wednesday

これ、冬の大三角?

0

    2/20の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。


    これ、冬の大三角?


     2015/02/21 00:45  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    最初、この星の並びを見て「何だろう?」と思ってしまいました。
    周りの星の配置からすると ”冬の大三角” のようです。
    実は ”オリオン” がベテルギウスを残して山影に隠れてしまったのです。
    こんな光景は初めて見ましたが、びっくりするやら可笑しいやらです。
    やはり ”冬の大三角” はオリオン全形が見えていないと駄目ですよね。


     








    コメント

    最初シリウスに気がつかず、ベテルギウス、プロキオン、ポルックスと線を結んで???でした。
    やはり定番の役者が揃ってないと「?」ですよね(笑)。
    星空も地上風景もブレていないと気持ちがいい。
    2015/03/04 2:26 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    大三角を構成する3つの明るい星だけを見せられても分からないものなのですね。
    大三角と言いながらも、オリオンとシリウスとプロキオンということで認識しているのかもしれません。
    かに座とふたご座が写っていなかったら、もっと分からないでしょうね。
    2015/03/04 2:45 PM by やまねももんが
    やまねももんがさん こんにちは
    星空綺麗ですね 00:45でこれだと西側は明るいのですか。やはり何といっても赤いペテルギウスの存在感ありますね、ふたご座のM35付近アップすると猿とクラゲ見えそうです。少し赤みが見えそう、私の目が充血してるのかな(笑)
    2015/03/04 6:38 PM by 夕焼け熊五郎
    >夕焼け熊五郎さん、こんばんは。

    空の明るさは画像の仕上げ方で大きく変わるので、写真から判断するのは難しいと思いますよ。
    ベテルギウスの赤みはノーマルカメラでも分かりますね。
    猿とクラゲは無理でしょう(笑)。
    2015/03/04 7:10 PM by やまねももんが
    夏の大三角ならこの構図でも一目瞭然なんでしょうけどね。
    冬はなんとも。。
    上に見えるはプレセペ星団でしょうか。
    こうやってみると見応えがありますね。
    2015/03/04 7:54 PM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんばんは。

    それだけ冬の大三角に対するオリオンの存在が大きいということだと思います。
    それに対して夏の大三角の場合はそんなことはないですね。
    はい、プレセペ星団です。
    春の星座ですが冬の星座寄りに位置しているので、ときどきこっそりと写り込むことがありますよ。
    2015/03/04 9:27 PM by やまねももんが
    おはようございます。
    ISO6400で20秒でこんなに写るんですね。レンズも明るいからかな。
    この条件で、天の川がどれくらいうつるんでしょう。この前のは追尾でしたね。
    私だったら、これで満足しちゃいます。この方法ならどの方向でもOKじゃないですか?
    2015/03/05 9:10 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    最新のカメラの能力には驚きますね。
    天の川も結構写ると思いますが、ざらつきを少なくしようと思うとある程度の枚数のコンポジットは必要になるでしょう。
    はい、これは静止撮影だけなのでどの方向でも適用できます。
    撮影も単純なので、私は結構気に入っていますよ。
    2015/03/05 9:44 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top