星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) ろ座領域1 | TOP | 女神像とカシオペア >>

2015.11.22 Sunday

沈みゆく夏の大三角

0

    11/15の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    この3日前に雲に邪魔された構図を撮り直しました。



    沈みゆく夏の大三角


     2015/11/15 21:04  EF24mm F1.4→3.2  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    晩秋にみる夏の星座もまた良いものです。
    ”夏の大三角” は見える期間が結構長いので、何時も撮っているような気がしますね。

    湖の東の端まで行って撮っていますが、この構図はなかなか豪勢でしょう。
    右側に「鹿鳴峡谷大橋」が、左側に「みずがき湖ビジターセンター」が見えています。
    地上の灯りが煩いと感じるかもしれませんが、私はこのカラフルさが大好きです。
    でも上下方向がちょっと窮屈ですねえ。

    3日前にも同じ構図で狙ったのですが、雲に邪魔されてしまいました。  → こちら
    リベンジが出来てちょっと満足です。



    沈みゆく夏の大三角


     2015/11/15 21:11  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて



    西側の山に ”夏の大三角” が沈んでいきます。
    今にも ”わし座のアルタイル” が隠れそうで、もう少し早く撮れば良かったです。
    湖の東の端での撮影と順番を逆にすべきでしたが、現地ではどうも頭が回らないのですよね(涙)。

    ちょっと暗くて分かりずらいですが、女神像や鹿の像も見えています。


     








    コメント

    こんにちは
    夏が沈んでいく姿に物悲しさを感じますが地上風景の
    賑やかさでバランスが取れているのでしょう。
    この地上風景、橋とセンターを取り入れた構図は珍しいのでは!
    地上の光源は夜空に与える影響は少ないようですね。
    一度は行きたいみずがき湖
    2015/11/22 2:33 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    街明りは星空に影響を及ぼしてしまいますが、所々にある街灯などは星景写真の適度なアクセントになることが多いです。
    ここは女神像や牡鹿像だけでなく、橋やビジターセンターなども良い被写体になってくれますよ。
    駐車場で星野写真を撮影しながら、歩き回って星景写真を撮影するのはとても楽しいです。
    ここは冬でも行けるので、ぜひお出かけ下さい。
    2015/11/22 3:00 PM by やまねももんが
    こんにちは
    空では派手な天の川も、星景だとどうしてもモノトーン系になるので地上の派手さは良いですよ。これくらいの方が引き込まれますね。橋の明り、水面、建物、山、そして満点の星空で目が釘付けです。
    T路地の道路看板もくっきりで驚きです(笑。
    2015/11/22 4:36 PM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    はい、私も全くの同感です。
    だからここでは同じような星景写真をついつい量産してしまいます(苦笑)。
    T路地の道路看板?
    元画像を拡大してやっと見つけましたよ。
    どうしてそんなものを見つけることができるのですか?
    2015/11/22 5:50 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top