星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) ろ座領域2 | TOP | 西の空と東の空 >>

2015.11.25 Wednesday

牡鹿像と昇ってきたオリオン

0

    11/15の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    今日の主題は「牡鹿像」と「オリオン」です。



    牡鹿像と昇ってきたオリオン


     2015/11/15 22:28  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン” が昇ってきました。
    牡鹿像を大きく入れて撮ってみましたがどうでしょう?
    自分ではこれでも星景写真と思っているのですが、、、。

    実は正面に明るいオレンジ色の街灯があって、それを牡鹿像で隠しているのです。
    そして牡鹿は足が長いので、かなり下から撮らないと切れてしまったりするのです。
    そうすると、こういう構図になるのですよ。



    牡鹿像と昇ってきたオリオン


     2015/11/15 22:33  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    少し後ろに下がって ”ヒアデス星団” を入れてみました。
    本当は ”プレアデス星団” まで入れたかったのですが駄目でした。
    これでも牡鹿像の足が切れていますよね。
    もうちょっと後ろに下がりたいのですが、女神像の台座があって無理なのです。


     








    コメント

    写真からでは分からないご苦労がいろいろあっての作品なのですね。
    その困難を感じさせない見事な作品です。
    鹿の角がオリオンをつらぬき、きっと魚に突き刺さってますね。
    改造カメラで撮ると地上を含めどんな絵になるんでしょうね。
    2015/11/25 1:36 PM by びっけパパ
    こんにちは。
    いつも星景写真を楽しませて頂いています。
    星空の描写は勿論のことですが,前景での暗部のディテール感や双方のバランス等すばらしいです。
    この雰囲気を目標としているのですが,容易ではないですよね。敷居が高すぎたと感じています。
    カメラとレンズの所為にしてしまいましょうかね(笑)。
    2015/11/25 2:44 PM by フーマン
    >びっけパパさん、こんにちは。

    いえいえ、同じような構図でしか撮れない私の言い訳です(苦笑)。
    魚ってエンゼルフィッシュのことですか?
    改造カメラで撮るとそのあたりの様子も少しは分かるかもしれませんね。
    地上の風景はこのカメラならば、色合いを調整することで似たような感じにはできると思っています。
    2015/11/25 3:08 PM by やまねももんが
    >フーマンさん、こんにちは。

    地上風景部分はRaw現像だけで処理していて、星空部分はその後にPSで少し手を加えています。
    この方法を始めてから1年ほど経つので、パラメータの調整などはだいぶ慣れてきたかなと思っています。
    フーマンさんも素敵な写真をいつも公開なさっているじゃないですか。
    感じられているほど敷居は高くないはずですよ。
    2015/11/25 3:15 PM by やまねももんが
    ここの鹿、シャレんならん本物感ありますねぇ!ハハッハハ!
    ホンマのこと言うと、こんな芸術的なヤツ、コメント苦手なんですわぁ。
    「美しい!」以外に言葉が思い浮かばない!なので、デスクトップの壁紙に
    貰うことしか出来ないんですぅ。テヘッ!
    って、学研プラス「ビジュアル理科事典」なんでコメントさせてくれないんですぅ?
    私やったら熱烈コメント歓迎やが。はハッハッハハッハハ!
    ギャラで鏡筒買いましょいねぇ!ミッチーさんの600mmも見たいが、
    師匠の直焦撮影も是非、死ぬまでに見たい。どっちかが!ハハッハハッハ!
    2015/11/25 7:37 PM by 山口のじぃ
    >山口のじぃ様、こんばんは。

    この鹿の像、暗闇で初めて見たときはドキッとしましたよ。
    でも中身は空洞のようで、叩くと乾いた音がします。
    本の件は、コメントなんか頂くと恥ずかしいじゃないですか。
    それにギャラなんてありませんよ。
    でもクレジットで名前を載せて頂けました。
    直焦撮影ですかあ?
    最近、遠征が辛くなってきましてねえ。
    2015/11/25 8:41 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top