星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 昨夜のラブジョイ彗星(C/2014 Q2) | TOP | 今年初めてのみずがき山での夜遊び >>

2015.05.12 Tuesday

沈むふたごとぎょしゃ、そして金星

0

    5/10の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    今日ご紹介するのは、夕方の薄明が終わった直後の西の空の様子です。



    沈むふたごとぎょしゃ、そして金星


     2015/05/10 20:31  EF24mm F1.4→3.5  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO5000  山梨県・みずがき湖にて


    とても明るい ”金星(−4.2等)” が山影に隠れようとしています。
    金星の上には ”ふたご座” が、右側には ”ぎょしゃ座” が見えています。
    左側の明るい星は ”こいぬ座のプロキオン” ですが、単独で見えているとあれ?とまごついてしまいました。

    時間帯が早いこともあって夜空が明るくて、少し濁った発色になっていたので、思い切って青みを強くしました。
    星空はどうしてもモノトーンの世界になるので、地上風景をかなりカラフルに仕上げています。

    縦構図でも撮ったのですが、横構図のこちらを採用しました。


     








    コメント

    金星の明るさが橋の照明に負けていない!
    撮影場所は湖岸ギリギリの斜面のように見えますが・・・。
    2015/05/12 2:36 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    あやうく金星が沈んでしまうところでした。
    湖岸ギリギリですが、斜面ではなくて平らな場所です。
    見えているのは東西方向に伸びる湖岸で、手前に南北方向に伸びる湖岸があるのです。
    2015/05/12 4:12 PM by やまねももんが
    見事な金星ギリギリショット。
    沈む角度の星座は一瞬??ってなります。
    南中のイメージが強いんですね。
    現在の家のベランダも子供の頃の家も東側が開けているので昇ってくる角度に違和感は感じないのですが。
    2015/05/12 4:59 PM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんにちは。

    特に(温泉日和さんのように)ぎりぎりを狙ったわけではないのですよ。
    駐車場で星野写真の準備ができて撮影を開始したので、これを撮りに行ったら、もうこうなっていたのです。
    これで山に隠れていたら泣いちゃいますよ。
    空の場所によって、星座の雰囲気というかイメージが違いますよね。
    だから星景写真は昇ってくる時と沈む時を撮るようにしています。
    2015/05/12 5:53 PM by やまねももんが
    こんばんは。橋の明かりがアクセントになり、カラフルでいいですよね。私も風景撮りでしたが、三重県で同日同時刻に同じ方向にカメラを向けていました。
    星空を共有させていただき、勝手ながら愉悦に浸ってます(笑)。
    2015/05/12 6:01 PM by フーマン
    >フーマンさん、こんにちは。

    ここでの星景写真の面白さの一つは、この橋だと思っています。
    色が白でなくて、さらに真ん中だけ少し色が違うのが良いですよね。
    湖面に反射した様子がとても面白いです。
    今の夕暮れの西の空は明るい金星がポイントですね。
    低空まで見渡せるような場所だと水星が見えるはずです。
    2015/05/12 6:31 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top