星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 紫陽花の次は菖蒲 | TOP | カシオペアからはくちょうまでの銀河(天の川) >>

2015.06.14 Sunday

こんな看板を見つけました

0

    京王線の北野駅の近くでこんな看板を見つけました。





    見た時は気付かなかったのですが、一応広告の看板なのですね。

    野猿(やえん)街道は、東京多摩地域の幹線道路のひとつです。
    八王子市の野猿峠を通っているのが名前の由来なのでしょうね。

    私はこの街道の名前は、目よりも先に耳からインプットされたので、後で漢字を見て「おお〜」と思った記憶があります。
    漢字を先に見た人の中には「のざる」と読む人もいるでしょうね。

    という訳かは分かりませんが、この看板を見た瞬間に笑ってしまいました。
    でもインパクトがありすぎて、何の広告なのか記憶に残らないのですが、良いのかなあ。

     








    コメント

    見事に「のざる」と読んじゃいました(汗)
    面白い看板ですね。
    でも、たしかに企業名は記憶に残らないかも(笑)
    2015/06/14 10:12 AM by 道端小石
    >道端小石さん、こんにちは。

    やはり、そう読んじゃいますよね(笑)。
    これを初めて見たときは広告の看板とは思わなかったです。
    写真を撮って良く見たら、小さな字で企業名が書いてあるのに気が付いた次第です。
    2015/06/14 11:09 AM by やまねももんが
    普通に「のざる」と読んじゃいますよ(笑)、野猿の被害多発なんて記事を見かけてると。
    でも、Windowsの漢字変換では「やえん」でしか変換できませんね。
    ちなみに「やえん」のもうひとつの変換選択肢は「夜宴」でした。
    天文ファンにぴったりじゃないですか(笑)。
    2015/06/14 11:31 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    街道が開通した頃は野生動物がたくさんいたんでしょうね。
    野猿がいたかどうかは分かりませんが、、、。
    あまり賢くないIMEですが、意外なところで健闘しますね(笑)。
    2015/06/14 12:19 PM by やまねももんが
    山梨には、昇仙峡の奥に野猿谷渓谷(やえんだにけいこく)が
    あるので、山梨県人は「やえん」と読むと思いますよ。「のざる」と
    読んだら、きっとモグリです。ほんとかな(笑)
    2015/06/14 1:31 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    昇仙峡の奥にそんなところがあるとは知りませんでした。
    一度行ってみたいです。
    今回のことで山梨県の方々は強い味方だということが分かって嬉しいです。
    2015/06/14 1:41 PM by やまねももんが
    すなおに『のざる』と読みました(笑)
    記事を読み進めて、へぇ〜って思いました。
    もともと大阪府民、今は神奈川県民なので許してもらいましょう。
    2015/06/15 8:00 AM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんにちは。

    やはりそう読みましたか(笑)。
    まあ初めて見て「やえん」と読む人は少ないでしょうね。
    ちょっと調べてみたら、このような看板は他にも幾つかあるようです。
    2015/06/15 9:28 AM by やまねももんが
     野猿、街道の名前なんですね。ラブホテルの名前かと思ってました(笑
     自然や生き物の絡まないやまねももんがさんの街撮り写真って珍しいですよね。なんか新鮮です。
    2015/06/16 8:57 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    それだけインパクトが強かったということですよ。
    このあたりは地形の起伏が大きいので、昔は峠を越える貴重な街道だったのだと思います。
    2015/06/17 4:28 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top