星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) ケフェウス座領域2 | TOP | 星野写真(60Da、100mm) おおぐま座領域3 >>

2015.03.06 Friday

みずがき湖での星景写真 カラスとスピカ

0

    2月に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。
    たくさんの星景写真を撮ったのですが、やっと整理が終わったのでご紹介していきます。
    地上風景部分と星空部分を別処理してマスクを使って合成しています。

    今日ご紹介するのは「カラスとスピカ」が主役の星景写真です。



    カラスとスピカ


     2015/02/14 00:27  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    一番明るい星は ”おとめ座のスピカ” です。
    その右横に見えるちょっと歪んだ四角形が ”カラス” です。
    おとめ座は星の並びがよく分からないので、いつもペアで撮影しています。

    ビジターセンターの建物を前景に撮ってみました。
    手前の芝生にはまだ雪が残っていたので、良いアクセントになったと思います。



    女神像とカラスとスピカ


     2015/02/14 01:30  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    「女神像」との組み合わせは初めてでしょうか?



    牡鹿像とカラスとスピカ


     2015/02/14 01:39  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    牡鹿が ”おとめ座” や ”カラス座” を見ていると思いきや、
    ちょっと違う方向を見ていますねえ。
    撮影した時にそんな気がしていたのですが、やはりそうでした(苦笑)。



    カラスとスピカ


     2015/02/21 01:09  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    ちょっと雰囲気を変えて、こんな構図で撮ってみました。
    雪が積もっていなかったら、撮らなかったでしょうね。

    紫色の明かりは木の枝に飾られているもので、色を変えながら瞬いています。
    一度近くで撮ってみたのですが、イメージとは程遠い写りになってしまいました。
    こういう木立の枝はマスクが難しくて、これで精一杯です。


     








    コメント

    雪が良いアクセントになりますね。
    雪はいいですね。
    やっぱり雪は。
    深い意味はありません(笑)
    2015/03/06 11:43 AM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんにちは。

    はい、雪が積もっていると景色が一変しますよね。
    来年はもっと積もっているときに撮影してみたいです。
    でも地面に雪が積もっていると、夜空が明るく感じます。
    地上の明りが反射して空が少し明るくなるのでしょうね。
    2015/03/06 12:04 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top