星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 冬の大三角 | TOP | 星野写真(60Da、100mm) うさぎ座領域1 >>

2015.11.30 Monday

星野写真(60Da、100mm) いっかくじゅう座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「いっかくじゅう座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・NGC2170 :  散光星雲






      撮影日時 : 2015/11/16 01:50〜  360sec×22枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約3℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(B)、透明度(B)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    この領域は ”いっかくじゅう座” と ”オリオン座” の境界付近です。
    散光星雲 NGC2170 付近が主役なのですが、オリオンのハイライト領域も入れてみました。

    実は構図が傾いてしまって、主役付近が写野の端になってしまいました。
    ボツにして再撮影しようかと思ったのですが、練習もかねて仕上げてみました。
    それで初めて知ったのですが、主役のNGC2170はとても淡くて、その付近の散光星雲はかなり小さいのですね。
    再撮影する気も失せてきたので、今回の撮影画像を本採用にしました。

    空の透明度も比較的良く、たっぷり露光したので、派手目に仕上げました。
    明るい散光星雲は処理が楽しいですね。
    この日の最初に撮影した「とかげ座領域(1)のSh2-126」とは大違いです。
    NGC2170をもっと炙り出そうとするとオリオン座領域が大変なことになりそうなのでやめました。



    NGC2170 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        NGC2170は文字の左上に位置しているのですが、薄っすらとしか見えません。
        色合いはマゼンタのようですが、こんなにも淡いとは思いませんでした。
        ここは典型的な星生成領域だそうですね。

        近くに小さな散光星雲がいくつかあります。
        この付近は淡い分子雲があるようです。
        少し明るい星は滲んだように写っているのは画像処理のせいでしょうか?
     



    オリオン座のハイライト領域 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        オリオン座のハイライト領域を切り出してみました。
        何度写しても、ここは楽しいですね。
     


     








    コメント

    いろいろ入って賑やかですね。
    それだけに処理はかなり難易度高。
    それぞれがしっかりと存在感示して見事な作品ですね。
    恒星の色も綺麗です。
    2015/11/30 8:11 AM by びっけパパ
    >びっけパパさん、おはようございます。

    やはりオリオンは華やかですよね。
    それに引き替え、NGC2170やその付近の星雲は淡くて小さくて、オリオンの引き立て役になってしまいました(涙)。
    明るさが大きく異なる対象が含まれていると処理が難しくて、どちらかを犠牲にしないと無理です。
    2015/11/30 9:33 AM by やまねももんが
    どうみてもオリオン座が主役ですね(苦笑)。
    ついそっちに眼が行ってしまいます。
    しかしNGC2170近辺は、600〜800mmクラスでたっぷり時間を掛ければ、それはそれで見栄えのある領域なんですね。
    私には無縁ですが・・・。
    2015/11/30 9:37 AM by 悠々遊
    やっぱりゴージャスな領域に目が行ってしまいますが、
    ふだん目を向けない領域を見せてもらえるのも
    とてもありがたいです。
    それにしてもオリオン中心部、トリミングなのに美しい画像ですね。
    2015/11/30 12:21 PM by 雲上(くもがみ)
    >悠々遊さん、こんにちは。

    はい、かえってオリオンを入れない方が良かったかもしれませんね(苦笑)。
    でもオリオンの派手な領域が撮影できたので良しとしました。
    仰るように、NGC2170付近は長い焦点距離でたっぷり露光しないと駄目なようです。
    私にも無縁ですよ〜。
    2015/11/30 1:39 PM by やまねももんが
    >雲上さん、こんにちは。

    あまりやらない構図で撮ってみると、複数の天体の位置関係がよく分かったり、淡い分子雲の存在が分かったりと、いろいろとご利益はありますね。
    でも今回の構図ではどうしても主役はオリオンになってしまいますね。
    トータル露光時間が2時間とかなりたっぷり露光したので、意外とスムーズに仕上げることができました。
    2015/11/30 1:48 PM by やまねももんが
    こんばんは
    100mm,時間超えの露出だと面白いように被写天体が
    浮かび上がって来るんでしょうね。
    100mm全天域制覇には仕方がない構図なんでしょう。
    それにしても馬頭、ウルトラ生誕地など綺麗に仕上がって
    ため息の連続です。
    2015/11/30 4:52 PM by テナー
    こんにちは
    オリオン座はほんと綺麗ですよねぇ。撮って、処理して、見て楽しいの三拍子ですよね。
    そのオリオンの華やかな領域とNGC2170付近の両立は難しいでしょうねぇ。
    私も先日2170を撮ったんですけど、諦めて寝かせてます。
    2015/11/30 5:35 PM by おりおん
    >テナーさん、こんにちは。

    仰るように、オリオンのハイライト領域は星雲や分子雲が面白いように浮かび上がってきます。
    通常はコントラスト強調を進めていくと、明るさや色合いの偏りが目立ってきたり、カラーバランスが崩れてきます。
    その度に補正や修正を行っていますが、今回はそれがあまりありませんでした。
    やはり明るくてカラフルな星雲は楽しいですね。
    2015/11/30 5:42 PM by やまねももんが
    >おりおんさん、こんにちは。

    はい、オリオン座は試写画像をモニターで見た段階で星雲などがはっきり分かり、わくわくしますよね。
    コントラスト強調を重ねていっても画像が汚くならないので、ついついやり過ぎてしまいます。
    おりおんさんの2170、ぜひ拝見させて下さいよ。
    あまり寝かせていると、腐っちゃいますよ(笑)。
    2015/11/30 5:54 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    NGC2170は、カルドウェルカタログにも入っていないようですね。
    とかげ座の散光星雲も淡かったけど、これはあまりに小さい。
    再撮影する気も失せますね。私もパスさせて頂きます。
    2015/12/01 12:35 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    小さいうえに淡いので、100mmレンズでは無謀でした。
    ある程度の焦点距離があって、しかも明るい光学系でないと駄目そうですね。
    でも結構人気がある天体のようなので、またチャレンジしてみようかなあ(嘘です)。
    2015/12/01 5:18 AM by やまねももんが
    こんにちは
    本日の主役はどれだ?と探してしまいましたよ。
    どうしても右サイドに目が行ってしまいますね。
    バーナードループの一部を写野の右側に置いて主役を真ん中に置けば結構目立つのではないでしょうか?
    ということで、リベンジに期待していますよ!

    全く違う話ですみません。
    ももんがさんやstarwalkersさんのブログは写真が大きかったりクリックで拡大するのですが、私がjugemブログを書いても一辺400の小さいままです。ヘルプ読んでもよく分からないのです。何か方法があるのでしょうか?有料だから?引っ越しの準備ってことで変な話題ですみません。
    2015/12/01 6:57 AM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    仰るような構図も考えてみたのですが、対象が非常に小さいので再撮影はしないと思います。

    JUGEMではHTML記述を直接いじれるので、画像サイズや拡大するしかけはHTMLで直接書いています。
    逆にそうしないと拡大できないのですよね。
    画像ファイルの大きさは500kBという制限があり、それ以内ならYAHOOのように勝手に大きさが変えられることはありません。
    500kBより大きい場合は長編が400にリサイズされてしまいます。
    私は画像は表示したい大きさにリサイズしてからアップロードしています。
    1200×800だと多くは500kBに収まりますが、駄目な場合もありますね。
    500KBという制限は有料ブログでも同じなので、星野写真シリーズの大きな画像は別途サーバーを借りてそこに置いて、リンクを張るようにしています。
    2015/12/01 1:50 PM by やまねももんが
    再コメですみません。
    ブログの件、場違いな質問してすみませんでした。
    参考になりました。が、なんだかド素人には複雑そうです(泣。今回のヤフーの締め出しの件は不評なので戻るかもしれませんが、その間は右下に設置してあるゲストブックへID無でコメントできそうなので、もしよろしければ書き込んでみて下さいね。
    2015/12/01 3:14 PM by 温泉日和
    >温泉日和さん、こんにちは。

    私で分かることならご返事しますので、遠慮など無用ですよ。
    2015/12/01 4:09 PM by やまねももんが
    久しぶりにコメントします。
    オリオンの季節がやっていましたね。
    凄く綺麗でため息がでます。
    私も今年は馬頭星雲をなんとか頑張ってみたいと思っています。
    今週末は天気になってくれると良いですが。

    27日のブログに書いてられる調整前の画像をみてびっくりしました。
    天体カメラで撮られた写真って星雲は赤く写っているものだと思ってました。
    改造カメラでもあぶり出さないと駄目なんですね。
    私は調整技術を持っていないので汚い画像にしかなりません。
    日々勉強有るのみですね。頑張ります!

    寒くなりましたが空ちゃんは元気にされてますか?
    2015/12/02 6:22 PM by chacha
    >chachaさん、こんにちは。

    27日の記事の星雲はかなり淡いので、一生懸命に炙り出さないと駄目でした。
    でもオリオン座の多くの星雲は明るいので、少しコントラスト強調してやれば大丈夫ですよ。
    星野写真のポイントは2点だと思っています。
    まずたっぷり露光すること。
    ヒストグラムのピークの位置が中央付近までくるように露光時間を調節し、あとはコンポジット枚数を稼ぐことです。
    そしてバックグラウンドをフラットにすること。
    明るさや色合いの偏りを補正してできるだけフラットにできれば、もう半分以上は終わったようなものです。

    空は元気ですよ。
    一人になってしまったので、まるで王様のような態度で暮らしています(苦笑)。
    2015/12/02 7:42 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top