星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 沈みゆく夏の大三角 | TOP | 学研プラス「ビジュアル理科事典」 >>

2015.11.23 Monday

女神像とカシオペア

0

    11/15の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    今日の主題は「女神像」と「カシオペア」です。



    女神像とカシオペア


     2015/11/15 22:20  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    ”カシオペア” が空高くにいるので、思い切ってそれだけを入れてみました。
    ”ケフェウス” は女神像に隠れてしまって、ごめんなさいね。
    女神像の右横の明るい星は ”北極星” です。

    季節や時間帯によって、いろいろな星座と一緒に撮ることができます。
    でも女神像との位置関係によって、撮りやすいものと撮りにくいものがあります。



    女神像とカシオペア付近の天の川


     2015/11/15 22:24  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    ”はくちょう” がまだ見えているので、”カシオペア” 付近までの天の川を女神像と一緒に撮ってみました。
    女神像のすぎ左横に見えている明るい星が ”はくちょう座のデネブ” です。
    この付近は赤い散光星雲がたくさんあって、ノーマルカメラでも薄っすらと写っているような気がします。
    この構図は赤がよく写るカメラで撮ってみたいですね。
    上のほうには ”アンドロメダ銀河” も写っていて、これが入っていると得した気分になります。


     








    コメント

    こんにちは
    私は2枚目の構図が凄いなぁと思いました。
    女神像で天の川を隠してしまう贅沢な使い方なのですが、これで両者が際立っていると思います。
    散光星雲の色が載ったら随分と賑やかになるのでしょうねぇ。楽しみに待ってます。
    2015/11/23 7:24 AM by 温泉日和
    dどれもみな、趣があって素晴らしいですね〜♪
    女神がじっとして動かないでいてくれるから撮りやすいですよね。
    あ〜、疲れた〜なんて挙げた手を下ろしたりはしませんものね(笑)
    とにかく、星空にぴったりの、いいモデルさんですね^^
    2015/11/23 9:09 AM by JJ
    >温泉日和さん、こんにちは。

    私も2枚目がとても気に入っています。
    いつもは星空優先で構図を決めるのですが、どうやってもうまく収まらないので、思い切ってこうしてみました。
    赤がよく写るカメラを使ったら、星空のほうはちょっとだけでも追尾してたっぷり露光してみたいですね。
    2015/11/23 10:31 AM by やまねももんが
    ケフェウス王の影が薄いのは、今に始まった事じゃないので(笑)。
    画面を斜めによぎる天の川を背景に、女神像が立つ2枚目の写真は、構図が安定して落ち着きますね。
    アンドロメダM31と二重星団hχが贅沢感を盛り上げて(笑)。
    2015/11/23 10:34 AM by 悠々遊
    >JJさん、こんにちは。

    はい、女神はじっとしてくれていました。
    動き出したら怖くて撮影どころじゃないですよね(笑)。
    ここは星景写真に向いた題材がいろいろあるのですが、女神像が一番ですかね。
    撮影していると楽しくて、あっと言う間に時間が経ってしまいますよ。
    2015/11/23 10:34 AM by やまねももんが
    >悠々遊さん、こんにちは。

    はい、ケフェウス王は本当に影が薄くてかわいそうですね。
    2枚目は、私としては今までに無かった構図だと思います。
    思い切ってやってみて、自分でも満足度が高いです。
    星雲星団や銀河が写ると華やかさが増しますよね。
    2015/11/23 10:40 AM by やまねももんが
    こんにちは。
    1枚目は、女神が覆いかぶさって来るようでいいなぁ〜。
    まるでカシオペア王女が天から舞い降りたかのようですね。
    どちらか1枚あげると言うのでしたら、こっちを下さい(^^;

    2枚目は、天の川の水を汲んでいるようで、面白いと思いました。
    2015/11/23 11:33 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    ヤマボウシさんは1枚目が好みなのですね。
    女神像などと一緒に撮るときは、三脚を目一杯縮めて見上げるように構図をとることが多いです。
    人から見れば変な格好をして何をやっているのかなあと思われそうですね(苦笑)。
    この水瓶からは水がしたたり落ちるような仕掛けがあるそうですが、私はまだ見たことがありません。
    それが撮れればまた面白いでしょうね。
    2015/11/23 12:42 PM by やまねももんが
    星景写真では5枚のうち4枚は前景写真ということからも、
    地上風景との構図を大切にされていることがわかります。
    それにしてもISO6400の高感度で1枚画像なのに、
    なんで星空の透明感がだせるのか?
    いつも不思議に思いながら感心しています。
    2015/11/23 3:43 PM by 雲上(くもがみ)
    >雲上さん、こんにちは。

    星景写真に関するこの手法は始めてからほぼ1年が経ち、処理もやっと手馴れてきました。
    >なんで星空の透明感がだせるのか?
    主な要因はカメラの能力だと思っていますが、ほんと良い仕事をしてくれます。
    加えるならCameraRawのお蔭でしょう。
    Raw現像だけでなくて、Photoshopでのフィルターとしても使っています。
    2015/11/23 4:41 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1609

    トラックバック

    ▲top