星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< みずがき湖での星景写真 木星としし | TOP | Wさんの死 >>

2015.03.10 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) おとめ座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。

    この「おとめ座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M104(NGC4594) : 系外銀河(渦巻銀河) (ソンブレロ銀河)
      ・NGC4361 : 惑星状星雲






      撮影日時 : 2015/02/21 01:58〜  240sec×23コマ
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖 気温は約−9℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・FlatAide : フラット補正
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(C)、透明度(BC)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    主役はおとめ座のソンブレロ銀河ですが、からす座から辿ったほうが分かりやすいので、このような構図にしました。
    そのお蔭で「NGC4361」というおまけが付いています。
    でももう少し南側(下側)に向けたほうが良かったですね。

    南側で高度もそれほど高くないので、空はちょっと明るいです。
    1枚当たりの露光時間を抑えて、枚数を多くしました。



    M104 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        独特の形をした銀河で、ソンブレロ(帽子)を横から見た姿に似ていることから愛称が付いています。
        銀河面を横から見る格好になるので、銀河を横に走る暗黒帯がよく分かるそうです。
        でも思っていたよりも小さくて、私の写真ではお馴染みの形も暗黒帯もよく分かりませんね。
        非常に大きなバルジを持つ渦巻銀河だと考えられてきましたが、
        最近の観測からは楕円銀河の中に円盤が収まった複雑な構造を持っているそうです。
     



    NGC4361 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        とても小さいですが、惑星状星雲独特の色が分かりますね。
        でも写野の端なので、レンズの収差等が見えて恥ずかしいです。
     


     








    コメント

    ソンブレロも100mmでは厳しい対象ですね。
    でも存在感を出してくる作品になるから凄いなぁ。
    まだマイナス9度ですか。。
    2015/03/10 8:34 AM by びっけパパ
    いつも自動導入に頼りっぱなしでいるので、位置を確認することが無かったんですが、なるほど、からす座からたどれば良かったんですね。
    ポタ赤でプチ遠征したときに手動導入やってみます。
    2015/03/10 9:54 AM by 悠々遊
    >びっけパパさん、こんにちは。

    ソンブレロはそれほど大きい銀河でないので、厳しいですね。
    でも雰囲気だけは分かって頂けたのではないでしょうか?
    寒いほうがカメラのノイズが少なくて良いですよ。
    でも人間は頭の回転が鈍くなりますね(苦笑)。
    2015/03/10 1:31 PM by やまねももんが
    >悠々遊さん、こんにちは。

    私は目視で構図を調整しているので、分かりやすい星の並びは本当に助かります。
    それに星座の境界線は複雑だったりして、どうしてここがその星座なの?と首を傾げるときもありますよね。
    でも自動導入は便利そうだなあ。
    2015/03/10 1:35 PM by やまねももんが
    こんにちは
    100mmで90分露出に対してはいつもと同じ
    コメントになりますが凄い、ピントも銀河の形状も
    良く写るもんだと感心するばかり。
    丁寧な仕事をしなければいけないと自身に言い聞かせてます。
    2015/03/10 1:36 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    フォーカス調整に関してはやっと目処が経ちました。
    この100mmレンズの場合には、リモートライブビューで0等ぐらいの明るい星を使うのが良いようです。
    星像の大きさが最小になってから2ステップぐらい進めて赤みが無くなったところで撮影しています。
    追尾はタカハシの赤道儀に完全に頼り切っていますよ。
    2015/03/10 2:20 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top