星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 星景写真 悩みのあれこれ | TOP | 103aEでの星野写真 (36年前の星空) (2) >>

2011.09.16 Friday

103aEでの星野写真 (36年前の星空) (1)

0


    大学3年のときの夏合宿で撮影したものです。

    場所は山梨県の塩山塩平にある民宿「風来坊」です。
    Sさんが名前だけで決めました。
    この民宿は、山歩きの人が使うようですが、この時は貸切りでした。

    その当時はとても暗くて、懐中電灯が無いと夜道を歩けなかったことは覚えています。

    コダックの天文写真専用フィルムである103aEフィルムを初めて使いました。
    みんなで手動ガイドの練習をしたので、いろんな人の作品です。



    はくちょう座

     1975/09/08 21:38  50mm F1.8→2.8  ガイド撮影(15分)
     Kodak 103aE  パンドールで現像(11分) R1フィルタ  山梨県・塩山塩平


    コダックの天文写真専用フィルムである103aEフィルムにR1フィルタを使って、赤い光だけで撮影した ”はくちょう座” です。
    北アメリカ星雲,網状星雲,γ星付近の星雲など、赤い光を出す水素ガスの星雲がとてもよく写ります。
    30年以上経って見ても、ちょっとびっくりする画像です。
    こと座を一緒に入れようという気持ちが強かったので、構図は少し失敗だったかな?


    はくちょう座

     1975/09/08 22:33  50mm F1.8→2.8  ガイド撮影(5分)
     Kodak 103aE  パンドールで現像(11分)  山梨県・塩山塩平


    フィルタを使わないで撮影しています。
    シャープさは落ちますが、実効感度が高くなるので露光時間が短くてすみます。
    特に銀河に沿って撮影すると、他のフィルムとは別世界の写真が撮れます。
    手動ガイドはTさんです。



    カシオペア座付近



     1975/09/08 22:00  50mm F1.8→2.8  ガイド撮影(16分)
     Kodak 103aE  パンドールで現像(11分) R1フィルタ  山梨県・塩山塩平


    ”カシオペア座” の星々は、秋の銀河(天の川)に埋もれてしまってよく分かりません。
    その代わりに?、赤い光を出す水素ガスの星雲が良く写っています。
    中央付近の小さい星雲はNGC281、二重星団の左側にある星雲はIC1805とIC1848です。


    カシオペア座付近

     1975/09/08 22:22  50mm F1.8→2.8  ガイド撮影(5分)
     Kodak 103aE  パンドールで現像(11分)  山梨県・塩山塩平


    上の写真と同じ構図で、フィルタを使わないで撮影しています。
    フィルターを使わないと、普通のフィルムとの違いが弱まりますが、実効感度はかなり高くなります。
    赤い星雲のコントラストは低下しますが、明るい星が大きく写るので、”カシオペア座” の星々も分かりやすくなります。
    ガイドはSさんが担当しました。


    ペルセウス座付近

     1975/09/09 00:28 50mm F1.8→2.8  ガイド撮影(5分)
     Kodak 103aE  パンドールで現像(11分)  山梨県・塩山塩平


    フィルタを使わないで撮影しています。
    中央やや上にはカリフォルニア星雲(散光星雲)が、左側にはプレアデス星団(散開星団)が見えます。


    ペルセウス座北部



     1975/09/09 01:12 50mm F1.8→2.8  ガイド撮影(15分)
     Kodak 103aE  パンドールで現像(11分) R1フィルタ  山梨県・塩山塩平


    それでなくても ”ペルセウス座” は星の並びがよく分からないのに、星がたくさん写っていて、星座の形が全く分かりません。
    右側には二重星団(散開星団)と大きな2つの散光星雲が、左側にはカリフォルニア星雲(散光星雲)が見えます。









    コメント

    こんにちは
    また昔の貴重なお写真を沢山ありがとうございます。
    こうやってみんなで交代でガイドしてたんですね。
    しかし1枚目とか凄い写りですね。 北アメリカ星雲やサドル付近の散光星雲がハッキリとわかります。

    ちょっと分からなくなったんですけど、あの無限遠横の赤い・マークは、103aEフィルムを使うならフィルター有りでも無しでも・が無限遠でしたっけ? 
    2011/09/16 1:29 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    このころはモータードライブがまだ無かったか、あっても非常に高価だったですね。
    だから手動ガイドが当たり前でした。
    で、みんなに手動ガイドを経験してもらったのです。
    後日、こんどは引き伸ばしと印画紙の現像を経験してもらいました。

    フィルターの有無でピント位置は変えた覚えが無いですね。
    だから通常の無限遠から少しずらしています。
    赤い光にはピントが合っていますが、青い光には少し?ピントがずれていることになりますね。
    もう少し通常の無限遠方向に戻したほうが良かったかもしれません。
    正直言って、当時は何も考えていませんでした(笑)。
    2011/09/16 3:15 PM by やまねももんが
    いやはや、35年前ですか!
    私はまだ生まれて…… 嘘です。生まれてました。11歳です。
    すっごいですね。ほかに言葉がみつかりません。パート2も楽しみです。
    2011/09/16 3:17 PM by 阪神ファンいっこう
    こんにちは。

    103aEを初めて使ったときは感動しました。
    自分のテクニックが神業的に向上した気がしました。
    天文雑誌の写真コーナーもこのフィルム一色でしたね。

    それまで、赤い星雲を写すのには、コダックのレコーディング2475というフィルムに赤フィルターを使用していました。
    粒状性はめちゃ悪かったですが、そこそこ写りました。
    でも、103aEは衝撃的と言っても言い写りでしたね。
    現像液も専用のD-19を使っていました。
    現像にあたっては、フィルムベースが柔らかく、扱いづらいフィルムでした。

    手動ガイド、長時間露出のときなど、1枚の露出中に途中で交代してガイドしたりしていました。「一人10分ね」なんて言って…。
    2011/09/16 3:38 PM by まっちゃん
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    ええ、35年前です。
    私はばりばりの?大学生でした。
    今思うと、まだまだ夜空が暗くて良かったですよ。
    世田谷の大学キャンパスで、ふたご座流星群の写真観測なんてやったのですから。
    当時の星空で今の機材があれば、どんな写真が撮れるのでしょうね?
    2011/09/16 4:02 PM by やまねももんが
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    本当に103aEの登場は衝撃的でしたね。
    1枚目の写真を引き伸ばしたときは、暗室で「おお〜っ!」と叫んでいましたよ。
    でも何故か2,3回しか使っていないのです。
    この後、なんだか天文から離れてしまって、、、。

    手動ガイドって、自分で撮ったという気がしますよね。
    だから1枚1枚に思いが詰まっています。

    私たちの世代だと、茶飲み話に事欠きませんね。
    今の20歳代の人たちが、私の年になったときはどうなっているのでしょう?
    全てが固定撮影でできてしまうようになっているのでしょうか?
    それとも、天文写真?何それ?ってことになってしまうのでしょうか?
    2011/09/16 4:20 PM by やまねももんが
    36年前の星空、素晴らしいです!今でも輝きは全く色あせてませんね。
    銀塩写真で手動ガイド、頑張って何分もガイドに集中した結果、こんなに素晴らしい写真が撮れていたらたまらない感動でしょうねー。
    思えば、このような凄いモノクロ写真を中学校の図書館で見て、いっこうさんとクラスメイトの私は今まで天体に憧れ続けたのでした。この素晴らしい写真を見ながら、そんな昔のことを思い出しました。
    2011/09/16 7:40 PM by まるこう
    >まるこうさん、こんばんは。

    まるこうさんもいっこうさんも天文少年だったのですね。

    素晴らしい星空だったと思います。
    でもそのころは、そんな星空は何時でも出会えると思っていました。
    失って、初めてその価値に気付くのですね。

    しかし、今は昔には無かった様々な機材等があります。
    それらを駆使して素晴らしい星空写真を撮っていきましょう。
    2011/09/16 8:18 PM by やまねももんが
    昔の人って凄いです。今のデジイチのように撮影して構図確認なんてできない時代に、ちゃんと写野に収まっているんですから。それに手動ガイドで15分なんていうのも驚きです。モノクロ写真も趣が有って良いですね。それに撮影データもちゃんと整理されていて凄いです。
    同じ時代の人間なのに、こうも違うものかと感心するばかりです。この年は私も学生していました。
    2011/09/17 11:58 AM by とりぷるあい
    >とりぷるあいさん、こんにちは。

    昔のカメラはファインダーが明るかったですね。
    標準レンズでF1.8だったこともあって、ある程度は星が見えました。
    今のカメラは測光やピント合わせ用に光がとられてしまって、暗いですよね。

    撮影データは昔のほうがきちんと記録してありましたね。
    デジイチはカメラが記録してくれるので、かえってルーズになってしまいました。

    青春真っ只中だったころの作品です(笑)。
    2011/09/17 12:39 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top