星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 春はちょっと足踏み? | TOP | 3/12のラブジョイ彗星(C/2014 Q2) >>

2015.03.12 Thursday

みずがき湖での星景写真 冬の大三角

0

    2月に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。
    地上風景部分と星空部分を別処理してマスクを使って合成しています。

    今日ご紹介するのは「冬の大三角」が主役の星景写真です。



    女神像と冬の大三角


     2015/02/20 21:02  EF24mm F1.4→4.0  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(90秒)
     EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・みずがき湖にて


    久し振りに以前のスタイルで撮ってみました。
    追尾撮影の1枚撮りです。
    星空優先で仕上げているので、女神像はほとんどシルエットになってしまいます。
    でもたまにはこれも良いですね。



    牡鹿と冬の大三角


     2015/02/13 23:44  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン” がだいぶ傾いてきましたね。
    星景写真では星座が昇ってくる時と沈んでいく時に撮ることが多いのですが、両者で雰囲気が大きく変わります。
    まあ気分的な部分もあるのかもしれませんが、、、。

    牡鹿は ”シリウス” を見上げているのかな?
    中国では「天狼(星)」と呼ばれるそうだから、警戒しているのかもしれませんね。
    左下に小鹿がいるのが分かるでしょうか?


     








    コメント

    こんにちは。
    今回のは、オブジェの角度がいいですね。
    女神は、艶かしい曲線が今までの中で一番です。どこ見てたの?(笑)
    全くのシルエットの方が、色々想像できてうれしいです。ダメだ、こりゃ(笑)
    鹿さんの視線も、まっすぐシリウスを見つめているようですね。
    2015/03/12 3:35 PM by ヤマボウシ
    こんにちは
    いつもながら綺麗に仕上ってますね。
    地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成ですがそれにしても元画像の撮影かなり低い位置からに見えるのですが、普通の高さの三脚ですか?
    見るからに空は大きく広くと言うふうに仕上ってますね。
    2015/03/12 6:34 PM by 夕焼け熊五郎
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    やはり女神はシルエットのほうが良いですかね(笑)。
    1枚目の手法はしばらくやっていなかったので、ふとやってみようかなと思い立ちました。
    おせちも良いけどカレーもね、っというやつです。
    2015/03/13 6:38 AM by やまねももんが
    >悠々遊さん、おはようございます。

    三脚は3段のものですが、一番短くして撮影いています。
    カメラの位置は地面から50cmぐらいでしょうかね。
    ファインダーがとても覗きづらいです。
    2015/03/13 6:42 AM by やまねももんが
    こんにちは
    こうやって比較すると、地上はマスク加工写真、空は追尾1枚ものが良いですね。1枚目は、星空重視するあまり、そのまま地上マスク加工中の写真を載せたかと思いました(笑。
    新星景はやらないつもりですが、星景写真におけるマスク加工での画像処理は、なかなかの武器になるので最近はちょこちょこと取り入れてみたりしています。
    星座の見え方ですが、昇りと下りとでは、形が違うと思います。下りはいつもいびつに見えるのですが、錯覚でしょうかねぇ?
    2015/03/13 7:44 AM by 温泉日和
    久々に1枚ものの作品を見ると、やまねももんがマジックにかかった作品のほうが見ごたえありますね。
    オリオン座が、見えなくなるのもあっという間ですね。
    2015/03/13 7:52 AM by びっけパパ
    >温泉日和さん、こんにちは。

    地上風景と星空は、明るさ,色合い,コントラストの付け具合いなどなど、殆どの項目で両立が難しいですよね。
    まあそれが目で見た状態に近いのでしょうが、心象風景と言うか、それどれが持っているイメージに近づけようとするといろいろやる必要があります。
    手法はいろいろあると思いますが、今のところ別処理してマスクを使って合成するという手法に落ち着いています。
    星座の見え方が違うのは、錯覚というか、心理的な要因が大きいのじゃないですか?
    2015/03/13 12:59 PM by やまねももんが
    >びっけパパさん、こんにちは。

    見比べてみると違いが結構大きいですよね。
    まあ、人間の目にはこのようには見えないのですが、イメージにはかなり近いんじゃないかと思っています。
    冬の星座はもう夜半前にはほとんどが沈んでしまいましね。
    夏の星座が昇ってくるまでの間は、星空はちょっと寂しいです。
    2015/03/13 1:03 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top