星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 学研プラス「ビジュアル理科事典」 | TOP | 牡鹿像と昇ってきたオリオン >>

2015.11.24 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) ろ座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「ろ座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・NGC1316 : 楕円銀河
      ・NGC1365 : 棒渦巻銀河
      ・NGC1399 : 楕円銀河






      撮影日時 : 2015/11/15 23:18〜  120sec×35枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約7℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・FlatAide : フラット補正
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(E-)、透明度(CD)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    この領域は、ろ座とエリダヌス座の境界付近です。
    撮影は「ろ座領域 (1)」に続いて行ったので、比較的容易に構図を決めることができました。
    そうでなかったら悪戦苦闘したでしょうね。

    この領域の主役は ”ろ座銀河団” です。
    比較的近距離にある小規模の銀河団で、約3度ほどの範囲内に50個ほどの銀河が分布しているそうです。
    でも楕円銀河が多いので、ちょっと残念です。

    南に低く、南中高度は20度ぐらいしかありません。
    2分の露光時間でヒストグラムのピークは真ん中やや手前までいってしまいました。
    もっと南側の低空が暗い場所で撮影したいです。

    「ろ座領域 (1)」よりもやや低空ですが、意外にも処理は難航しませんでした。
    かぶりムラはかなりありましたが、手動でひたすら補正して、最後の仕上げにフラットエイドの手を借りました。



    ろ座銀河団 (ピクセル100%表示で切り抜き)

        1.7度角程度の領域を切り出して、NGC番号を付けてみました。
        銀河団の中心は楕円銀河NGC 1399だそうです。

        右下にある棒渦巻銀河NGC1365の腕の様子が面白いです。

        それにしても銀河がみんな赤っぽいです。
        赤方偏移ではありませんよ(笑)、低空のためだと思います。
     



    NGC1316 (ピクセル100%表示で切り抜き)

        楕円銀河で、全天で4番目に強い電波源でもあり、「ろ座A」とも呼ばれます。
        中心部にある超巨大ブラックホールが活発に活動しているのでしょうね。
     





    −−−−− 追記(2016.01.12) −−−−−

    アストロアーツの天文ニュース(2015.11.26)によると、
    セロ・トロロ・汎アメリカ天文台で「次世代ろ座銀河団サーベイ(NGFS)」と名付けられた観測を行っている研究グループが、ろ座銀河団に多数の矮小銀河を発見したそうです。

    その写真を見たら、(矮小銀河ではなく)大きな銀河は私の写真にも写っていたのでちょっと嬉しくなりました。


        写真はNOAOのサイトからお借りました。  → こちら


     








    コメント

    系外銀河では地味天の部類に入る楕円銀河が多いので、いきおいNGC1365に眼が行ってしまいました。
    この領域だと200〜300mmクラスで撮るのが面白そうですね。
    2015/11/24 3:17 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    私も試写画像を見たときから1365に着目していました。
    楕円銀河は明るくて大きくても、ちょっとつまらないですよね。
    やはり系外銀河はきれいな腕がなくちゃと思っています。
    ろ座銀河団は狭い領域に銀河が集まっているので、仰るとおりの焦点距離でまとめて撮ると面白そうですね。
    2015/11/24 4:15 PM by やまねももんが
    銀河団といえばおとめ座やかみのけ座のイメージですが、マニアックにろ座ときましたか!
    しかしありますねたくさん。
    1365なんかは興味深い形です。
    200mmレンズの候補に入れとこ。
    2015/11/25 7:46 AM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんにちは。

    私もつい最近まで知らなかったのですが、星図を見ていたら銀河のマークが密集しているところを見つけたのです。
    これは何だろうと調べてみたら「ろ座銀河団」だったという訳です。
    1365はなかなか面白そうなので、ぜひ狙ってみて下さいね。
    2015/11/25 9:37 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top