星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 今朝のラブジョイ彗星(C/2014 Q2) | TOP | ことが昇ってきました >>

2015.05.28 Thursday

意地悪な蓼科の星空

0

    5/22の晩は長野県の蓼科に夜遊びに出かけたのですが、すでに記事にしたように2週連続で惨敗でした。

    西のほうで湧いた雲が次々と流れてくるので、
    100mmレンズによる星野写真は諦めて記念写真的にさそり座を撮影してみました。
    夏の銀河(天の川)は肉眼でもそれほどよく見えず、写りもそれほど良いとは感じなかったのですが、、、。
    星野写真っぽい処理をしていったら、見事な天の川が浮かび上がってきました。
    この方向の空は決して暗くはないのですが、標高が高いせいですかね。
    これですっきりとした空なら、どんな写真が撮れるのでしょう?

    でも、こんな写真が撮れるので、たまに3時間もかけて行ってしまうのですよね。
    なんか罠にはまったような気がします(苦笑)。


    さそりと夏の銀河(天の川)


     2015/05/22 22:55  AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G (14mm、少し絞る?)
     追尾撮影(120秒)  4枚をコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  長野県・蓼科にて


    低空の雲はとても明るくて鮮やかになってしまったので、姑息な手段で抑えました。
    ちょっと不自然になってしまったかもしれません。
    ちなみに、100mmレンズによる星野写真のこの日の撮影対象は雲に隠されてしまった領域です。


    参考までに、何も手を加えずにRaw現像した画像を下に示します。
    ホワイトバランスはAUTOで撮影しています。
    画像処理ってやはりマジックですねえ。
     


     








    コメント

    あれの元がこれですか・・・確かにマジックですねえ。しかし元にもそれと分かるあれが写ってるってことは、元からして空がいいということですよね。
    元にもあれが写ってる様な空に出会いたいものです。
    2015/05/28 7:31 AM by 悠々遊
    おはようございます
    この季節は天気予報がころころと変わるような気がしてます。
    GPVのスパコンでも予想が難しいんでしょうかね。
    いい方に予報が外れるのはうれしいですけど。
    ほんと、画像処理ってマジックですよね。
    私は最近、改造デジで天の川を撮るようになったんですけど、どうも非改造と勝手が違うようで難儀してます。ノーマルカメラでの発色が頭にこびりついてるせいでもあると思ってるんですけどね(笑)
    2015/05/28 8:48 AM by おりおん
    >悠々遊さん、おはようございます。

    元画像と比べると大変身でしょう。
    でも元画像はそれらの情報をちゃんと持っていたのですよね。
    引き出したい部分をうまく炙り出して、表面に出したくない部分はできるだけ抑えて、、、。
    でもそれが難しいのですが、空の状態が良いと少しは楽にできるように感じます。
    2015/05/28 9:11 AM by やまねももんが
    >おりおんさん、おはようございます。

    今月は例年以上に天気に振り回されたような気がします。
    新月期の初めと終わりは何とか撮影できましたが、真ん中が惨敗だったのが痛いです。
    改造デジは赤が良く写るので、GやBが負けてしまうのではないでしょうか?
    GやBのヒストグラムの幅をRと同じように広げてやる必要性を感じています。
    今日の画像もそんなことをしていますよ。
    2015/05/28 9:17 AM by やまねももんが
    やまねももんがさん おはようございます。
    天の川雲が無ければ最高の画像撮れたのに残念ですね、さそりのアンタレス付近からのびる暗黒帯が素晴らしいです。私はいつもアンタレスの画像で行き止まりです。
    家族増えたのはいいけど海ちゃんや空ちゃんくらいになった時私達はいないとなると心配です。
    2015/05/28 9:48 AM by 夕焼け熊五郎
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    はい、この日は撮りたいものがたくさんあったのに雲に邪魔されてとても残念でした。
    雲間に見える星空がとてもきれいなだけによけい悔しかったです。
    今まで以上にお体に気を配って長生きして下さいね。
    2015/05/28 10:59 AM by やまねももんが
    こんにちは
    元データではわからない情報が矢張りぎっしり撮り込んで
    あるんですね。
    >BとGのヒストグラムの幅を広げる<これは記憶に留めておきましょう。
    ベールのような薄雲がより天の川の色彩を強調して
    リアル感増してますね。
    2015/05/28 12:43 PM by テナー
    GPVの詳細と広域で情報が違うよぉな気がする今日この頃。

    「GやBのヒストグラムの幅をRと同じように広げてやる」
    って、また勉強なりましたぁ!!ハッハハハッハハ!
    山口のじぃ、開眼かもしれないで、ガス。テヘッ!
    ちなみに私は下手なマジシャンで、ガス。ハハッハハッハ!
    2015/05/28 1:22 PM by 山口のじぃ
    >テナーさん、こんにちは。

    最近のデジタルカメラの性能には改めてびっくりしました。
    それと共に、どれだけの情報量を有効に活用できているのかなあと考えちゃいましたよ。
    もっともっと引き出してやるような処理をしなくちゃ駄目ですね。
    2015/05/28 2:24 PM by やまねももんが
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    GPVの場合は、直前になるほど予報が変わるということでしょうね。
    ヒストグラムの幅を揃えていくと、透明感みたいなものが出てくるように感じています。
    またまた開眼とは、どれだけ進化するのか楽しみですねえ。
    2015/05/28 2:33 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    暗黒星雲が大迫力ですね。自分は、いらない情報を抑えていないんだろうなぁ。
    >GやBのヒストグラムの幅をRと同じように広げてやる
    FS-60CBに付けているX5は改造なので、いつも赤っぽくなります。
    それ的な事はやったかもしれませんが、今度は意識してやってみます。
    2015/05/28 2:50 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    積極的に使いたい情報と抑え込みたい情報をうまく切り分けてコントロールできればいいのですが、なかなか難しいですよね。
    改造カメラで赤く写るのはホワイトバランスがずれているためです。
    それだけなら色合いの調整でOKです。
    ヒストグラムの幅がRGBで異なる場合は、コントラストが違っているわけなので、色合いの調整だけでは駄目ですね。
    2015/05/28 5:09 PM by やまねももんが
    罠ですか?
    ただの中毒ですよ(笑)
    この日は肉眼では確認できなかったのかもしれませんがくっきりはっきりが脳裏に焼き付いているんですよね。
    そうなると止めようにも止まらないんですよ。
    惨敗といいながらこれが撮れるのか。。
    2015/05/28 9:00 PM by びっけパパ
    いやー、雲が絵になってるなあ、って僕なんか思います。
    この1発目の写真は、とても素直に受け入れられると感じました。
    2015/05/28 9:29 PM by ミッチー
    >びっけパパさん、おはようございます。

    ええっ、中毒ですか?
    良い薬はありませんかねえ?
    星野写真は露光時間として90分を目安としているのですが、どの領域でも雲に邪魔されて駄目だったのです。
    でもこのような写真なら10分たらずなので、何とか撮れたという訳です。
    2015/05/29 4:58 AM by やまねももんが
    >ミッチーさん、おはようございます。

    雲や地上部分が入っているので、この程度の処理で留めたのがかえって良かったかもしれませんね。
    ミッチーさんに褒められて嬉しいです。
    2015/05/29 5:01 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top