星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< やはり夏場は駄目だわ! | TOP | みずがき山での星景写真 (2) >>

2015.07.24 Friday

大小の柄杓(ひしゃく)の星景写真

0

    7/21の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    雲に阻まれて、星景写真はこの2枚しか撮れませんでした。



    大小の柄杓(ひしゃく)と鹿鳴峡大橋


     2015/07/21 21:44  EF24mm F1.4→2.5  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO5000  山梨県・みずがき湖にて


    ”北斗七星” がだいぶ低くなってきて、鹿鳴峡大橋の上に見えるようになりました。
    湖の周りの遊歩道?から撮っています。

    最初は鹿鳴峡大橋をもっと中央寄りに配置したのですが、こぐまの柄杓(ひしゃく)が切れてしまいました。
    そこで、星空優先の星景写真としては、このような構図にしました。

    先日、この橋を通って川上村へ抜けたのですが、橋の照明が真ん中だけ色が違うのは何とか分かりました。
    肉眼では、こんなに明るくは感じないですね。



    大小の柄杓(ひしゃく)と女神像と牡鹿像


     2015/07/21 21:50  EF24mm F1.4→2.5  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    女神像のところまでやってきました。
    まずは牡鹿像も一緒に入れて、集合写真です。

    別の構図も撮りたかったのですが、南側からの雲がかなり広がってきたので駐車場まで戻りました。
    その時に鹿の鳴き声が聞こえたのですが、何て言ったのでしょうね。
    「今夜はもう晴れないよ」だったのかなあ?


     








    コメント

    あと1時間か2時間粘れれば真ん中に橋、その上に大小の柄杓が表現できたのでしょうか。
    動物は天気のことよくわかるみたいですよね。
    教えてくれるとありがたいですが耳元でささやいてはくれませんね(笑)
    2015/07/24 8:06 AM by びっけパパ
    はじめまして。
    いつも楽しく拝見しております。
    北斗七星が入った写真、とてもきれいですね。
    空の色合いが絶妙だと思います。
    自分の写真の加工の際には、参考にさせて頂いておりますが、
    なかなか満足した仕上がりになりません。
    これからもちょくちょく訪問させて頂きます。
    2015/07/24 8:38 AM by viewru3103
    >びっけパパさん、おはようございます。

    雲に波状攻撃されてしまって、早々に挫けてしまいました。
    鹿と仲良くできれば天気のことなど教えてくれますかね。
    でも耳元でささやくのは勘弁して欲しいです(笑)。
    2015/07/24 9:16 AM by やまねももんが
    >viewru3103さん、おはようございます。

    こちらこそ、宜しくお願いします。
    私も星空の色合いはいつも悩みます。
    透明度の良いきれいな星空ならば、あまり悩まなくても仕上がるのですがね。
    この日のように湿度が高くてイマイチの星空のときは、ああでもないこうでもないと悪戦苦闘します。
    少しだけ青みを強くして、色相彩度でシアンの色相をプラス側に設定するのがポイントでしょうか?
    2015/07/24 9:22 AM by やまねももんが
    こんにちは。
    北極星を見つける教材になりそうな写真ですね。
    と言ったら、星景写真に失礼でしょうか。
    こぐまとおおぐまの間に、キリンが頭を突っ込んで、
    りゅうが尻尾で威嚇しているなんて、とても見えません。
    2015/07/24 2:31 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    赤道儀の極軸を合わせる時に、北斗七星かカシオペアが見えていると北極星を間違えることがないので安心です。
    そうでない場合はいつもちょっと不安です(苦笑)。
    りゅう座はわかりますが、キリン座なんてありましたっけ?
    2015/07/24 4:00 PM by やまねももんが
    こんにちは
    恥ずかしながら星空見上げて小さい柄杓の絵図が分からなかった初心者です。(笑い
    大小柄杓の画像から勉強させて頂きました。
    何時も思っていたんですが橋の照明が明るいな〜撮影に邪魔しないのかな〜夜空に影響しないのかな〜〜素朴な疑問も!
    なるほど、そうですね露光時間で増光された照明と目視での明るさとでは大違いですね、ほんと!初心者丸出しです。
    2015/07/24 4:04 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    こぐまの柄杓(ひしゃく)は結構分かりづらいですよね。
    北極星以外の星ははあまり明るくないですからね。
    橋の照明は写真では凄く明るく感じますが、地上の風景が分かるように明るく仕上げているせいもあると思います。
    女神像や牡鹿像のあたりもそうですが、明りがないと歩くのはちょっと危ないくらいですよ。
    2015/07/24 4:41 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top