星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 一息入れて | TOP | はくちょうからカシオペアにかけての銀河(天の川) >>

2015.10.27 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) ケフェウス座領域4

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「ケフェウス座領域4」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・NGC7023 : 散光星雲(Caldwell Object C4、アイリス星雲)
      ・Sh2-129 : 散光星雲
      ・NGC6946 : 渦巻き銀河(Caldwell Object C12)

      ・NGC6939 : 散開星団






      撮影日時 :  2015/10/13 21:57〜  360sec×19枚
      撮影場所 :  山梨県・みずがき山自然公園にて 気温は約1℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(BC)、透明度(AB)、フォーカス(AB)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    ”ケフェウス座” は写真的にはとても楽しい星座です。
    五角形の星の並びが特徴的ですが、その右下あたりがこの領域です。

    夜半前で夜空がまだやや明るいものの、撮影を始める少し前から透明度はかなりよくなってきました。
    そこで、思い切ってかなりたっぷりと露光してみました。
    あちこちに分子雲がうねうねとしていて、ちょっとびっくりです。

    この領域の一番の目玉は ”アイリス星雲” です。
    あまり大きくはありませんが、その色合いはとても綺麗です。
    左下には大きな赤い星雲があり、少し暗いですが形のきれいな系外銀河もあります。

    0℃近くまで冷え込んで、星野写真の撮影には良い季節になりました。
    この程度なら体もまだ楽ですね。



    NGC7023 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        アイリス星雲と呼ばれています。
        形も色合いも、とても綺麗ですね。
        この付近は分子雲がうねうねしているので、大きく切り出してみました。
        アイリス星雲は分子雲の一部が星に照らされて輝いているのが分かりますね。
        分子雲はもっと滑らかに仕上げたいですね。
        そして星雲の色合いは紫を少し強くしすぎたですかね?
     



    Sh2-129 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        大きな散光星雲ですが、やや淡いです。
        濃い部分だけ見ると三日月状ですが、極めて淡い部分も含めると円盤状になりそうです。
        中心にある明るい2つの星の色が対照的できれいですね。
        ケフェウス座領域1にも写っています。
     



    NGC6939、NGC6946 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        NGC6939は散開星団です。
        その左斜め下にあるのが渦巻銀河NGC6946です。
        腕が大きく開いた銀河を、ほぼ真上から見ていることになります。
        拡大撮影すると、なかなか綺麗な銀河のようです。
     


     








    コメント

    こんにちは。
    美しい。私の255mmより背景の星空が綺麗ですね。
    当然ですけど(^^;
    NGC7023は、同じ場所の散開星団とする記述と、アイリス星雲と
    するものと2つありますけどどっちが正解なんでしょう。
    2015/10/27 7:54 AM by ヤマボウシ
    こんにちは
    やまねももんがさん、あなたは何者?(笑
    強敵のアイリス、私の好きなマンボー星雲、星団&銀河に黒いモクモクまで、この構図は画期的です。それを大胆に一網打尽とは恐れ入ります。
    そりゃ、処理も煮詰まるわけですね。処理途中でブルーベリーを撮ったのが良かったですね。
    目に良いですから。
    2015/10/27 7:54 AM by 温泉日和
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    この領域は分子雲のうねうね(もくもく)が凄いですね。
    その色合いが場所によって微妙に違っているのですが、これが本当なのかカブリ等によるムラなのか、、、?
    私が参考にしている星図では、NGC7023はアイリス星雲になっています。
    でもWikipediaには散開星団という記述がありますね。
    2015/10/27 8:13 AM by やまねももんが
    >温泉日和さん、おはようございます。

    >あなたは何者?
    私はヤマネとモモンガが合体したものです(笑)。

    仰るように、構図は面白そうなものがいろいろ含まれるように決めました。
    でも性格の異なるものを一緒にすると、画像処理がとても厄介になりますね。
    どれに対しても中途半端になってしまったかもしれませんが、空の透明度の良さにかなり助けられたと思っています。
    2015/10/27 8:18 AM by やまねももんが
    秋の淡い天の川のなかに、いろんなものがたくさん集っているんですねえ。
    暗いところでたっぷり露光、が肝なんでしょうね。
    星野写真集が発行されたら、真っ先に購入したいとおもいますが、ご予定は?
    2015/10/27 9:29 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    ケフェウス座付近はいろんな天体が散らばっていて、とても楽しい領域ですね。
    ギリシャ神話では影が薄いですが、カシオペアやアンドロメダに負けてはいないと思います。
    でも淡いものが多いのでたっぷり露光する必要がありますね。
    えっ?写真集?
    そのような計画は全くございませんので、、、。
    2015/10/27 9:35 AM by やまねももんが
    こんにちは
    広範囲な撮影エリアに結構目玉商品がギュウギュウ詰まって
    ますね。
    100mmカメラレンズでアイリスの周辺の雲が表現できる、
    すごいの一言。直焦点で撮っている自分の画像が恥ずかしい。
    露出と枚数と外気温の効果でしょうか?
    and匠な技。
    2015/10/27 2:14 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    この画角だといろんな対象が一緒に写せるのが楽しいですね。
    でも対象によって適した処理が違うので、なかなか悩ましいところもあります。
    最近はかなり強い処理を施すようになったので、総露光時間はポイントになりますね。
    これは2時間近く露光していますが、まだまだ足りないような気がします。
    私の処理が荒いのかなあ?
    最も重要なポイントは空の透明度ですが、こればかりはかなり運に左右されますよね。
    2015/10/27 2:32 PM by やまねももんが
    ケフェウス座って、ほんと楽しめる星域だと思います。
    いまだものになっていないアイリス星雲、100mmで見事に写っています。
    NGC6946銀河とNGC6939のツーショットは毎年撮っていますが、
    100mmで撮ったもの初めてみました。(新鮮!)
    2015/10/27 3:00 PM by 雲上(くもがみ)
    >雲上さん、こんにちは。

    この星野写真シリーズを始めるまでは、こんなに楽しい領域とは知りませんでした。
    赤い星雲も面白いですが、アイリス星雲のように青い星雲は何とも言えませんね。
    NGC6946銀河とNGC6939のツーショットは、100mmではお恥ずかしい限りです。
    2015/10/27 3:04 PM by やまねももんが
    オジキのここらの領域をいつも楽しみにしている一人です!
    各所に存在を感じる「何か」がたっぷりで超楽しいですね。

    あと、どうでもいいですが、B150っていうの
    自分も前に撮ってブログに載せたなあと思って調べてみたら、
    なんと番号間違ってました(笑)
    ありがとうございます。
    2015/10/27 9:04 PM by ミッチー
    >ミッチーさん、おはようございます。

    ケフェウス座って本当に楽しい領域ですね。
    この星野写真シリーズを始める前はちっとも知りませんでした。
    この画角で面白そうなところを探して、これはという対象を拡大撮影すればもっと楽しいのでしょうね。
    でもそこまではとても行き着きそうにありません。
    私の使っている写真星座は暗黒星雲が結構詳しく載っているので、ついつい記入していまいます(笑)。
    2015/10/28 5:29 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top