星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 秋の星座 神話の主役たち | TOP | 星野写真(60Da、100mm) ペルセウス座領域5 >>

2015.11.05 Thursday

昇ってきた冬の大三角

0

    10/13の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

    ”冬の大三角” はいつ見ても絵になりますねえ。
    私は昇ってきた姿のほうが好きです。



    昇ってきた冬の大三角


     2015/10/14 02:02  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき山自然公園にて


    冬の銀河(天の川)はとても淡いですが、写真にはうっすらと写っています。

    この星景写真の処理方法はちょっと手間がかかるのですが、
    瑞牆山が黒潰れせずに山肌の様子が何とか表現できていると思います。
    まだまだ改善の余地はあると思うので、試行錯誤を続けていくつもりです。

    駐車場の南側には山登りでしょうか、車中泊の車が停まっています。
    星空を楽しむ人と、何となく棲み分けができています。



    昇ってきた冬の大三角


     2015/10/14 02:12  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき山自然公園にて


    芝生広場に行って撮影しました。
    この日はこの場所がとても気に入っていました。

    早い時間帯は夜空が白っぽかったのですが、夜が更けるにつれて透明度の良い星空になりました。
    こういう星空の時は、色合いに悩まずに処理が進みます。
    パラメータをちょっと調節してやるだけで、好みの色合いにできるのですよね。
    星景写真と言えども、空の透明度はとても重要な要素なのです。


     








    コメント

    こんにちは。
    地上部分は、コンポジットした方が綺麗になるのでしょうね。
    山と星空の境界が自然で、合成とは見えないですね。
    地上の撮影でもソフトフィルターが付いているのですよね。
    中々こうは出来ません。
    2015/11/05 10:51 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    地上部分をコンポジットしているのは仰る通りです。
    でも、もっとISO感度を下げて露光時間を延ばすという手もありますね。
    今回のように地上風景と星空の境界がはっきりしている場合はマスクが作りやすいので、あまり不自然な感じにはならないですみます。
    2015/11/05 1:46 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top