星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) さそり座領域4 | TOP | 夏野菜の苗は根付いたようです >>

2015.05.07 Thursday

昇ってきたばかりの夏の大三角

0

    4/17の晩に長野県の蓼科で撮影した星空写真です。

    今日ご紹介するのは「昇ってきたばかりの夏の大三角」です。
    この場所ではこの方向の星空が一番きれいです。
    撮影が楽しくて、同じような構図ばかりたくさん撮ってしまいました。


    昇ってきたばかりの夏の大三角


     2015/04/18 01:32  EF24mm F1.4→2.5  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO3200  長野県・蓼科にて


    短時間の固定撮影で撮ったものです。
    きれいな星空だったので、色合いも自分の好みに調整できました。
    20秒の固定撮影で、天の川がこれだけ写るのですからねえ。
    星空写真の世界も随分と変わりました。



    昇ってきたばかりの夏の大三角


     2015/04/18 01:29  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  追尾撮影(60秒)
     EOS 6D RAW、ISO3200  長野県・蓼科にて


    ポタ赤で追尾撮影したものです。
    1枚撮りで、マスクを使わずに単純に処理しています。
    たっぷり露光したので、天の川の写りが良いですね。
    1枚目の写りも結構良いと思うのですが、比較してしまうとやはり違いが分かりますね。
    なお追尾撮影尾なので、地上の風景は僅かにブレています。


     








    コメント

    おはようございます。
    ブレのないスッキリした景色をとるか、濃い天の川をとるか、考えようによっては贅沢な悩みですね。なにしろ両方とも捨てがたい魅力がありますから…

    カメラの高感度化は一昔前の事を知っていると、ビックリする程ですね。
    2015/05/07 5:58 AM by さとう
    >さとうさん、おはようございます。

    はい、仰るように贅沢な悩みです。
    地上風景用に固定撮影して、星空用に追尾撮影して、マスクを使って合成するという手もありますね。
    今のデジタルカメラの性能は、初期の頃からはとても想像できないですよね。
    2015/05/07 7:09 AM by やまねももんが
    こんにちは
    横向きに昇ってきた直後ということで、砂嵐のように見えてきます。凄い写りですね。
    実は、それは天の川ではなくて、ホントの黄砂だったりして(笑。
    2015/05/07 7:33 AM by 温泉日和
    おはようございます。
    比べれば、やっぱり2枚目の天の川の方がいいですね。
    写真を大きくして飾ったり、人に見せるなら地上の景色が
    綺麗な方がいいですね。白いのは雪でしょうか?
    2015/05/07 7:38 AM by ヤマボウシ
    >温泉日和さん、おはようございます。

    この方向がここでは一番きれいな星空ですよね。
    この頃はまだ大気光も発生していなかったようです。
    天の川と重なっているだけかもしれませんが、、、。
    南側もこれくらいにきれいな星空だったら良いのになあ。
    2015/05/07 7:52 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    天の川の写りはやはり2枚目のほうが良いですよね。
    やはり、固定撮影と追尾撮影の合成かなあ?
    白いのは雪ですね。
    ところどころにまだ残っていましたよ。
    2015/05/07 7:55 AM by やまねももんが
    おはよぉございますぅ。
    今の高感度デジカメしか知らないじじぃで、ガス。テヘッ!
    フムフム。ギンギラの天の川も良いですが、風景と一緒だとこのぐらいのが自然な感じがしますねぇ。
    最近カメラレンズでの撮影に興味があるのでメモメモ。ハハハッハ!
    子供の頃、夏の大三角、織り姫・彦星・デネブ、で憶えてしまって、未だにベガとアルタイルは意識しないと出てこないじじぃで、ガス。親父のせいにしてます。ハッハハハッハ!
    2015/05/07 9:42 AM by 山口のじぃ
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    最初の頃のデジタル一眼カメラは、最高ISO感度が1600ぐらいでした。
    でもノイズが多くて、星空写真にはとても使えませんでしたよ。
    最新機種だと、10倍以上のISO感度でも画質は上回っていますよね。

    織り姫・彦星・デネブだと、デネブがお邪魔虫みたいで可哀想です。
    でも父親に星のことを教わったなんて、素敵じゃないですか。
    2015/05/07 10:49 AM by やまねももんが
    こんにちは
    各々特徴があり違いが分かる画像ですね。
    天の川も上がってきたばかりの割には大気に悪戯されずに
    明瞭な仕上がりで各星座が直ぐ目に飛び込んできます。
    やはり良質の画像は撮影地を選びますね。
    これからの季節はみずがき湖周辺は利用しないのでしょうか?

    2015/05/07 1:47 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    20秒の固定撮影で天の川がこれだけ写るのは、星空が暗くて透明度が良かったからだと思います。
    写りが良いと、空の色合いをある程度自由に調整することができるので、とっても楽しいです。
    これからは、みずがき湖の先のみずがき山自然公園まで行くことが多くなると思います。
    できるだけ標高の高い場所のほうが良いですからね。
    でもみずがき湖のほうが天気が安定していることが多いので、GPV予報の湿度などをチェックして選ぶことになります。
    2015/05/07 2:51 PM by やまねももんが
    どちらもいいですね。
    20秒でもこれだけの天の川が写る空というのが選択肢を広げてくれますね。
    しかし暗い場所、いい風景、いい構図をいろいろご存知ですね。
    2015/05/07 7:03 PM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんばんは。

    星空写真は、何と言ってもきれいな星空が一番重要な要素ですよね。
    それが満たされれば、どのように仕上げるにしても処理はそれほど手がかかりません。
    最近は星野写真を第一に場所を選んでいますが、星景写真だけならもっともっと良い場所がたくさんありますよ。
    2015/05/07 8:10 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1445

    トラックバック

    ▲top